公益社団法人 京都保険会 京都民医連中央病院

検索

 

ホーム > Topics > 京都民医連中央病院職員における新型コロナウイルス感染者の発生について

京都民医連中央病院職員における新型コロナウイルス感染者の発生について

第六報(2020年8月28日)

2020年8月28日
院長 松原 為人

行政の指導のもと、関連した職員、患者様のPCR検査および健康観察を続けてまいりましたが、検査はすべて陰性であり、健康観察の結果も含めて新たな新型コロナウイルス感染者は認めませんでした。感染した職員の最終勤務日より14日間を経て、院内における患者様、他の職員への感染伝搬は生じていなかったと判断いたしました。

ご心配をおかけし、大変申し訳ございませんでした。
当院は、引き続き感染拡大防止に全力で努めてまいります。

以上

 

第五報(2020年8月21日)

2020年8月21日
院長 松原 為人

8月15日以降、4B病棟(急性期)の患者様、職員の健康観察とPCR検査を行ってまいりました。PCR検査結果はすべて陰性であり、健康観察の結果も含めて新たな新型コロナウイルス感染者は認めておりません。

4B病棟につきましては、感染した職員の最終勤務日から10日となる8月22日より、新規入院の受入を再開いたします。

ご心配をおかけし、大変申し訳ございません。
当院は、引き続き感染拡大防止に全力で努めてまいります。

以上

 

第四報(2020年8月19日)

2020年8月19日
院長 松原 為人

8月14日以降、2B病棟(回復期)の患者様、職員の健康観察とPCR検査(患者様46名、職員31名)を行ってまいりました。PCR検査結果はすべて陰性であり、健康観察の結果も含めて新たな新型コロナウイルス感染者は認めておりません。

2B病棟につきましては、感染した職員の最終勤務日から10日となる8月20日より、新規入院の受入を再開いたします。

ご心配をおかけし、大変申し訳ございません。
当院は、引き続き感染拡大防止に全力で努めてまいります。

なお、4B病棟(急性期)につきましては、現在も健康観察を継続しております。

以上

 

第三報(2020年8月16日)

2020年8月16日
院長 松原 為人

京都市の指導に基づき、当該2名の看護師がかかわった職員及び、入院患者様の特定を行い、全員にPCR検査を行った結果、全て陰性であることを確認いたしました。当該病棟につきましては入院を中止し、患者様、職員のさらなる健康観察を継続してまいります。

ご心配をおかけし、大変申し訳ございませんでした。
当院は、引き続き感染拡大防止に全力で努めてまいります。

なお、他病棟への入院の変更等を行いつつ、予定入院の受け入れは継続いたします。

以上

 

第二報(2020年8月15日)

2020年8月15日
院長 松原 為人

第一報の感染者1名に続き、当該看護師と濃厚接触のあった4B病棟看護師1名について、新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。接触の場所は院外であることが確認されています。現在、当該職員は自宅療養中で、容態は安定しています。

以上

 

第一報(2020年8月14日)

2020年8月14日
院長 松原 為人

本日8月14日、当院の2B(回復期リハビリテーション)病棟看護師1名が、新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。感染経路に関してはわかっておりません。
現在、当該職員は自宅療養中で、容態は安定しています。

京都市の指導に基づき、当該職員がかかわった方の特定を行い、ご本人ならびにご家族に連絡し、必要なPCR検査等の対応を行っております。

検査結果等は、追って、ホームページにてご報告いたします。

ご心配をおかけし、大変申し訳ございません。当院は、引き続き、京都市の指導の下、感染拡大防止に全力で努めてまいります。

以上