公益社団法人 京都保険会 京都民医連中央病院

検索

 

ホーム > 診療科目/体制 > チーム医療 >CKD (慢性腎臓病)・DM(糖尿病)サポートチーム

CKD (慢性腎臓病)・DM(糖尿病)サポートチーム

医療チーム紹介

CKD・DMサポートチームとは

当院では2009年より統一した教育システム構築と多職種協働で患者様をサポートする事を目的にCKD教育・DM入院プロジェクトチームをそれぞれ発足させ、教育の整備からスタートしました。

2011年秋に多職種が連携してCKD・DM医療を発展させるために、それぞれ正式にチーム結成し、会議をもって推進してまいりました。

2019年秋の移転に伴い、入院・外来において包括的な患者教育を目指しCKD・DMを中心とした生活習慣病教室開催を今後構築していく事も目的に合併しました。

 

チームの目的

当院におけるCKD・DMの進行・予防、合併症予防、QOL向上など患者様をサポートすることを目的に他職種が専門性を生かし、

  1. 当院のCKD、DMに関わる事柄に対して検討、提案
  2. CKD、DMについてのHPH視点での啓蒙活動を行う

 

チームメンバー紹介

医師・病棟看護師・透析室看護師・理学療法士・管理栄養士・薬剤師・臨床工学技士・臨床検査技師・診療事務で構成する

 

定例会議

毎月第4木曜日

 

主な活動内容

  1. 患者教育方法の統一・標準化の検討
  2. クリニカルパスの検討・整備(CKD教育入院パス・DM教育入院パス)
  3. 患者情報の管理・情報交換
  4. 地域医療連携推進
  5. 学習会の開催、講師を招いてのセミナー開催、他院研修
  6. 健康祭りでの啓蒙活動
  7. スマイル健康教室(CKD・DMを中心とした生活習慣病予防教室)

 

学会発表実績

2020年度

2019年度

2018年度

 

 

 


CKD教育入院パス一例(2泊、3泊、5泊、10泊入院パスあり)

 


DM教育入院パス一例(6泊、14泊入院パス)