公益社団法人 京都保険会 京都民医連中央病院

検索

 

ホーム > 診療科目/体制 > 診療科目 > 総合内科/呼吸器内科

総合内科/呼吸器内科

概要・治療方針

絶えざる自己革新と最高の二次医療

当科では、臓器や疾患を選ばず、患者様の幅広い健康上の問題に身体・心理・社会の各側面からアプローチし、新しい知見に基づいた高い水準の医療を提供することを目指します。

近隣の医療機関、介護施設などとの連携を重視し、プライマリ・ケア領域から高次医療機関の後方支援まで、地域のニーズに応えるハブとしての役割を担っていきます。

日本内科学会認定医制度教育病院
日本プライマリ・ケア連合学会認定医研修施設
日本老年医学会認定施設
日本呼吸器学会関連施設

 

医師紹介

氏名 四方 典裕 役職 副院長・救急科科長・病棟医長
学歴 高知大学 平成8年卒 専門 循環器内科/救急科/老年医学
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 総合内科専門医
JMECCインストラクター
日本循環器学会 専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定指導医
日本老年医学会 専門医・指導医
日本超音波医学会 専門医・指導医
厚生労働省 臨床研修指導医

業績

氏名

神田 千秋

役職  
学歴 京都大学 昭和48年卒 専門 腎臓・透析内科
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 総合内科専門医
日本腎臓学会 専門医・指導医
日本透析医学会 専門医
日本透析医会  

業績

氏名

井上 賀元

役職 医療マネジメント部部長/集中治療科科長/総合内科科長/初期研修プログラム責任者・病棟医長
学歴 滋賀医科大学 平成13年卒 専門 総合内科・腎臓内科/血液浄化・血液内科
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 総合内科専門医・JMECCインストラクター
日本救急医学会 ICLSコース認定ディレクター
日本透析医学会 専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医・指導医
日本腎臓学会 専門医・指導医
日本血液学会  
日本集中治療医学会  
日本医師会 医療安全推進者
厚生労働省 臨床研修指導医・
初期研修医プログラム責任者
日本病院評価機構 医療クオリティー・マネージャー
全日本病院協会 AMAT隊員

業績

氏名 吉野 雅成 役職  
学歴 山形大学 平成5年卒 専門 総合内科
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会  
日本糖尿病学会  
日本プライマリ・ケア連合学会  
日本医学放射線学会  
日本フットケア学会  
日本老年医学会  
日本在宅医療連合学会  
氏名 山田 豊 役職 病棟医長・感染症科科長
学歴 京都大学 平成17年卒 専門

総合内科/感染症科

学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 総合内科専門医
日本感染症学会  
日本プライマリ・ケア連合学会 認定指導医
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医
日本静脈経腸栄養学会TNT  
厚生労働省 臨床研修指導医
  インフェクションコントロールドクターICD
氏名 鳥橋 貞好 役職 総合内科医長・病棟医長
学歴 滋賀医科大学 平成17年卒 専門 総合内科/循環器内科
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 総合内科専門医
日本循環器学会  
日本不整脈学会  
日本東洋医学会  
日本心臓リハビリテーション学会 心臓リハビリ指導士
日本リハビリテーション学会  
厚生労働省 臨床研修指導医
氏名 神田 陽子 役職 総合内科医長
学歴 信州大学 平成12年卒 専門 総合内科/腎臓・透析内科
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 総合内科専門医
日本透析医学会 専門医
日本腎臓学会  
厚生労働省 臨床研修指導医
氏名 宍戸 直彦 役職  
学歴 愛媛大学 平成元年卒 専門 呼吸器内科
学会
資格
所属学会 資格
日本外科学会 認定医
日本内科学会 認定医
日本呼吸器学会  
氏名 宍戸 克子 役職  
学歴 大阪大学 平成2年卒 専門 呼吸器内科
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 総合内科認定医、専門医
日本呼吸器学会 専門医
日本呼吸器内視鏡学会  
氏名 柳田 敦子 役職  
学歴 平成11年・北海道大学卒 専門 総合内科
経歴 平成21年 京都大学大学院修了 医学博士    
学会
資格
所属学会 資格
日本外科学会  
日本静脈経腸栄養学会  
日本クリニカルパス学会  
氏名 ファム グェン クィー 役職 専攻医(出向研修中)
学歴 東京医科歯科大学 平成21年卒 専門 総合内科/化学療法科
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 認定医
日本臨床腫瘍学会  

初期研修医から専門医にわたる人材育成においては、京都大学の「現場で働く指導医のための医学教育学プログラム」を履修している山田医師を中心に、自己調整学習の精神を重視し、一人ひとりの強みを活かした指導を行っています。それぞれの医師の強みを活かすことで診療科全体の向上を目指し、地域への貢献を進めていきます。新・内科専門医コースや家庭医養成コースを設けています。

健康の社会的決定要因(Social Determinant of Health; SDH)の学習にも取り組んでおり、患者様や地域の健康問題について、多職種で共同の学びを進め、ともに地域へ貢献していきます。また、感染対策チーム、栄養サポートチーム などのチーム医療の一翼を担っています。

 

長寿社会の多疾患併存状態の患者様

長寿社会と呼ばれる現代の人口構成の影響より、糖尿病、高血圧、慢性腎臓病、慢性閉塞性肺疾患などの多疾患併存状態の高齢の患者様の診療を主に行っています。さらに、国際生活機能分類における背景因子や活動制限・参加制約の解決に向けて、多職種連携のもとでの診療を日常的に行っています(図)。

また、様々な症状に苦しめられている、なかなか診断のつかない患者様、領域別専門科の隙間に入ってしまう患者様の診療も行っています。京都市内にはこの領域に長けた総合内科や総合診療科を有する医療機関が多数ありますが、当院の医師たちも日々研鑽を行っています。

一般外来、訪問診療、救急外来、一般病棟、集中治療(HCU)など幅広いフィールドを持つのも当科の特徴です。新病院開設で、救急外来・一般病棟・集中治療の3者に集中し、より質の高い医療を目指します。一般外来や訪問診療は連携先の病院・診療所に患者様を逆紹介していくことで、地域の医療連携を推進していきます。紹介外来では、他疾患併存状態や診断のつきにくい患者様、また多剤併用の患者様など、地域における細かいニーズにお応えしていきたいと考えています。

 

国際生活機能分類(ICF)の概念図