公益社団法人 京都保険会 京都民医連中央病院

検索

 

ホーム > 診療科目/体制 > 診療科目 > 脳神経内科

脳神経内科

概要・治療方針

当脳神経内科では、脳・脊髄・末梢神経・筋といった神経系臓器の障害により起こる病気を診ています。しびれやめまい、体が動かせない、歩きにくい、飲み込みにくい、話しにくい、物忘れなどの症状があった場合、当科で診察、検査し原因を探します。原因がわかれば、治療を開始します。原因によっては脳神経外科、精神科、リハビリテーション科等をご紹介させていただきます。

脳卒中診療では脳神経外科医と連携し、脳梗塞急性期治療を行っています。また脳梗塞では脳血管につまった血栓に対する早期治療(血栓を溶かす薬や血管内の血栓を取り除く手術)が必要な場合があり、その際は血管治療が可能な施設への転院を調整いたします。

認知症治療では、検査により診断を行い、治療を行います。また、精神科と連携しながら、認知症に伴う精神症状(怒りっぽさ、イライラ感など)にも対応しています。

多発性硬化症、視神経脊髄炎についての専門外来があり、外来及び入院治療を行っています。

 

急性期リハビリを重視

当院には45名の理学療法士、24名の作業療法士、8名の言語聴覚士がおり、神経疾患のリハビリテーションを担当しています。また、回復期リハビリテーション病棟(54床)があり、当院内の患者様だけでなく、京都市内のほかの急性期病院からの回復期リハビリを目的とする入院を受け入れています。

 

外来診療は京都民医連中央病院と京都民医連太子道診療所で

神経内科の外来診療は主に京都民医連太子道診療所で行っています。診療している患者様は神経内科疾患全般にわたっています。

現在、京都民医連太子道診療所の神経内科外来は月(午後・夜)、火(午前)、水(午前・午後)、木(午前)、金(午前)、土(第1、3週の午前)の体制で行っています。当所の外来では上記の医師に加えて、京都大学神経内科と京都府立医大神経内科の医師にも担当をお願いしています。

 お問い合わせ:太子道診療所 075-822-2660(代)

 

専門外来

第4週の金曜日午前にボトックス外来を行っています。京都民医連中央病院では、月~金に多発性硬化症を中心とする神経難病外来を開設しています。

 専門外来診療体制 お問い合わせ:075-861-2220(代)

※初診の方はお電話にて必ず予約をお願いします。

 
午前 田中 正美   斎田 孝彦 田中 正美 斎田 孝彦
午後 田中 正美 田中 正美 斎田 孝彦 田中 正美  

※ご希望される担当医師の曜日にお電話いただけますとスムーズにご案内できます。

日本神経学会専門医准教育施設

 

医師紹介

氏名 齋田 孝彦 役職 神経内科顧問
学歴 京都大学 昭和41年卒 専門 神経内科/多発性硬化症/視神経脊髄炎
学会
資格

所属学会 資格
日本神経学会 専門医
日本神経免疫学会 名誉顧問
氏名 中村 慎一 役職  
学歴 京都大学 昭和53年卒 専門  
学会
資格
所属学会 資格
日本神経学会 専門医・指導医
日本内科学会 認定医
日本老年医学会 専門医
日本脳卒中学会  
日本認知症学会  
日本頭痛学会 専門医
日本神経病理学会 評議員
氏名 四方 裕子 役職
神経内科科長・リハビリテーション
科(回復期)科長・病棟医長
学歴 高知大学 平成8年卒 専門 神経内科/リハビリテーション科
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 総合内科専門医
日本神経学会 専門医・指導医
日本リハビリテーション医学会 専門医
日本認知症学会  
日本脳卒中学会  
  回復期リハ病棟専従医師研修終了
  義肢装具等適合判定医師研修終了
氏名

那須 徹也

役職  
学歴 愛媛大学 平成22年卒 専門  
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 認定医
神経内科学会  
リハビリテーション学会 専門医
氏名 田中 正美 役職  
学歴 新潟大学 昭和50年卒 専門  
学会
資格
所属学会 資格
日本神経学会 専門医、指導医
日本内科学会 認定医
日本神経免疫学会 評議員
日本神経感染症学会 功労会員
日本医師会 認定産業医
日本神経治療学会  
American Academy of Neurology fellow,FAAN

業績