公益社団法人 京都保険会 京都民医連中央病院

検索

 

ホーム > 診療科目/体制 > 診療科目 > 産婦人科

産婦人科のご紹介

概要・治療方針

女性の身近なかかりつけ医として

月経開始前の小児期から、思春期、成人期、妊娠出産、子育て、更年期、閉経後まで、ライフステージに応じて女性の健康を守ります。婦人科の受診は敷居が高いと思う方もおられるかもしれませんが、常勤医師はすべて女性で相談しやすい雰囲気をこころがけています。

 

医師紹介

氏名 中村 光佐子 役職 産婦人科科長
学歴 滋賀医科大学 平成7年卒 専門  
学会
資格
所属学会 資格
日本産科婦人科学会 専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会  
日本産婦人科手術学会  
日本生殖医学会  
日本臨床細胞学会  
日本遺伝カウンセリング学会  
日本周産期・新生児学会  
京都府医師会 母体保護法指定医
厚生労働省 臨床研修指導医

業績

氏名 古板 規子 役職 病棟医長・医局長(全体)
学歴 宮崎大学 平成16年卒 専門  
経歴 京都大学大学院社会健康医学系専攻修士    
学会
資格
所属学会 資格
日本産科婦人科学会 専門医
日本婦人科腫瘍学会  
日本周産期・新生児医学会  
日本骨粗鬆症学会  
日本骨盤臓器脱手術学会  
京都府医師会 母体保護法指定医
厚生労働省 臨床研修指導医
氏名 山西 歩 役職  
学歴 京都府立医科大学 平成21年卒 専門 産婦人科全般
学会
資格
所属学会 資格
日本産科婦人科学会 専門医
日本周産期・新生児学会  
日本女性心身医学会  
日本女性骨盤底医学会  
京都府医師会 母体保護法指定医
日本排尿機能学会  
厚生労働省 臨床研修指導医

日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
母体保護法規定による指定医の研修機関

 

治療方針

妊娠、出産

妊娠初期から妊婦健診、分娩まで診療します。妊娠中から小児科と連携し、妊娠や赤ちゃんの経過に異常があれば、緊急帝王切開での分娩や小児科医立ち合い出産などで母児の安全を守ります。NICUでのケアを必要としない35週以降の分娩をお受けしています。

産科入院は全室個室(シャワー付き)で、母児同室です。ご家族も一緒に宿泊できます。差額ベッド料を頂かない病院の方針により個室料はかかりません。入院費用は45万円前後です。入院費用については助産制度により負担が軽減される場合もありますので、経済的に不安のある方はご相談ください。
経腟分娩の他、一部の帝王切開分娩でも家族の立ち合いが可能です。

母乳育児を推進し、授乳指導に助産師が丁寧にかかわります。経過が順調なら産後6日目(帝王切開は術後8日目)で退院ですが、不安のある方は京都市のスマイルママほっと事業を利用して頂くことが可能です。

医師の妊婦健診の他に助産師による妊婦健診、産後2週間健診を行っています。また、入院中には理学療法士による骨盤ケア指導や、栄養士が監修した産後食を提供するなど、多職種でお母さんと赤ちゃんの健康を守ります。

TOLAC(帝王切開後の経腟分娩トライ)/VBAC(帝王切開後の経腟分娩)も症例により受け入れていますのでご相談ください。

婦人科一般

月経痛、月経不順、過多月経、不正出血、帯下の症状、更年期症状、貧血など婦人科全般のご相談をおうけします。月経関連の症状は子宮筋腫や子宮内膜症が原因のことがあり、放置すると将来妊娠しにくくなることがあります。月経量・月経回数をコントロールすることで生活が大幅に改善することもあります。ホルモン療法、漢方薬、手術など相談しながら治療を行い、健やかな生活を送れるようサポートします。

不妊治療

一般不妊治療(各種検査、タイミング指導、排卵誘発、人工授精)を行っています。

婦人科検診

年に1回の子宮がん検診をお勧めしています。京都市のクーポン使用も可能で、予約なしでいつでも検診を受けていただけます。乳がん検診と同時に行うことも可能です。不正出血など症状がある方は、適宜保険診療に切り替えて速やかに必要な検査を行いますのでご安心ください。

悪性腫瘍

子宮体がん、卵巣がん、子宮頸がん(初期まで)の手術を行っています。院内に化学療法外来や緩和ケア病棟もあり、継続した治療が可能です。広汎子宮全摘術や放射線治療が必要な症例は、治療が可能な病院にご紹介させていただきます。

尿失禁、骨盤臓器脱

女性排尿・子宮脱外来

自費診療

月経移動、緊急避妊、人工妊娠中絶(初期・中期)の相談もお受けします。

ワクチン接種

子宮頸がんワクチン、風疹ワクチンの接種ができます(予約制)。