公益社団法人 京都保険会 京都民医連中央病院

検索

 

ホーム > 診療科目/体制 > 診療科目 > 臨床研修部

臨床研修部

医師紹介

氏名 田中 憲明 役職 副院長・化学療法科科長・内科統括科長・臨床研修部長・病棟医長
学歴 滋賀医科大学 平成3年卒 専門 消化器内科/肝臓内科
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本肝臓学会 専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医・指導医
氏名

松原 為人

役職 院長・小児科科長
学歴 名古屋大学 昭和61年卒 専門 小児科/感染症科
学会
資格
所属学会 資格
日本小児科学会 専門医
日本環境感染学会  
厚生労働省 臨床研修指導医
医療の質・安全学会  
氏名

井上 賀元

役職 医療マネジメント部部長/集中治療科科長/総合内科科長/初期研修プログラム責任者・病棟医長
学歴 滋賀医科大学 平成13年卒 専門 総合内科・腎臓内科/血液浄化・血液内科
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 総合内科専門医・JMECCインストラクター
日本救急医学会 ICLSコース認定ディレクター
日本透析医学会 専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医・指導医
日本腎臓学会 専門医・指導医
日本血液学会  
日本集中治療医学会  
日本医師会 医療安全推進者
厚生労働省 臨床研修指導医・
初期研修医プログラム責任者
日本病院評価機構 医療クオリティー・マネージャー
全日本病院協会 AMAT隊員

業績

氏名 中川 洋寿 役職 副院長
学歴 滋賀医科大学 平成元年卒 専門 関節鏡視下手術/脊椎/リウマチ
学会
資格
所属学会 資格
日本整形外科学会 専門医、脊椎脊髄病医
日本脊椎背髄病学会 脊椎背髄外科指導医
日本リウマチ学会 専門医
日本肩関節学会  
日本関節鏡学会  
日本リハビリテーション医学会  
中部日本整形外科災害外科学会  
厚生労働省 臨床研修指導医
  日本リウマチ財団登録医
氏名 安東 一郎 役職 精神神経科科長
学歴 高知大学 昭和59年卒 専門 精神科一般/総合病院精神医学 (精神科リエゾン・コンサルテーション)
学会
資格
所属学会 資格
日本精神神経学会 認定専門医・指導医
精神科薬物療法研修会終了
日本総合病院精神医学会 一般病院連携(リエゾン)精神医学専門医・指導医
日本サイコオンコロジー学会 第26回学会研修セミナー「精神腫瘍医コース」終了
日本産業衛生学会 日本医師会認定産業医
日本産業ストレス学会 日本医師会認定産業医
日本精神保健・予防学会 認定認知症予防専門医
日本老年精神医学会 厚生労働省 認知症サポート医
日本認知症学会 厚生労働省 認知症サポート医
日本精神障害者リハビリテーション学会  
日本芸術療法学会、日本音楽療法学
 
  厚生労働省 精神保健指定医
  京都市 嘱託精神保険医
氏名 古板 規子 役職 病棟医長・医局長(全体)
学歴 宮崎大学 平成16年卒 専門  
経歴 京都大学大学院社会健康医学系専攻修士    
学会
資格
所属学会 資格
日本産科婦人科学会 専門医
日本婦人科腫瘍学会  
日本周産期・新生児医学会  
日本骨粗鬆症学会  
日本骨盤臓器脱手術学会  
京都府医師会 母体保護法指定医
厚生労働省 臨床研修指導医

 

 

2年目研修医

植田 寛生
(平成30年
富山大学卒)
  渡辺 鹿乃子
(平成29年
金沢医科大学卒)
南 明辰
(平成18年
成均館大学校
医科大学卒)
  尾崎 孝宏
(平成29年
大阪市立大学卒)
古村 尚士
(平成30年
奈良県立医科大学卒)
     


1年目研修医

杉本 光
(平成31年
金沢医科大学卒)
  田中 綾乃
(平成30年
ハンガリー国立セゲド大学卒)
毛利 由衣
(平成31年
弘前大学卒)
  山内 美聡
(平成31年
愛媛大学卒)
山本 和幸
(平成31年
金沢大学卒)
     

 

氏名 寺内桃子 役職 副看護部長
氏名 西田 時子 役職 事務次長
氏名 影山 大悟 役職 医局事務課課長

 

概要

当院は平成13年に厚生労働省指定の臨床研修病院に認定され、現在基幹型臨床研修病院として毎年数名の研修医を受け入れています。

研修理念

研修理念-地域に根ざした幅広いフィールドで Common Disease を多数経験し、チーム医療を通して、患者本位で安全安心の医療を実践できる臨床力をはぐくむことを目標とする。

プログラムの特徴は、

  1. 確実な臨床力
  2. 救急初期対応力
  3. グローバルスタンダード
  4. 他流試合
  5. チームで育つ・アウトカム評価

にあります。

今後も地域密着型の臨床研修病院と して、地域に貢献する人材の育成に努めます。