公益社団法人 京都保険会 京都民医連中央病院

検索

 

ホーム > 診療科目/体制 > 診療科目 > 緩和ケア科

緩和ケア科

概要・治療方針

早期からの緩和ケア

がんを克服しようと闘い、身も心も疲れ切ったとき、主治医から「もう治療の手立てはありません」と言われてから緩和ケアが始まる…というのは古い考え方です。今では、緩和ケアは、がんと診断されたときから始まります。自覚症状がなくても、落ちこみ、不安で眠れなくなるかもしれませんね。そんな「つらさ」を和らげるのも、緩和ケアなのです。

 

医師紹介

氏名 荻野 行正 役職 緩和ケア科科長・病棟医長・麻酔科副科長
学歴 京都府立医科大学 昭和63年卒 専門 緩和ケア科/麻酔科
学会
資格
所属学会 資格
日本麻酔科学会 専門医・指導医
日本緩和医療学会 緩和ケア研修会終了
日本東洋医学会  
厚生労働省 臨床研修指導医

 

緩和ケアチーム

当院では、多職種(医師・看護師・薬剤師等)からなる緩和ケアチームが、各科の主治医からの依頼を受けて一般病棟の患者さんを訪問しています。そして、患者さんがかかえている痛みやつらい症状を和らげる治療やケアを、主治医に提案しています。

 

 

緩和ケア病棟

緩和ケア病棟は、専門的な知識と技術に基づいた緩和ケアを提供する場です。体や心のつらい症状や、経済的な不安、家族の不安、さらには「何のために生きているの?」という魂のつらさをも和らげることができるように努めています。

症状が安定した患者さんは、在宅医と連携を取りながら、自宅へ退院することを支援しています。緩和ケアの対象は、非がん患者(HIV感染・心不全等)にも広がっていますが、当院の緩和ケア病棟に入院できるのは「がん患者さん」のみです。

 

治療方針

がんのつらさは痛みだけではありません

がんは痛みを伴うものと考えられがちですが、実はがん患者さんの約2割程度の方々は、最期まで痛みを感じることなく過ごされます。しかし、全身のだるさや食欲不振は、ほぼすべてのがん患者さんが経験されます。また、不眠や不安、気分の落ち込みなどの精神症状も現れます。これらの症状を和らげるのが緩和ケアです。

痛みや呼吸苦の治療では、医療用麻薬を含む薬物的な治療を必要とする場合があります。痛みを緩和するためには、神経ブロックや放射線治療が有効な場合がありますが、必要に応じて、それらに対応できる病院を紹介しています。

自分らしく過ごすために

患者さん自身やご家族が、さまざまな治療をどこまで望まれるのか、また、いよいよ最期を迎えるときの対応(人工呼吸や心臓マッサージ等)について、あらかじめ医療者と話し合っておくことは、いざとなったときに戸惑わないためにも大切なことです。がんを患ったことを、自分はこの先どうしたいのかを考えてみるきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

病院らしくなく過ごすために

入院生活はとかく単調になることがあります。緩和ケア病棟は、できるだけ病院らしくない造りになっています。すべて個室で、キッチンがあり、畳を敷いた家族室もあります。

また、ボランティアの方々が、病棟の花の世話をし、患者さんとそのご家族のために、ティーサービスやアロママッサージ、音楽会などをして下さっています。四季折々に、クリスマス会や七夕コンサートなどが開かれ、患者さんの入院生活に花を添えています。

そして、スタッフ一同、患者さんや家族のつらさが少しでも楽になるようにと、いつも祈っています。