公益社団法人 京都保険会 京都民医連中央病院

検索

 

ホーム > 診療科目/体制 > 診療科目 > 循環器内科

循環器内科

概要・治療方針

高齢者の予後を見据えて、循環器診療にあたっています。

高齢者の循環器疾患(心臓病、血管疾患)は、増加の一途をたどっています。当科では、急性期から慢性期にかけて、患者様のQOL(生活の質)を重視して、診療にあたっています。

コメディカルと協力して、循環器診療にあたっています。

看護師、検査技師、リハビリテーションスタッフ、ソーシャルワーカーと協力して、診療にあたっています。定期的に、心臓カテーテル室での症例検討会、病棟での心不全カンファレンスを行い、情報を共有しています。

他科と連携して、循環器診療にあたっています。

高齢者は、特に、他の疾患を併存していることが多く、他科と連携をとって、診療にあたっています。特に、腎臓内科とは、密接に連携をとって、診療にあたっています。

 

日本循環器専門医研修施設
日本心血管インターベンション治療学会研修関連施設

 

 

医師紹介

氏名 吉中 丈志 役職 名誉院長
学歴 京都大学 昭和53年卒 専門  
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 総合内科専門医
日本循環器学会 専門医
日本衛生学会  
日本心臓病学会  
厚生労働省 臨床研修指導医
社会医学系専門医機構 社会医学系専門医・指導医
  京都大学医学部 臨床教授

業績

氏名

林 賢三

役職 循環器内科科長
学歴 京都府立医科大学 平成7年卒 専門  
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 総合内科専門医
日本循環器学会 専門医
日本心血管インターベンション学会  
日本心不全学会  
氏名 四方 典裕 役職 副院長・救急科科長・病棟医長
学歴 高知大学 平成8年卒 専門 循環器内科/救急科/老年医学
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 総合内科専門医
JMECCインストラクター
日本循環器学会 専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定指導医
日本老年医学会 専門医・指導医
日本超音波医学会 専門医・指導医
厚生労働省 臨床研修指導医

業績

氏名 垣尾 匡史 役職 副院長
医療安全管理部部長
学歴 京都大学 平成2年卒 専門  
経歴 京都大学 医学博士    
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 総合内科専門医
日本循環器学会 専門医
日本心血管インターベンション学会 専門医・施設代表医
日本心臓病学会  
医療の質・安全学会  
厚生労働省 臨床研修指導医
氏名 鳥橋 貞好 役職 総合内科医長・病棟医長
学歴 滋賀医科大学 平成17年卒 専門 総合内科/循環器内科
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 総合内科専門医
日本循環器学会  
日本不整脈学会  
日本東洋医学会  
日本心臓リハビリテーション学会 心臓リハビリ指導士
日本リハビリテーション学会  
厚生労働省 臨床研修指導医
氏名 上山 敬直 役職 循環器内科医長
学歴 金沢医科大学 平成12年卒 専門 循環器内科
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 総合内科専門医
日本循環器学会 専門医
日本核医学学会 専門医
日本高血圧学会 指導医
日本医師会 産業医
厚生労働省 臨床研修指導医
氏名 後藤 祐子 役職 専攻医(外部研修中)
学歴 大阪医科大学 平成28年卒 専門  
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会  
日本循環器学会  
日本超音波医学会  

 

対象疾患

心不全

心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気です。近年、高齢者の心不全入院患者は、増加しています。急性期から慢性期にかけて、患者様のQOL(生活の質)を重視し、コメディカルと協力して、治療にあたっています。入院中より、積極的に、心臓リハビリテーションを行い、外来へとつなげています。

狭心症、心筋梗塞

薬物治療、心臓カテーテル検査、インターベンション治療(心臓カテーテル検査、インターベンション治療へリンク)を行っています。診断に際しては、64列マルチスライスCTも積極的に活用しています。また、入院中より、心臓リハビリテーションを行い、外来へとつなげています。

末梢血管疾患

下肢閉塞性動脈硬化症に対して、血管内治療を行っています。重症下肢虚血(足壊疽、潰瘍)に対しても、整形外科、WOCナースと協力して、治療にあたっています。

不整脈

薬物治療および徐脈性不整脈に対して、ペースメーカー植え込み術を行っています。

肺塞栓症、深部静脈血栓症

肺塞栓症とは、肺の動脈に異物(主に血栓)が詰まって起こる疾患ですが、下肢静脈(深部静脈)にできた血栓が剥がれることにより起こることがほとんどです。肺塞栓症の急性期治療を行うと共に、原因となる深部静脈血栓症の診断を、検査技師と協力して、積極的に行っています。

 

診療実績

  CAG PCI (緊急PCI) IABP/PCPS 末梢血管内治療
2017年度 234  79(21) 5/2 87
2016年度 285  89(21) 2/0 105
2015年度 326  95(19) 2/1 129
2014年度 356 117(21) 4/1 133
  冠動脈CT ペースメーカー
埋め込み/電池交換
下大静脈フィルター留置術
2017年度 125 15/6 6
2016年度 182 9/12 8
2015年度 189 13/11 3
2014年度 193  9/11 8

 

冠状動脈の病気 ~狭心症・心筋梗塞~

狭心症や心筋梗塞は、冠状動脈が狭くなる(狭窄)、血管にできた「おでき(プラーク)」が破裂して、そこに血の塊(血栓)ができて詰まる(閉塞)ことで起こります。発症すると「胸が締め付けられる」「胸が押さえつけられる」などの「胸痛」が出現します(図1)。

(図1)
  正常の血管 動脈硬化により狭くなった血管

 

心臓カテーテル検査、インターベンション治療

薬物治療のみで治療が困難な場合、血行を改善させる治療法として、インターベンション治療と外科的手術(バイパス手術)があります。前者は、細いガイドワイヤーを血管内へ挿入し、これに沿わせて、風船(バルーン)の付いたカテーテルや金網の筒(ステント)を血管内に誘導し、狭窄部でバルーンを膨らませて拡張させるというものです。物理的に血管の内腔を確保します(図2)。しかし、生体内の修復反応で治療した部分が再び狭くなる(再狭窄)ことがあります。バルーンだけの場合で20 ~ 40%、ステント留置を行った場合でも20%程度に起こります。最近は、再狭窄を防止する薬をステントに染み込ませた「薬剤溶出性ステント」が用いられます。これにより再狭窄を強力に抑えること(10%以下)が可能です(図3)

(図2)
  (1)基本的には、バルーン療法と同様の方法で行います。まず、冠動脈の狭くなっているところにガイドワイヤーを進め、それに沿ってステントがのっているバルーンカテーテルを進めます。   (2)その部分でバルーンをふくらませます。するとステントが一緒にひろがり血管壁に押し付けられた状態で植え込まれます。   (3)バルーンをしぼませて、バルーンカテーテルを抜き去った後、ステントだけがその部分に植え込まれます。ステントは、血管の内腔を保持することによって、血流を改善してくれます。
(図3)
  動脈硬化により狭窄した右冠動脈   ステント治療後

 

運動負荷検査、64列マルチスライスCT、心臓核医学検査も活用しています

トレッドミル運動負荷試験/運動負荷心エコー

心臓病が軽い場合には、安静時に調べた心電図では正常の人と変わらないことも少なくありません。そこで、軽く走ってもらう、自転車をこいでもらうなど、少し心臓に負担をかけた時の心電図・心臓エコーをみて、狭心症の早期発見に努めています。

 

64列マルチスライスCT

心臓は常に動いているため、従来のCTでは冠状動脈の鮮明な画像が撮影困難でした。64列マルチスライスCTなら1回転するだけで、さまざまな角度からきれいな断層画像が最大64枚撮れるので、冠状動脈の評価が可能となりました。高齢の方や運動負荷に耐えられないかた、無症状で動脈硬化が進行する糖尿病のかたなどに活用しています。

 

 

実績・臨床指標