公益社団法人 京都保険会 京都民医連中央病院

検索

 

ホーム > 診療科目/体制 > 診療科目 > 泌尿器科

泌尿器科

方針・理念・目的

 

医師紹介

氏名

岩田 健

役職 泌尿器科科長
学歴 平成8年・京都府立医科大学卒
医学博士
専門  
学会
資格
所属学会 資格
日本泌尿器科学会 専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本排尿機能学会 排尿機能専門医
日本超音波医学会  
氏名

林 一誠

役職 泌尿器科科長
学歴 平成13年・京都府立医科大学卒 専門  
学会
資格
所属学会 資格
日本泌尿器科学会 専門医・指導医
日本透析医学会 専門医
日本泌尿器内視鏡学会  
日本癌治療学会  
日本排尿機能学会  
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

日本泌尿器科学会専門医教育施設

 

外来診療体制

 

治療方針や対象疾患

泌尿器科の担当領域

泌尿器科は尿路と内分泌臓器と男性生殖器を担当しております。尿路とは腎臓、尿管、膀胱、尿道を指します。内分泌臓器は多数ありますが、その中でも副腎と副甲状腺が泌尿器科の領域となってきます。排尿障害などの主にQOLに関わる疾患から、悪性腫瘍などの生命に関わる疾患と幅広くあります。

下記に代表的な疾患の治療方針を示します。入院日数については、合併症などがない場合の日数を示しております。

 

過活動膀胱

れでも治らない場合は、当院では干渉低周波療法(ウロマスター)(図1)、仙骨神経刺激療法(図2)、ボツリヌス療法などを行っております。干渉低周波療法は外来通院で可能であり、1 回の治療時間は20 分程度です。仙骨刺激療法は入院で刺激装置の埋め込みの手術が必要となります。ボツリヌス療法ではボツリヌストキシンと呼ばれる注射薬を膀胱の筋肉に注入することにより膀胱の異常な収縮を抑えます(図3)。当院では原則、下半身麻酔で施行し、3-4日間入院していただいております。

前立腺肥大症

前立腺が大きくなり、頻尿や排尿困難などの症状を引き起こした状態をいいます。まずは薬物療法が行われますが、排尿困難の改善が乏しい場合は、手術療法を行います。当院で実施できる手術は従来よりある内視鏡手術(経尿道的前立腺切除術)と開腹手術(被膜下前立腺摘除術)なります。

尿路結石

尿路結石とは尿路(腎臓、尿管、膀胱)にできる結石であります。自然排石しない結石に対しては、体外衝撃波結石破砕術や内視鏡手術の適応となります。
体外衝撃波結石破砕術とは、体の外から衝撃波を結石にめがけてあてる方法であります。当院では設備がないため行っておりません。
内視鏡手術は3泊4日の日程で行っております。当院でも2018年にホルミウムYAGレーザー(Sphinx jr®)と尿管ファイバー(OLYMPUS URF-P7)を購入し、腎結石に対しても内視鏡手術を行うことが可能になりました。


図1 過活動膀胱患者に対する干渉低周波治療装置(ウロマスター)

図2 過活動膀胱患者に対する仙骨神経刺激療法

図3 過活動膀胱患者に対するボツリヌス療法

前立腺癌

前立腺癌の診断にはMRIを活用し、MRIで癌が疑わしい領域を中心に前立腺針生検を日帰りもしくは1泊2日入院で行なっております。前立腺癌の治療方法は、手術療法、放射線療法、内分泌療法の3 つが大きな柱です。手術療法や放射線療法が適応の場合は、それらが実施できる施設に紹介させていただいております。内分泌療法は当院でも可能です。内分泌療法に効果がなくなった状態を去勢抵抗性前立腺癌といいますが、それらに対する抗癌剤療法や新規抗アンドロゲン剤を使用した治療は当院でも実施しております。

膀胱癌

早期癌の場合は、3 泊4日の日程で内視鏡手術(経尿道的膀胱腫瘍切除術)を行なっております。癌細胞の悪性度によって、術後に膀胱内に薬物を注入する治療を外来で行なっております。進行癌の場合は、膀胱全摘除術が適応になります。膀胱全摘除術には尿路変向術が必要です。尿路変向術には尿管皮膚瘻造設術、回腸導管造設術、腸管を利用した代用膀胱があります。転移を認める場合は、抗癌剤や免疫チェックポイント阻害剤を使用した治療が行われます。

腎盂尿管癌

腎盂および尿管にできる悪性腫瘍であり、腎と尿管を同時に摘出する腎尿管全摘除術が標準的な治療方法となってきます。当院では主に腹腔鏡手術を行っております。

腎癌

手術療法が主な治療方法となりますが、当院では腹腔鏡下腎摘除術を行っております。腫瘍のサイズが大きい場合は、開腹手術となることもあります。

転移を伴う症例においては、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤を使用した治療を行うことになります。

過去の実績 ()は腹腔鏡手術