公益社団法人 京都保険会 京都民医連中央病院

検索

 

ホーム > 診療科目/体制 > 診療科目 > 病理診断科

病理診断科

細胞診教育セミナー募集案内

 

概要・治療方針

当科では、病変から採取された組織や細胞から顕微鏡用に作製されたガラス標本を検鏡し診断しています。

的確に診断し、治療につながるより多くの的確な情報の提供を心がけています。

病理診断には、細胞診断・生検及び摘出組織診断・術中迅速診断などがあります。

 

医師紹介

氏名 藤田 葉子 役職 病理診断科科長
学歴 京都大学 昭和58年卒 専門  
学会
資格
所属学会 資格
日本病理学会 病理専門医・指導医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医

 

日本病理学会研修施設  日本臨床細胞学会施設

 

細胞診断

尿・喀痰などの排出物、子宮頚部などの擦過物、腫瘤(しこり)の穿刺物などを顕微鏡用標本に作製し、悪性細胞がないか調べます。細胞検査士が検鏡し、診断困難例や悪性判定例などは病理医を交えたカンファレンスにて検討し報告しています。

生検組織診断

病変の一部から内視鏡検査などで採取された組織を顕微鏡用標本に作製し診断します。悪性病変の有無だけでなく、炎症性疾患の確定や程度、治療効果判定など様々な目的で生検組織検査が行われています。

摘出組織診断

摘出された臓器・組織は、病理医が肉眼的に病変の広がりなどを確認の後、診断に必要部位を顕微鏡用標本に作製し診断します。悪性病変が良性病変か、悪性病変ならば病変は取り切れているか、病変の進行度や悪性度はどうであるかなど、術後の治療に結びつく情報を含む報告をしています。

術中迅速診断

手術中に、病変部や断端・リンパ節組織などを凍結し作製された顕微鏡用標本を診断します。診断結果はただちに執刀医に報告され、術式や切除範囲などが決定されます。

病理解剖

不幸な転帰をとられご遺族の承諾のもと病理解剖させていただいた場合には、病理医が肉眼的・顕微鏡所見検討ののち、臨床医とのカンファレンスにても詳細に検討し、今後の治療に生かせていただいています。