公益社団法人 京都保険会 京都民医連中央病院

検索

 

ホーム > 医学生・研修医のページ > 研修医のつぶやき

研修医のつぶやき

初期研修を行っている研修医が、医学生の皆さんに、研修病院を選んでいく際に少しでも役立てていただけたらとの思いで、日々の研修の中での経験、感想、思いなどを「つぶやき」という形で書きとめて発信しています。

当院の初期研修の様子については、当ホームページ内でご案内をしていますが、それぞれについて取り組んだ感想なども「つぶやき」の中に出てきたりします。また、患者様を担当しての日々の苦闘、苦労、悩みなども率直に出されています。

毎日忙しい中での書とめですので、ぼちぼちの掲載となるかと思いますが、ご一読下さい。

 

最新のつぶやき

2022年5月11日

1年の研修医のRです。

1日に36時間があればいいのになと最近よく思います。

研修医になってから私の1日は朝5時から始まります。そう、大阪に住んでいますから朝の採血に間に合うように、一番鶏に起きないといけないのです。病院で朝から晩まで忙しく家に帰ってきて就寝する時間は11時過ぎです。去年荷揚げ屋の仕事をしながら国試の勉強していた時は(しんどい)と思っていましたが、今はそれぞれの仕事にはそれぞれのしんどさがあると実感しています。

研修医になって日常的にさまざまな問題に直面しています。例えばカルテの作成、記入は異常に時間がかかります。早く患者さんや上級医のお役に立ちたいし、診療そのものの醍醐味を味わいたいのに等々を考えていて不安な気持ちに溢れている日々を送っています。

 


2022年4月27日

皆様はじめまして、研修医のSです。
もうすぐ研修開始からひと月になりますが、日々慣れないことばかりであたふたとしています。しかし、学生の頃感じなかった楽しさも感じつつ、毎日忙しく過ごしております。

日々カルテを書くことで電子カルテの操作は慣れつつありますが、まだまだ未知のところも多いです。あとタッチタイピングの技術は必須と思われるので、将来必要と思われる方は習得しておくが吉です!(私は習得していません)

業務の合間に先輩の先生方が行ってくれる講義やレクチャーでは色々と学ぶことが多く、受けるたびに謎や疑問が解消され、不安も溶けていくように感じます(お忙しい中ありがとうございます)。

病棟では色々と手技を経験させてもらっていますが、いやこれ痛そうやな~と、毎回思っています(汗)
なるべくスムーズに行うことで相手の負担を減らそうと、試行錯誤の日々です。

取り敢えずもうすぐGWと初の給料が出るのでそれを支えに、日々生き残れるよう踏ん張っていきます。

 


2022年4月13日

1年目研修医のMと申します。
学生の頃にこのブログで見ていたキツネリスに来襲され、同期で初めてこのブログを書くことになりました。関西の病院だから何か面白いことでも書かなきゃいけないんだろうか…どうしよ~と唸りながらパソコンに向かっています。

とりあえずこの記事を読んでいる医学生の方々が1年目研修医の働き方を少しでもイメージできるように、ここ1週間くらいの仕事内容をちらっと紹介します。

現在は同期5人で総合内科で研修を行っています。毎日のメインの仕事は「担当患者さん(2人くらい)の状態チェック→今後の方針などについてカルテを書く」ことで、その合間にいろいろなオリエンテーションや講義が挟まってくる…といった具合です。

毎日カルテを書いていて思うのは「自分の言葉でカルテを書くのってめちゃくちゃ大変なんだな…」ということです。抗菌薬を選ぶ基準がわからん、診断基準がわからん、検査結果の解釈の仕方がわからん、××スコアって初耳なんですけど~、などなど分からないことばかりでカルテを仕上げるのに一苦労です。そんな中でも僕の質問に丁寧に答えてくれる指導医の先生方には頭が上がりません。

これから担当患者さんが増えるにしたがってワタワタすることも多くなると思いますが、①分からないことは調べるor聞く、②自分の考えを率直にカルテに書く、の2点を意識して研修していこうと思っています。

それではこのへんで。
キツネリス君にはしばらくお目にかからないよう祈っておきます笑

 


2022年4月11日

研修医のKです。
3、4月は出会いと別れの季節。
3月下旬に当院でも研修修了式が行われました。
「研修医としての成長」をテーマに1、2年目研修医全員が発表しました。

コロナ禍で会食する機会がなくなり普段あまり明かされることのなかった各々のバックグラウンドの紹介から始まり、研修で学んだこと、嬉しかったこと、悲しかったことなど具体的なエピソードをふんだんに盛り込んでそれぞれの研修医が自由に発表を行いました。
1年目だった私は「ストレスコーピングにより研修医のドロップアウトを防いだ1例」と題して、医学部に入るまでの紆余曲折あった経緯の紹介から始まり、自分自身がこの1年間しんどかったこと、励まされてうれしかったことなどを中心に発表しました。
最後は2年目の先生に修了賞が手渡され、皆で記念写真を撮りました。

研修医が決して多くない当院で、2年目の先生方には本当にお世話になりっぱなしでした。ありがとうございました。
院内に残られる先生、院外に出られる先生、2年目の先生方全員のこれからのご活躍を祈念いたします。
 
さて、4月になりついに自分が2年目になってしまいました。
ピカピカの1年目の先生方5名が入ってきてくれました。
今年はオリエンテーション期間が短く、2週目から病棟デビューし、1年目の先生たちは各々患者さんを担当しながら電子カルテ操作や採血など悪戦苦闘しておられます。
2年目の私たちは適宜レクチャーしたり相談に乗ったりしながら、1年前のバタバタでドキドキでとにかく目の前のことで手一杯だったことを思い出します。4,5月は特に余裕がなかったので、1年目の先生方には心身ともに無理せずに日々の業務に慣れていって欲しいと思います。
 
さて、「研修医のつぶやき」もそろそろ1年目の先生方に引き継いでいく季節になりました。
ここまで読んでくださり本当にありがとうございました。
引き続き研修医ともども当院をどうぞよろしくお願いします。

 


2022年3月1日

こんにちは!研修医1年目の❁です。
そろそろ梅の季節ですね。
梅宮大社さんに先週末お散歩に行った時は早咲きの梅が開いていたので、見頃はもうすぐでしょうか。
初期研修が始まりもうすぐ1年、私達もそろそろ3年目以降の進路を考え出す季節です。
今年の1年目研修医は志望科のバラエティに富んでいて、自分とは違う視点や目標に日々刺激をもらっています!
進む道は違っても、より良い医療の一端を担いたいのは皆同じ。
来年も一丸となって研修していきます!

 


2022年1月25日

あけましておめでとうございます。外科ローテ中の1年目研修医Yです。

私は毎日手術に入らせてもらって、忙しくも充実した日々を過ごしています。

6年生の皆さんはもう国試直前期ですね。焦らずにたんたんとQBを解きましょう。あとは当日寝坊にだけ気を付ければ大丈夫です笑
自分を信じて頑張ってください…!

皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしてます!

p.s.
京都では先週珍しく雪が積もりました。風邪をひかないように暖かく過ごしてくださいね。