公益社団法人 京都保険会 京都民医連中央病院

検索

 

ホーム > 医学生・研修医のページ > 研修医のつぶやき > 2012年

研修医のつぶやき

2012年のつぶやき


2012年8月20日

こんにちは。

気付けば前回のつぶやきから少し間が空いて、8月も下旬に入っていました。
学生さんは夏休みを満喫されている頃でしょうか?

社会人になると、学生時代ほど長い休みはなかなか取れませんが、私たちも、交代で1週間程の夏休みを取っています。

当院の良いところの1つは、休む時はちゃんと休める環境です。
ご夫婦で日焼けして帰ってこられたDrもいますしね。

人間、適度な休息も必要です!

部活に、勉強に、病棟実習に、そして国試にと毎日多忙な学生さんも、途中で倒れないように、適度に休息を取ってくださいね。

 


2012年7月25日

こんにちは。
祇園祭の山鉾巡行も終わり、いよいよ京都にも夏が来ました。

日中は院内にいるので、クールな環境でお仕事できて、「京都って暑いでしょ?」と言われてもピンとこないのが正直なところです。

ここで突然ですが、京都のならわし、サマータイム編。

7月に入ると、鉾町の住民の間では「ほんまに暑おすなぁ」と言われると「祇園祭どすなぁ」と返す、こんなやりとりが交わされるそうです。

芝居じみた印象さえ受けるこのやりとりですが、同じ鉾町仲間が祭りに寄せる思いを共有し、ラポールを確認し合える微妙なニュアンスを含んだ挨拶。
相手に特に気を遣う京都人らしい心理が垣間見えて京都がますます好きになります。

また、京都生まれで京都育ちの友人は東京駅での人の多さに「わぁ、祇園祭りみたいやわ~」って言います。
可愛いくて、なんだか雅な感じがします。

そうそう、8月16日は五山の送り火。当院の屋上からとっても綺麗に見られますよ。
この日に合わせて、一度京都観光を兼ねて見学&実習にいらしてみては?

夏の京都も最高に素敵です。

 


2012年7月6日

この一週間、ハードだった・・・・。
GIMカンファレンスの準備で・・・。

準備している途中は何でこんな発表することになるくらいの症例当たったんや、と思ったりもしたが、多分、自分の力になっているはずと思うことにした。

とりあえず、今日の発表が終わった後の、泡の立つ飲物はさぞうまかろう。

 


2012年6月13日

お久しぶりです。二年目研修医Kです。

今小児科ローテート中です。いやー子どもってホントすごいです。あんなに泣き叫ぶしか出来ないのに、よく大人に成長できるものだとつくづく感心します。
お母さんも心配そうな方や、どっしり肝の据わられた方や様々で、そこにも面白みを感じます。

私は将来家庭医志望なので、我儘をお願いして外来メインで研修させていただいております。病態もクスリも点滴もいろいろとオトナの常識が通用しない事が多くて戸惑いながらも楽しく研修させていただいております。
今困っているのは、私が顔を出した瞬間にパニック状態になった赤ちゃんの存在です。
私が何かしたでしょうか?多分初対面だと思うのですが…

昔うちで飼っていた犬も、テレビに船越栄一郎が映ると毛を逆立てて激しく吠えていましたが、多分同じことなのでしょう。
生理的にキライというだけであれほど拒絶反応されると傷つきます。
何とかお近づきになりたい(というか担当)のであれこれ策を巡らせている最中です。

そろそろ夏ですね。学生さんは、試験に、部活に、何より遊びに頑張って下さい。

 


2012年6月9日

初めてのDr.Steinのカンファレンス。もちろん英語で…
受験で英語はやってても、やっぱり話すとなると困ります。
特に医療英単語は知らないものの方が多いので大変。
だけどがんばります

 


2012年5月30日

ーーーーーー
リアル。
ーーーーーー

京都は世界遺産に囲まれている場所です。
関東からこの病院に飛んできた私にとっては、毎日が歴史との遭遇。
この病院からは少し離れた京都の南がメインの舞台ですが、

「おーい竜馬」は漫画で歴史を学べ、かつ、今の世の中をなんとかせんといかん!と、思っている若者に元気を与える漫画かと思います。
ベタに「バガボンド」とかも良いですけどね。
「バガボンド」と言えば、
井上雄彦氏の「リアル」もいいですね。
(>∀<)b

試験勉強の息抜きにでも読むと
患者さんの気持ちがわかるいい医療者になれるかと思います。

以上、京都民医連中央病院の某研修医おすすめの漫画でした~!
ノシ(´∀`)//バイ
PS.うちは、リハビリも力を入れてて、医局員≒リハスタッフ=約70名です。

 


2012年5月18日

病棟デビューから1カ月が経ちました。
最初は上級医の後ろをヒヨコの様にくっついて歩き、ピーピーと鳴いては世話をしてもらっておりましたが、最近では1人でオーダーを出したり、変更したりもできるようになりました。人間、多少は成長するものですね。
病棟やリハさんetc…から、電話がかかってくるたびに動揺することも少なくなりました。いつもちゃんと上級医が見ていてくれて、まずい時にはフォローしてくださるという、安心感があるからこそですけどね…(^^;)

時々、へまをやらかしても、当院では皆さんが優しく(時には厳しく)フォローしてくださいます。その分、申し訳なさも募ります。次からは…!と決意しても、またご迷惑をおかけしてしまう自分に反省する日々でもあります。早く使える、素敵なDrになりたいものです。

因みに…

今年の研修医は皆、どこかしら面白い経験を積んでいる人ばかりです。いわゆる、フツーの人がいませんが、皆面白くて良い人ばかりです(たぶん)。仲も良いですよー(たぶん)。

当院に実習に来られた時には、その面白っぷりをぜひ堪能していってくださいね☆

 


2012年5月10日

ついに楽しみにしていたゴールデンウィークが終わってしまいました。
研修医はしっかりとお休みをもらえたので、ゴールデンウィーク前半の28日と後半の4日に研修医同僚と飲みに行きました。
28日は京都家庭医療後期研修修了式の打ち上げに参加し、沢山の家庭医の先生にお話を聞いた後、西院で呑みました。

次の日が休みということで、テンションが上がって朝までカラオケをしてしまいました。
社会人やのにカラオケでオールとは・・・。社会人になりたてで自分も含めみな普段相当ストレスがたまっとったんやろうか。

4日は僕の家で飲んで、またトランプをしてオール・・・。社会人やのにトランプをしてオールとは・・・。
最近私生活でも疲れがたまっとったんやろうか、それともトランプでオールをできる中学生並みの無邪気さを取り戻すほど仕事が楽しいんやろうか。
・・・悩ましい選択肢やが、社会に生きる一員として後者にしておこう。

 


2012年4月25日

研修とは本当に毎日があっという間です。肩書は2年目、頭脳はこども、心もこども、今日も病棟内で微笑みながらうごめいております。

そんな気持ち悪い毎日にも大きな変化が。
嬉しいことに、なんと新たに後輩が増えました。初期研修医の皆様です。ぴちぴちでつやつやです。素晴らしい。
それが6、7人も!鼻血でそうです。

私の学年の新規参入が私のみであったのに比べまして、当院の研修に少し人気が出てきているのかな、と実習対応も頑張ったので嬉しく思いました。

カンファレンスや、慣れない(というか慣れているわけがない)病棟業務で徐々にお肌が荒れ始めています。しんどいよね、うん、その気持ちはよくわかるよ~

ここをのりきれば、もっとしんどくなるので、少しでも去年の経験を生かして支えになればいいな、と思っております。なかなか思うようにいかないのが研修生活ですが、一緒にぼちぼち頑張っていきましょう。また飲みにいこーね♪

では、次号は1年目の先生よろしくたのんます。