公益社団法人 京都保険会 京都民医連中央病院

検索

 

ホーム > 当院について > 病院情報の公表 > 平成30年度 京都民医連中央病院 病院指標

病院情報の公表(平成30年度)

平成30年度 京都民医連中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 133 43 138 185 327 443 895 1875 1974 844
平成30年度の退院患者さんの年齢区分別の比率は、平成30年度と比較してさほど変化はありません。退院患者数も概ね横ばいで推移しています。
60歳以上の患者さんの割合が約81%です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 266 25.96 20.92 13.16 84.3
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 229 20.9 12.58 3.93 82.7
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 218 3.58 2.67 0.46 68.73
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 194 25.98 17.66 6.19 82.92
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 139 2.16 2.99 0 75.36
当院の内科は消化器内科・呼吸器内科・循環器内科・腎透析科・等とありますが、昨年度同様、入院患者数としては肺炎関連・尿路感染と感染系の疾患が上位を占めています。
本年は、大腸内視鏡検査件数が増加し200件を超えました。2019年4月に設立しました消化器センターが、地域の皆様の医療ニーズに答えることができた結果と考えています。
また、どの症例の平均年齢が80歳前後となっており、高齢化社会を反映しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 49 4.96 4.96 2.04 69.78
060220xx97xxxx 直腸脱、肛門脱 手術あり 45 3 9.78 0 74.2
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 44 2.11 2.99 0 77.82
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 31 10.06 10.59 3.23 61.32
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 10.89 8.95 0 74.5
当院の外科は消化器外科、乳腺外科が主体です。肛門脱(痔核)、大腸がんに対する手術を多く行っており、特に肛門脱の疾患では全国平均より大幅に短期間で退院されております。痔核に対してはジオン注射という切らずに軽快が見込める治療も行っています。
この他、消化器がんを含む消化器系の手術や乳がんの手術など、多岐に渡る治療を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 90 39.1 26.3 17.78 83.64
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 なし 39 41.56 21.39 10.26 73.79
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 38 25.76 21.47 2.63 84.05
070370xx01xxxx 脊椎骨粗鬆症 経皮的椎体形成術 30 24.7 18.81 3.33 80.53
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 1あり 20 3.25 2.79 0 72.25
高齢化に伴う骨粗鬆症の影響で発症する股関節大腿骨の骨折が整形外科患者様の1位にあがります。当院では股関節の骨折や脊椎症、膝関節症に対する手術を多く行っております。整形外科では手術後のリハビリテーションが重要です。当院は回復期リハビリテーション病棟を持っておりますので手術からリハビリテーションまで総合的な治療を行っています。そのため全国平均より在院日数が概ね長くなっております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 56 1.07 2.53 1.79 71.82
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 44 9.41 7.2 0 77.64
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 29 4.83 5.62 0 65.55
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 25 11.96 12.58 0 76.28
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 定義副傷病 なし 11 9.45 7.13 18.18 74.64
泌尿器科は膀胱がんと尿路感染の患者様が多いのが特徴です。当院では膀胱がんで経尿道的手術を行う入院が多く占めています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 34 6.15 8.86 0 74.79
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 26 6.23 9.87 3.85 46
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 22 9.82 9.7 0 33.09
120140xxxxxxxx 流産 18 1.33 2.45 0 32.94
12002xxx03x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮内膜掻爬術 手術・処置等2 なし - - 2.58 - -
産婦人科では帝王切開後妊娠や骨盤位妊娠、子宮筋腫、子宮脱、の疾患が入院件数の上位です。緊急帝王切開手術にも24時間体制で対応しています。子宮筋腫等の良性腫瘍摘出術や子宮脱による子宮脱手術も多く行っており、全国平均より比較的短期間で退院されています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 211 1.93 2.84 0.47 73.86
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 - - 6.16 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
眼科の入院では、主に白内障患者様に対して眼内レンズ挿入術を行っております。当院での白内障手術は、片眼につき1泊2日の入院で行っています。日帰りの手術をされる医院も多いと思いますが、術後に眼帯をして片眼になると、立体感や距離感がなくなり、自宅で転んだり、眼をうったりすることがありますので、安全のため、当院では入院していただいた上で手術を行います。
緩和ケア科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 15 35.93 14.58 6.67 80.47
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 31.31 10.9 0 82.54
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 34.75 9.59 8.33 72.42
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 25 11.79 0 78.4
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.55 - -
生命をおびやかす病に直面している患者さんやご家族は、身体的・精神的のみならず、心理的、社会的、スピリチュアルな苦痛をかかえています。緩和ケアは、こうした苦痛を和らげることを目的としています。
件数が10件未満の症例は、在院日数の表示はありません。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 44 6.82 6.17 4.55 0
14056xxx99xxxx 先天性水腎症、先天性上部尿路疾患 手術なし 12 7 4.81 0 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし - - 11.32 - -
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 5.71 - -
150070x1xx01xx 川崎病(2歳未満) 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり - - 10.12 - -
小児科の入院は低出産体重の病的新生児の件数が占めています。
種々の慢性疾患や心理的疾患にも専門外来・入院にて対応しています。不必要な検査・処置・投薬・入院は極力行わず、外来で治せるものはできる限り外来で見切る一方で、必要な際は特殊検査・入院も含めた重点的な治療を行う方針です。入院病室は、患児と付き添い者の安静・負担軽減および院内感染防止のために、全例個室管理としています。
件数が10件未満の症例は、在院日数の表示はありません。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 11.45 - -
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.69 - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.35 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
2015年2月より脳神経外科の紹介外来を開設しました。件数は数件ですが慢性硬膜下血腫に対して穿孔洗浄術を行っています。
件数が10件未満であるため、在院日数の表示はありません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 - - 18 40 20 1 8,7,6
大腸癌 22 10 27 18 92 13 1 8,7,6
乳癌 23 16 - - - - 1 8,7,6
肺癌 - - - 10 1 8,7,6
肝癌 - - - - 15 1 8,7,6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんについて、集計期間に入院治療を行った、初発患者の病期分類による延べ患者数、再発患者の延べ患者数を示しています。当院において、がんの診断、初回治療を行った場合を「初発」として病期分類ごとに集計し、初回治療以降の継続治療を行った場合を「再発」として集計しています。がんの病期分類は、がんがどれくらい進行しているのかという病期・進行度を意味し、Stage0からStageIVまであり、StageIVが最も進行していることになります。
大腸がんのStageが「不明」の症例が多くなっていますが、これは検査入院症例を多く取り扱っているためで、退院時に検査結果が明らかでないものは「不明」件数に含まれます。胃がんや乳がんは早期であるⅠ期の患者さんの割合が高くなっています。件数が入っていない個所は数が無い訳ではなく10件未満の件数で存在しています。
当院は手術や化学療法など患者さんの状態に合わせた幅広い治療を実施しています。また、緩和ケア病棟を有しており、治療が困難とされたがん患者さんの苦痛を和らげる緩和ケア治療の体制も整えています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 17 11.06 59.18
中等症 104 17.1 80.33
重症 32 19.47 81.78
超重症 - - -
不明 - - -
入院のきっかけとなった病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(誤嚥性肺炎、インフルエンザ肺炎、ウイルス性肺炎を除く)であって、市中肺炎(入院後発症の肺炎を除く)の患者さんが対象となります。成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)肺炎重傷度分類の定義に基づき、入院時の状態から重傷度を決定し、重傷度ごとに患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
患者数が最も多いのは中等症ですが、件数が表示されていない他の重症度も少なからず存在します。重症度が上がるごとに治療に日数がかかっていることが表われています。また、軽症の患者さんの平均年齢が50歳ほどであるのに比べて、重症度1~重症度3では平均年齢が後期高齢者の年齢層になっており、市中肺炎は年齢が上がるごとに重症化していることが分かります。
当院で肺炎の治療を受けられるご高齢の患者さんは増加しており、その大半が誤嚥性肺炎ですが、誤嚥性肺炎はこの指標の対象疾患には入っていないため総件数が少なくなっています。
脳梗塞の患者数等
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 80 47.85 82.51 20.18
その他 29 57.03 79.76 7.34
「ICD-10」とは、疾病及び関連保健問題の国際統計分類-第10回修正です。WHO(世界保健機関)が定めた分類で、死因や疾病の統計、診療記録の管理などに活用されます。疾病の種類をアルファベットと数字によって表しています。医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞の患者さんを対象として、その発症から入院までの日数別に症例数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
とりわけ、脳梗塞(I63$)に分類される症例の割合が高く、特に発症日から3日以内の急性期脳梗塞が集計対象全体の約8割を占めます。急性期脳梗塞の患者さんの平均年齢は80歳に近く、いわゆる後期高齢者の方が多くなっています
脳梗塞治療では迅速に治療を行うことがその後の患者さんのADL(日常生活動作)に大きな影響を与えます。脳梗塞治療において、リハビリテーションは脳梗塞の合併症・後遺症を防ぐために非常に重要です。当院では、回復期を担う回復期リハビリテーション病棟を持っており、維持期を担う介護施設・療養型病院と連携し、総合的な治療管理を行っております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 225 1.12 1.57 0.44 69.19
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 66 1.41 16.83 12.12 81.11
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 61 0.69 0.69 3.28 70.69
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 等 46 20 22.39 63.04 77.11
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 等 43 8.05 20.14 6.98 71.6
内科では、大腸ポリープに対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術を最も多く行なっております。ポリペクトミー(ポリープ切除)目的の2泊3日入院が典型的な症例となります。

当院では短期入院による手術はクリニカルパス(診療計画表)を作成して医療の標準化をしております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7435 痔核手術(脱肛を含む。) 根治手術(硬化療法(四段階注射法によるもの)を伴うもの) 等 147 0.38 1.01 0 61.59
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 49 0.98 2.98 2.04 69.78
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 36 1.5 4.81 0 64.17
K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法)) 等 35 0.09 0.09 0 70.63
K7462 痔瘻根治手術 複雑なもの 23 0.39 1.3 0 51.91
外科の手術件数は肛門疾患(内痔核、痔瘻、等)の件数が上位を占めています。次いで鼠径ヘルニアの手術を多く行っております。痔核に対してはジオン注射という切らずに治癒が見込める治療も行っています。
短期入院による手術件数が多いのでこのような結果となっておりますが、外科ではこの他消化器がんを含む消化器系の手術や乳がんの手術など、多岐に渡る手術も行っています。腹腔鏡下結腸悪性腫瘍手術など腹腔鏡下手術を癌に対しても積極的に行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 77 4.27 32.04 14.29 82.7
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 等 39 4.33 36.95 17.95 82.56
K142-4 経皮的椎体形成術 31 8.9 14.77 3.23 80.61
K1424 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方後方同時固定 等 28 7.11 38.32 21.43 77.29
K0821 人工関節置換術(膝) 等 27 1.7 29.37 7.41 76.59
整形外科の手術では平均年齢から高齢者の骨折が多いことが分かります。加齢に伴い骨粗鬆症が原因で起こる大腿骨の骨折に対して、プレート固定を行ったり人工骨頭挿入や人工関節置換術を多く行っています。手術後は自宅退院を目標にリハビリテーションを行っていますので約一ヶ月半の入院日数となります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 205 0 0.94 0.49 73.94
K279 硝子体切除術 - - - - -
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
眼科の入院では白内障手術が最も多くなっております。片眼につき1泊2日の入院で行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 20 1 5.4 5 48.5
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 15 1 7.47 0 34.47
K9091ロ 流産手術 妊娠11週までの場合 その他のもの 等 14 0 0 0 33.79
K8654 子宮脱手術 腟壁形成手術及び子宮全摘術(腟式、腹式) 13 1.08 5.69 0 72.31
K861 子宮内膜掻爬術 11 0 0 0 54.55
産婦人科では子宮全摘の件数が上位となっております
次に帝王切開術(予定・緊急)となります。当院のお産数に対して帝王切開率は約20%となっております。VBAC(帝王切開後の経膣分娩)も希望されれば行っています。
他、子宮筋腫や卵巣がん、子宮頸がんの手術等も行っております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 等 42 3.43 5.21 0 77.38
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 29 1.97 3.17 0 66.38
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 27 2.22 9.04 7.41 71.93
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの 等 - - - - -
K7981 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術 - - - - -
泌尿器科手術数で上位を占める膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術は膀胱癌に対する手術です。尿道から内視鏡を挿入して腫瘍を切除します。開腹による腫瘍切除手術に比べて患者さんの体への負担が少ない治療方法になります。
件数は少ないですが、次いで尿管ステント留置、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術を行っています。尿路結石を衝撃波により細かく砕き、体外への排出を容易にするための治療となります。
緩和ケア科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -
K0531 骨悪性腫瘍手術 肩甲骨、上腕、大腿 - - - - -
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) - - - - -
緩和ケア科の患者さんに対するカテーテルやステントの留置が各10件未満ですが表示されています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの - - - - -
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
小児科の入院症例で手術として扱われるものは、仮死状態で出生した新生児に対する蘇生術になります。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
脳神経外科では、件数は数件ですが慢性硬膜下血腫に対して穿孔洗浄術を行っています。頭蓋骨に小さな穴を開け溜まっている血腫を洗浄除去し脳の圧迫を解除します。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 10 0.15
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 17 0.25
異なる 18 0.26
この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなり得ないものの少しでも改善すべきものとして定義される、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について患者数と発生率を集計しています。最も医療資源を投入した病名と入院契機が「同一」か「異なる」に分類して集計し、「同一」は上記の病気に対する診療目的で入院しその治療を行ったということ表し、「異なる」は上記の病気以外の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは入院中に他疾患を発症したことにより、上記の病気の治療が主になる場合を表します。
手術・処置等の合併症の件数が多くありますが、内容的には透析患者さんの透析シャント閉塞やカテーテルを留置されている患者さんのカテーテルからの感染などになります。ほとんどが最も医療資源を投入した病名と入院契機病名が同一である症例になりますので、手術・処置などの合併症を主訴として入院され、治療を受ける入院患者さんが多いということになります。
更新履歴
2019.09.30
2019年度情報に更新