公益社団法人 京都保険会 京都民医連中央病院

検索

 

ホーム > 受診案内 > 健診 > 予約なし下部内視鏡(大腸カメラ)検査

予約なし下部内視鏡(大腸カメラ)検査

保険診療での下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ検査)

平日午前8時30分~10時までにお越しいただけると予約なしで受けられます。


検査日

 
午前
午後 × × × × ×

検査対象:保険診療 (痛みがある方、下血がある方、など)

※以上が難しい場合は入院での検査をお勧めすることがあります。

 

持ち物

 

検査目的

下部消化管内視鏡検査は、内視鏡を肛門から挿入して、大腸の内部を観察し、炎症や潰瘍、ポリープや癌などを発見するための検査です。下部消化管の検査は他に、注腸X線検査や大腸CT検査がありますが、内視鏡検査の方がより正確で、的確な診断を行って、適切な治療に結びつけることができます。

 

検査内容

検査は可能な限り全大腸を観察する方針で行っています。所要時間は30分から60分程度です。大腸の屈曲部の通過の際に多少の痛みを感じることがあり、また、観察のために適宜空気を入れるため、お腹が張った感じがあります。これらの不快感は一時的なもので、検査後徐々によくなります。痛みが強い場合や、内視鏡の挿入が困難・危険と判断された場合には、無理をせず途中で検査を中止します。 

 

前日

朝から(便秘症の方は数日前から)野菜類・海藻類・こんにゃく・ゴマ等はできるだけ控えてください。
夕食は可能な限りおかずはとらないようにして、おかゆ、素うどん等にしてください。午後9時以降は何も食べないでください。水・お茶はしっかりとっていただいて構いません。

 

当日

 

当日のながれ

  1. 保険証をご持参のうえ、1階「受付カウンター」までお越しいただき、「大腸カメラ希望」とお伝えください。
  2. 消化器内科医による診察を行います。
  3. 内視鏡室にて前処置を行います。
  4. 内視鏡室にて大腸ファイバー検査を行います。検査は午後から開始となります。
  5. 検査後の諸注意は、内視鏡の看護師が説明します。

 

ご希望に応じて鎮静剤も使用できます。

鎮静剤をご希望の場合、お車や自転車の運転はできません。交通手段にご注意ください。
終了後、1時間は経過観察をさせていただきます。お時間に余裕をもってお越しください。


大腸カメラ検査結果

検査終了後に内視鏡検査をおこなった医師が検査結果をお伝えします。がんなどの疑わしい箇所があった場合には、その部分の組織をとり病理検査(生検)を行うことがあります。その場合は、病理検査結果が出る10日後以降に診察予約を取らせていただき、診察にて医師より結果を説明いたします。