公益社団法人 京都保険会 京都民医連中央病院

検索

 

ホーム > 受診案内 > 病棟紹介 > ハイケアーユニット

ハイケアーユニット

重症患者様、手術後の患者様が入室されます

高度な治療に加え、質の高いケア、ハートフルなケアにこだわっています

 

集中治療室  ICUダイアリー

人工呼吸器をつけた患者様に毎日の様子を日記に残しています
重症な時は記憶がないことが多く、精神的なトラウマが退院してからも残ることがあります
ICUダイアリーは、記憶を補うことができます

 

 

重症な時は治療が優先されます

人工呼吸器をつけていても、体を起こしたり、手足の運動は回復をする重要なことです
リハビリテーションは専門のセラピストが、入院してかなり早い時期に体を動かすお手伝いをはじめます

 

 

集中治療は専門的な医師の介入が不可欠です
集中治療医やRRS(早期介入システム)を担う麻酔科医

ベッドサイドで多職種カンファレンスを行います

カンファレンスには、集中治療医、麻酔科医、主治医、研修医、リハセラピスト、看護師、退院支援課看護師など多職種が参加します。
治療計画、リハビリプラン、ケア計画、退院支援計画について検討します。

 

ケアサポートチームと連携し、患者様に合ったベストケアを検討します

 

HCUに入院してからの流れ

HCUに入室された患者様・ご家族様が安心して治療・療養できるよう様々な支援をいたします

 

心配なこと、不明なこと、どんなことでもかまいません、気になる事がありましたら、看護スタッフにお気軽にお声かけください

面会時間

親近者の方は必要に応じて入室していだだけます
自動ドアが閉まっています。
面会の際は、病棟前のインターホンでどなたにご面会かを お伝えください。看護師が対応します。

用意していただくもの

入院のしおりを参照ください

病状について心配な時

基本的には、電話ではお話しできません
看護スタッフにお声掛けください