公益社団法人 京都保険会 京都民医連中央病院

検索

 

ホーム > 受診案内 > 病棟紹介 > 地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟の紹介

地域包括ケア病棟は、住み慣れた自宅で生活を続けるための支援を行う病棟です。

例えば、入院をきっかけに介護サービスが必要となった方、新たに介護サービスの内容を見直す必要のある方、自宅のトイレまでの練習を必要とする方など、入院される患者さまの目的はさまざまです。

地域包括ケア病棟では、医療・介護・リハビリテーションの相乗効果により、自宅での豊かな生活を目指します。

 

入院時

看護補助者

患者さまやご家族の方が、入院の環境に少しでも早く慣れ、安心していただけるように、病棟のご案内や入院に必要な事項を確認させていただいております。

看護師

患者さまの状態を観察し、・・・・

介護福祉士

24時間を通して「住み慣れた自宅で生活する」という視点で、起きる事、食べること、入浴すること、排泄することなど、生活の基本で、一番大切となる動きを、病棟の生活の中に取り入れ練習する「生活リハビリ」や楽しく生活が送れるよう「レクレーション」を行っています。・・・・

リハビリスタッフ

「住み慣れた自宅で生活する」という視点で、起きる事、食べること、入浴すること、排泄することなど、生活の基本で、一番大切となる動きを、訓練室で行うリハビリテーションではなく、病棟の生活のなに取り入れ練習する「生活リハビリ」を行っています。

MSW

ご自宅でどのようなサービスを受けて、どのように生活されておられたのか、気がかりなことなどお話をお聞かせいただきます。心配事があれば、なんでもご相談ください。

 

入院中

自宅に帰るための調整に向けた関わり

退院後訪問

病棟看護師や介護福祉士が退院された患者様のご自宅へ訪問させていただき、退院後のご様子をお伺いし困っている事はないか、どのように生活されているかなどお伺いしています。住み慣れた自宅で穏やかに過ごされている患者様のご様子を見させていただいた際は私たちも自然と笑顔になります。