Home > Topics > ベトナムからの高齢者施設および病院の見学を受け入れました

ベトナムからの高齢者施設および病院の見学を受け入れました

12月3日にベトナムの科学技術省高齢問題研究所から7名の皆さんが見学に来られました。大阪大学の河森教授、森ノ宮医療大学の渡辺助教授も同行されています。

ベトナムでも高齢者問題が急務の課題であり、高齢問題研究所の皆さんは、日本の介護保険のようなシステムなどを検討するため、日本での施設見学などをすすめていらっしゃるとのお話でした。

病院にて集合写真

説明をするクィー医師

 

都和のはな(特別養護老人ホーム)と京都民医連中央病院を中心に見学していただきました。ベトナム出身である当院のクィー医師が終始通訳を務め、和やかにご案内することができました。都和のはなでは猪熊施設長、京都民医連中央病院ではリハビリテーション療法課の大城課長と地域福祉課の植松メディカルソーシャルワーカーが見学者の質問にお答えしています。

懇談風景

施設案内

 

ぜひ、ベトナムで高齢者に優しい医療や福祉のシステムを作っていただくことを願っております。

最後にベトナムからの素敵なおみやげを頂きましたので、当院の待合などでみなさんに楽しんでいただけたら幸いです。

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575