Home > Topics > がん診療地域連携セミナーを開催しました

がん診療地域連携セミナーを開催しました

6月29日に「京都民医連中央病院がん診療地域連携セミナー」を京都ブライトンホテルで開催しました。昨年京都府がん診療推進病院に指定されて以降、がんの地域連携をテーマにした初めての取り組みでしたが、地域の医療機関、事業所から約50名の皆様にご参加いただき、盛況のうちに終了いたしました。

冒頭、当院院長吉中丈志より当院のがん診療について報告後、新しく中京西部医師会会長に就任された一色哲志先生よりご挨拶をいただき、続いて京都府健康福祉部健康対策課がん対策担当の古川浩気副主査より「京都府におけるがん診療連携推進の方策」についてご説明をいただきました。

当院の取り組みとして、消化器内科(木下公史科長)、消化器外科(川島市郎副院長)、乳腺外科(名嘉山一郎科長)、化学療法科(野崎明医長)の4つの分野から治療の現状について紹介させていただきました。特別講演では、武藤学先生(京都大学大学院医学研究科腫瘍薬物治療学講座教授)より「京都大学医学部附属病院がんセンターの取り組み」を中心に、今後の地域連携についてお話していただきました。

セミナーを受けて、京都府の「地域連携手帳」の具体的運用について今後検討を深めたいと思います。また、緩和ケアに関する研修の要望が多く、今後の取り組みに反映させていこうと考えています。大変ご多忙な中、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

 

 

 

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575