Home > Topics > 3月11日京都市シェイクアウト訓練に当院も参加しました

3月11日京都市シェイクアウト訓練に当院も参加しました

「シェイクアウト訓練」は2008年にアメリカで考案された防災訓練で、一斉に行動することで「地震から身を守るための基本行動」を身に付けることを目的とするものです。3月11日10時30分に京都市に震度4以上の地震が発生した想定で、京都市防災危機管理室から緊急速報メールが送信され、この着信を合図に訓練を行うことが呼びかけられました。

当院では、当日の患者様向け院内放送などで訓練を徹底し、その時間帯に参加できる部署での訓練を行いました。診療情報管理課では、着信を受けて、机などの下に避難する訓練を実施しました。「机の下に入れる箇所が少ないなど、実際の地震が起こったときどうしたらいいのか、実際に行うことでイメージがわきました」など感想が寄せられています。

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575