Home > 医療チームのご案内 > 呼吸ケアサポートチーム

呼吸ケアサポートチーム

呼吸ケアサポートチームについて

近年、人工呼吸器が一般病棟でも使用されるようになり、他職種によるチーム医療が重視されるようになっています。そのような背景の中、当院でも医療の質の向上を目的に、2010年4月より呼吸ケアサポートチームが活動を開始しました。

 

目的

 

構成メンバー

呼吸器内科医師、看護師、臨床工学技師、理学療法士、診療事務

 

活動内容

 

 

対象患者

 

具体的な活動内容

 

対外発表実績

2010年11月12日 第35回 全日本民医連呼吸器疾患研究会

HCUにおける人工呼吸器関連肺炎の発生状況 
~呼吸サポートチームの活動報告~

京都民医連中央病院   小西 沙織、堀江 晃、丸山 千恵、布留川 美帆子

 

2011年2月11日 日本医療マネジメント学会 京滋支部学術集会

当院におけるRST(Respiratory Support Team)活動について               

京都民医連中央病院 臨床工学課   ○三宅康裕 柳田開成 多田真二 赤木高司1)中務博信2)

1)京都民医連中央病院 看護師 2)京都民医連中央病院 内科医師

 

2012年10月19日 第37回 全日本民医連呼吸器疾患研究会

COPD急性憎悪により気切・人工吸気装着となったが、完全離脱し自宅退院した2例について
人工呼吸器から離脱して自宅へ退院した90代の事例を振り返る

 

臨床指標からみたアウトカム

その他の活動として、人工呼吸器装着下でのシャワー浴を行うため回路を延長するなど、工夫をしたり(写真1)、気管カニューレの選択、変更も行っています。

また、月1回の会議では、抜管困難例の検討を行ったり、機器の学習会でNPPVやASVを実際に体験したり(写真2、3)、栄養管理については栄養士の指導のもと、プルモケアの試飲等を行うなど、様々な学習会を開催し、知識の共有やレベルアップを図るようにしています。

 


写真1


写真2

 

 
写真3

 

 

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575