倫理委員会

Home > 倫理委員会・臨床研究 > 倫理委員会 > 議事録・議事要旨 > 第三回 倫理委員会 議事要旨

第三回 倫理委員会 議事要旨

京都民医連中央病院

1.日時

2004年1月15日(木) 18時~21時

2.出席者(敬称略)

3.議事要旨

○議事録におけるプライバシー配慮のあり方について

議事録が公開されるため、事例検討に際しては患者のプライバシー保護に特段の配慮が必要であることを確認し、個人が特定されないように事実関係の修正を行うこととした。ただし病名については重要な情報であるため、修正を行わないこととした。

 

○インフォームドコンセント指針の作成について

インフォームドコンセント指針を今後倫理委員会で作成することを確認したが、作業の効率化を図るため指針作成チームを結成することとした。またそのチームのメンバーには、外部委員が一名加わることがのぞましいため、勝村委員が参加することを確認した。

 

○事例検討-親族もなく判断能力もない患者の治療方針決定の倫理的問題

事例について検討を行い、委員から次のような意見が出された。

 

○出生前診断としての胎児超音波検査について

近年の超音波画像装置の発展にともない、胎児超音波検査が出生前診断としての性質を色濃く帯びるようになっており、倫理的対応が必要な事態になってきているため、この技術について当院はどういう姿勢でとりくめばよいのか、今後倫理委員会で議論していくことを確認した。

以上

 

議事録

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575