Home > 医学生・研修医向け情報 > 専攻医 Voice

専攻医 Voice

 

大西 香蓮 Karen Onishi

  • 京都民医連中央病院 産婦人科
  • 愛知医科大学 2015年卒
  • 兵庫県神戸市出身

1. なぜ医師に?

専門職になりたくて理系が好きなのもあり、高校1年生くらいから医師になろうと思いました。ありきたりですがTVドラマの影響でかっこいいなと思ったのがきっかけですね。「救命病棟24時」江口洋介です(笑)。かっこよく描かれているけれど、人を救う仕事ってやりがいあるし、ずっと働き続けたいと思っていたので、医師がいいなというのがきっかけです。コード・ブルーはかっこよすぎですね(笑)。

2. 現在どんな研修をしていますか

この4月から産婦人科研修をしています。婦人科の基礎を学びながら、いろんな経験たくさんしていて勉強になります。専門医試験に向けても、しっかり症例を学んでいます。専門医をとるのがゴールじゃないけど、やはり定められている項目産婦人科として必要なものなので意識して学んでいます。

3. 目標とする医師像は?

産婦人科を目指したのは、学生のときのポリクリがきっかけになります。30時間かかったお産があり、自分たち学生は時間が終われば帰れますけど、次の日病院にきたらお産はまだ続いていて、無事生まれてご家族がほっとしたり喜び合っているそんなとき、お母さんが、赤ちゃんに「しんどかったやろ」とおっしゃった。自分のほうも疲れきっているのに、母ってすごいと感動しました。命の誕生すばらしいわ!と思ったのがきっかけです。
京都民医連中央病院との出会いですが、初期研修の産婦人科研修で3ヶ月お世話になりました。指導医の3人の先生がとにかく楽しそうでした。それぞれの先生の特色を生かして、患者さんに対応されていて勉強になりました。患者さんは気軽に話せる先生を頼ってきています。こういう3人の先生たちのようになりたいなと思ったことが理由のひとつです。
それと医師と病棟のスタッフの関係が近くて濃密で、コミュニケーションもとりやすい。この環境ではたらくことが想像できて「やっていけるぞ!楽しいぞ!」と思いました。

4. 医局・病院の雰囲気はどうですか

全体の雰囲気がよくて、すぐ隣でカルテを開いて仕事されているので、他科の先生とコンサルトしやすいです。アドバイスや情報をいただくと客観的に見ることができ、他の問題点も浮かびます。
研修の場所として満足しています。大学の症例は選りすぐりの患者さんがきて、それはそれでよいが、普通の患者さんの処置を学びたかった。何を学びたいかによります。ここでの症例は十分あります。

5. 学習時間をどのように確保していますか

日中もお産がなければ時間がとれるときもあるし、17時以降は当直の先生に引き継ぐので、学習時間に当てられます。その日にあったこととか、手術の前の勉強などしています。

6. 院内外の勉強会に参加する時間はありますか

今までいけなかったことはありませんね。土日の当直に入ることが多いですが、希望したら優先してもらえます。

7. 学会に参加していますか。どんな学会に参加していますか

5月の産婦人科学会に参加しました。大学の同級生が6人産婦人科だった。そのうち4人女性。顔合わせいろんな情報得るなど、楽しく参加しています。

8. 京都民医連にきたきっかけ

1年から鳥取民医連の奨学生でした。知り合いがいて入学するときに奨学金の紹介あったのが鳥取民医連でした。研修医ひとりでの研修が不安なこともあったが、いろんなところに行かせてもらえ、自分でアレンジできた研修2年間でした。
大学病院はもともと希望していませんでした。大学は見えないところが多すぎて、患者さんにどれだけのスタッフが関わっているのかわからないのが嫌でした。患者さんが近いほうがいいです。
病院の雰囲気、スタッフの人のよさ、それが一番かな。どんなに症例がよくても環境が悪ければ働き続けられませんし。

9. オフはどのようにすごしていますか

京都は土地的にもきれい。歴史を感じる。プチ観光できるし、それがリフレッシュにもなります。

10. 初期研修医や医学生へのメッセージ

(中央病院で開催された)高校生の1日医師体験でお話させてもらいました。かわいかった(笑)やりがいのある一生続けていける仕事なのでおすすめ。勉強も楽しいですし、一緒に働けたらうれしいです。

ある日の
過ごし方

6:00
起床
ジョギング
8:30
までに出勤
9:00
外来
12:00
休憩
13:00
病棟業務
14:30
産婦人科医師とカンファ・勉強の時間
15:00
回診
17:00
オペの勉強や今日の診察のカルテなどみてたりとか…
19:00
頃帰宅

一覧へ戻る

 

 

岡田 春太郎 Harutaro Okada

  • 熊本大学 2014年卒

1. なぜ医師に?

小学生の高学年の時になんとなく医師になりたいと考え始めました。本気で考え始めたのは、小学校高学年の時にテレビで、医者が一人しかいない島のおじいちゃん先生のドキュメントを見てかっこいいなと思ったことと、自分の住む京都市内は病院がたくさんあるけど、本当にこんなところもあるんだと思ったことです。

2. 現在どんな研修をしていますか

外科研修中です。(月)(木)がオペで、2週間に1回太子道の外来に入っています。

3. 京都民医連でどんなことを学びたいですか?

京都民医連でどんなことを学びたいですか? 今は消化器外科を学んでいます。外科救急でも消化器が多いので基本的なことをしっかり学んでおきたいと思っています。オペにもたくさん入らせてもらっているので少しずつイメージ出来てきたかなあと思っています。僕が外科で興味ある分野は呼吸器外科ですが、京都民医連にはないので今度外部に研修に行く予定をしています。

4. 目標とする医師像は?

ゆくゆくはさっき話したような医者が一人しかいないようなところで働きたいとも思っているのですが、大学在学中に色々回って、外科をやりたいという想いが強くなりました。

5. 医局・病院の雰囲気はどうですか

手術中にはどうしても厳しくせざるを得ない場合もあると思うのでそれは当然だと思っていますし、それが日常に影響することは無いです。他科の先生にもコンサルトしやすいし居心地は良いですよ。

6. 周りのスタッフの雰囲気はどうですか

研修医のころは確かに看護師さん怖いなあと思うこともありましたが、今思えば自分がわかっていないから迷惑かけていたからだと思っています。実際は優しい人が多いです。

7. 学習時間をどのように確保していますか

時間がなかなか取れずどうしても必要に迫られた時に勉強するようにしています。受け持ちの患者さんの上記の事や、学習会を行うときなどです。

8. 院内外の勉強会に参加する時間はありますか

正直今は体制が厳しくなってあまりとれていません。もちろん、行かせてもらえないわけではありませんが体制が厳しいので様子を見て参加するようにしています。前の体制の時は勉強会や学会は行きたいと言えばいかせてもらっていました。

9. 学会に参加していますか。どんな学会に参加していますか

日本外科学会、日本外科感染症学会、日本静脈経腸栄養学会に参加しています。

10. 民医連の奨学生活動で学んだこと

5年生の時に奨学生になりました。つどいには参加したことがあります。

11. オフはどのようにすごしていますか

最近は土曜・日曜も出勤することがあるので遠出はできませんが、妻と出掛けたりしています。

ある日の
過ごし方

6:00
起床、朝食、身支度
8:00
出勤
オペ前担当患者の回診をする
9:00
オペ1件目
13:00
2つ目のオペの前に担当患者の回診
オペ2件目
16:00
オペ後に担当患者の回診
20:00
帰宅、ごはん
自分の時間
24:00
就寝

一覧へ戻る

 

 

奥村 麻里 Mari Okumura

  • 奈良県立医科大学 2014年卒

1. なぜ医師に?

父が医者だったので、医師という仕事が昔からすごく身近だったからですかね。

2. 現在どんな研修をしていますか

消化器内科で研修しています。

3. 京都民医連でどんなことを学びたいですか?

幅広い内科の知識と、救急の対応、一般昇格内科医の手技、症例

4. 目標とする医師像は?

ぼんやりと持っているものはあります。

5. 医局・病院の雰囲気はどうですか

良いと思います。

6. 周りのスタッフの雰囲気はどうですか

働きやすいです。

7. 学習時間をどのように確保していますか

ちょっとした空き時間とか、土日休みの時とかがあるのでその時間を使って勉強しています。

8. 院内外の勉強会に参加する時間はありますか

はい。

9. 学会に参加していますか。どんな学会に参加していますか

日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本静脈経腸栄養学会

10. 民医連の奨学生活動で学んだこと

医学生の最後の1年半くらい奨学生でした。あまりつどいとかには参加できなかったんですけど、同期とか先生、先輩とかと顔合わせが出来ました。

11. オフはどのようにすごしていますか

寝て過ごすことが多いですが、普通に買い物に行ったりして過ごしています。

12. 初期研修医や医学生へのメッセージ

頑張って下さい!

ある日の
過ごし方

7:30
起床、ごはん
8:30
出勤
9:00~12:00
内視鏡検査
13:00
病棟番や、救急番など
19:00
帰宅

一覧へ戻る

 

 

ファムグェンクィー Pham Nguyen Quy

  • 東京医科歯科大学 2009年卒

1. なぜ医師に?

家族に医者が多く、幼い頃から人に役に立つ仕事をしたいと思っていて、研究か医者しかないなあと思っていました。医者はみんなから一番信頼される仕事だと思うのでやりたいなあと思っていました。

2. 現在どんな研修をしていますか

総合内科で研修しながら、週に上部消化管内視鏡検査や化学療法の単位、太子道外来の単位をやりながら、京大での研究を行っています。

3. 京都民医連でどんなことを学びたいですか?

在宅調整や地域に住む患者さんが困っている事、そして将来は腫瘍内科を学びたいと思っているので、独居の方などが外来で化学療法を受ける際にどのようなサポートができるかなどを学びたいと思っています。

4. 目標とする医師像は?

もちろん専門知識を身につけて、正しい診断をつけて早期診断をして病気を治すことが個々の患者さんのために大事だと思いますが、私はベトナム出身なので、いろんな形でベトナムに日本で学んだ医療を伝えたいと思っており、例えば胃カメラの検査と治療について、日本の先端医療をベトナムに持ち帰りたいと思っており、現在もベトナムでの交流を行うなどの活動をしています。また、化学療法についてはもう少し中央病院でチーム医療を展開してもらって、より安心安全な医療を患者さんに提供できたらいいなと思っています。

5. 医局・病院の雰囲気はどうですか

相談しやすいし、縛りがないのでコンサルトしやすいだけでなく、家族の悩みや子育ての悩みも聞いてもらっています。あと、休みがとりやすいですね。

6. 周りのスタッフの雰囲気はどうですか

みんな頑張ってくれています。急なお願いにも嫌な顔ひとつせずにやってくれます。

7. 学習時間をどのように確保していますか

週に月曜日と水曜日は空いている時間があるので、勉強すると決めています。また、毎日の業務が早めに終わったときはその後自分の勉強の時間にあてています。

8. 院内外の勉強会に参加する時間はありますか

あまり学会に行かなくちゃ!と考えるタイプではないので、むしろUp To dateやインターネットで勉強することが多いですが、年1回や2回、内科学会で発表していますしその場合などは参加していますし、行こうと思えばいつでも時間は空けることが出来ます。

9. 学会に参加していますか。どんな学会に参加していますか

日本内科学科、日本臨床腫瘍学会に参加しています。

10. オフはどのようにすごしていますか

小さい子どもがいるので、ほとんど家族と一緒に過ごしています。公園に行ったりしていますよ。

11. 初期研修医や医学生へのメッセージ

私も最初東京から京都に来る時に、色んな方から反対されたりしたけど、でも実際に働いて思うのは、京都民医連中央病院で研修を始めることはむしろいいことだなと感じています。困っている方に最後まできっちり診る努力を惜しまないし、患者さん立場に立って、チームできめ細かく患者さんの事を考えていると思うからです。ただ追加すると、それは最初のステップとしては良いのですが、学会で発表したり、研究したり、自分のキャリアも積まないといけないし、自分のやりたいこと、足りないことをしっかりと考えていかないといけないし、それについては相談したらきちんと送り出してくれる体制があると思います。

ある日の
過ごし方

7:30
起床
8:30
出勤
9:00~12:00
病棟番や胃カメラなど
13:00
病棟カンファ、ラウンドや救急番など
18:30
帰宅(夜診がある場合は20:30~21時ごろ帰宅)
食事や家族との時間
24:00
就寝

一覧へ戻る

 

 

松田 航一 Koichi Matsuda

  • 和歌山県立医科大学卒

1. 京都民医連中央病院での後期研修が始まりましたね

ひとまず内科専門医取ることが目標ですが、次のステップまでは決めていません。良くないですね(笑)。腎臓内科の研修はまだこれかからです。4年目に他の施設も研修にいくのでしっかり学んできたい。そこで自分のやりたい分野を見つけていこうかな。

2. 診療所や病院など働きたい環境は?

勤務医でいきたい。経営者ではなくまずはイチ勤務医で。

3. なぜここでの研修を選びましたか?

特に抵抗がなかったので。初期研修もここで行なって、よいものはよいと感じた。民医連がいいというわけはなくほぼ研修で選びました。研修医と指導医の雰囲気がいい。学生のときに見学時に同行した2年目研修医が救急外来をばりばりしていたのが印象的でした。

4. 初期研修医にメッセージを 

他の病院からうちを選ぶ人なかなかいないが研修内容で選んでほしい。専攻医の時代は一般的なジェネラル志向を見につけられるとき。大学ならレアな症例が経験できるかもしれないが、1ヶ月ごとに科が変わるので、症例集めの期間になってしまうのは避けたかった。京都民医連中央病院は総合内科で幅広い疾患が診れるし、しっかりと患者さんとかかわれるのでお勧めです。

一覧へ戻る

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575