Home > 医学生・研修医向け情報 > 募集要項 > 後期研修医募集要項 > 小児科

後期研修医募集要項

小児科

日本小児科学会専門医制度研修関連施設

特色・理念

  1. 子どもが持つ自然治癒力に依拠し、確実な診断のもとに不要な投薬、検査、入院を行わないことにより、子どもの自己決定権と尊厳を守る医療を貫いています。そのために、一般外来を重視し、常勤医師相互の研鑚を積んでいます。
  2. 子ども本人と家族への説明と同意の上で、十分な疾患理解とともに家庭看護あるいは療養が行えるよう、親切で丁寧な援助を行っています。外来・病棟での説明を重視するとともに、あかちゃん教室や子育て懇談会を行っています。予防接種についての啓蒙も積極的に行っています。
  3. 病棟医療は、(1)の特徴から、重症度、緊急性が高くなっています。医療レベルと安全性の向上を目指して、医師の集団診療を導入し、常に複数の常勤医師の目で診療を行っています。
  4. これらを実現する上で、看護職、発達相談員をはじめとする関連他職種との共同は必須であり、多職種カンファレンスなどを軸に、チーム医療を展開しています。
  5. 診療の実績(関連小児科診療所などを含めて)
    一般外来5000名、専門外来(神経・発達、喘息・アレルギー、腎、心、不登校・心身症)300名/月
    保育所健診30ヶ園、病棟入院件数年200名、出生新生児年300名

目標・プログラム

小児科研修の特徴は、特に内科と比較して、技術・知識の集積が重要ではなく、疾患に対するアプローチの方法を重視し、科学的な判断材料を用いて診断をつける手法、患児・家族の生活を見据えて治療の見通しを立てる能力などがより重要となると考えます。手技的には、血管確保・各種穿刺技術・救急処置技術が中心で、いずれも一般的なものです。その中には一般的で日常的に遭遇するものから、滅多に必要とされないものもありますが、基本的な技術が身に付いていれば、文献的に学習することで可能となります。各種疾患の経験は、現実的にはすべてを経験することは不可能(どんな施設でも!!)ですし、経験的手法よりも科学的・論理的な思考のプロセスの確立を目指したいと考えています。

卒後臨床研修修了者は、その後3年の小児科研修で、小児科学会専門医の取得が可能であり、実際上の研修目標は、小児科学会専門医取得となります。

研修プログラム(期間は3年)

  1. 基本的に小児科学会専門医取得に必要な内容とします。2年間の初期研修を終えた方、他の医療機関での実績を積んでこられた方の小児科経験と実力は様々であり、画一的なプログラムにさほどの意味はないと考えます。当初の3ヶ月程度は、主に常勤医師と共同で病棟診療にあたるとともに外来見学を行い、個々の方々にあわせた研修計画をたてていくことが良いと考えます。なお外来研修は京都民医連小児科外来センターであるかどの三条こども診療所で実施します。2年次、3年次には希望にあわせて専門分野の研修(外部研修を含む)を開始できます。
  2. 週間スケジュール(初期研修と共通)
    病棟総回診:毎朝、常勤医師と看護スタッフ
    多職種カンファレンス:週1回、小児科病棟と新生児病棟
    医師カンファレンス:月2回、関連医療機関常勤医師含む
    外来ミニカンファレンス:外来担当医、毎日
  3. 外部研修(出向もしくは在院研修)
    当院の研修では不足しがちな新生児分野、救急分野については、3~6ヶ月程度の外部研修の実施を考慮します(実績:バプテスト病院、淀川キリスト教病院など)。一般小児科を基礎としつつ、Subspecialityを持つことは、京都民医連小児科の医療内容の向上に必要ですし、医師個人にとっても有益であると考えています。専門分野に応じた外部研修の実施を考慮します。
    実績:長野県立こども病院循環器科、京都府立医大小児科・小児内科、鳥取大学脳神経小児科、京都市児童福祉センター児童精神科、国立成育医療センターなど

概要・研究業績

対象

卒後臨床研修修了者、他科の研修医・常勤医で小児科医を目指す方

修了後の進路について

当研修を修了した者は、法人理事会の承認を経て、当科常勤医として就職することができる。更に当科部会の検討にもとづいて、当院に在職のまま高次専門医療機関への専門研修を修めることができます。

2000年業績

2001年業績

2002年業績

2003年業績

2004年業績

2005年業績

2006年業績

2007年業績

2008年業績

2009年業績

2010年業績

指導医・専門医資格

京都民医連中央病院

科長 尾崎 望 (1979年 京都大学卒)

副院長 松原 為人 (1986年 名古屋大学卒)

出島 直 (1987年 京都大学卒)

中尾 寛 (2004年 京都大学卒)

関連医療機関常勤小児科医

奥原 賢二  1975年 京都大学卒 腎臓外来担当、かどの三条こども診療所

玉本  晃  1979年 京都大学卒 神経外来担当京都協立病院

今井 博之  1982年 金沢大学卒 心臓外来担当、吉祥院こども診療所

菅野 知子  1980年 京都府立医科大学卒 子育て支援外来担当、かみの診療所

森山 愛子  1998年 宮崎医科大学卒、吉祥院こども診療所

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575