Home > 医学生・研修医向け情報 > 募集要項 > 後期研修医募集要項 > 消化器外科

後期研修医募集要項

消化器外科

日本外科学会研修認定施設
日本消化器学会認定関連施設
日本大腸肛門病学会認定施設

診療科概要

A. 消化器外科

良性疾患:虫垂炎、鼠径ヘルニア、胆石、胆嚢ポリープ、イレウス、消化管穿孔

悪性疾患:胃がん、大腸がん、肝がん、膵臓がん、胆管がん、胆嚢がんなど

B. 大腸肛門外科

良性疾患: 脱肛、肛門狭窄、痔瘻、大腸無力症、直腸型排便障害、IBD、IBS

悪性疾患:直腸がん、肛門がんなど幅広い分野を経験することができます。特に、腹腔鏡下手術を
積極的に取り入れ、大腸がんでは約80%を鏡下手術で行っています。日本大腸肛門病学会認定施
設のため、肛門科の手術も年間300 例以上は経験できます。

 

研修目標・方向性

 

研修期間

3 年を基本とするが、希望に応じます。

 

研修目標(一般目標)

  1. 消化器外科手術の適切な(時間的、適応)臨床判断、問題解決ができるようにする。
  2. 消化器外科手術を安全に実施できるようにする。

 

研修目標(行動目標)

  1. 消化器外科における診断の基本的知識と手技の習得
  2. 消化器外科における治療方針の決定
  3. 消化器外科領域における手術手技の習得、合併症対策
  4. 消化器外科患者様の栄養管理を術前評価から、退院後の生活まで行う
  5. 消化器外科患者様の緩和ケアを病期に関わらず行う
  6. 高齢者は高齢者総合機能評価を行い患者様のQO L 向上に努め、ご家族の負担を軽減させる方略を練る。
  7. 社会人として、医学のプロとして他のスタッフと友好的にチームを形成し、リーダーシップをとることを心がける。
  8. 患者様及びそのご家族とコミュニケーションをとり、成長し合える人間関係をつくる。
  9. 日本外科学会専門医取得に必要な学会発表(年間1 件)や論文執筆(3 年間で1 件)

 

方略

  1. スタッフとチームを形成し、主治医として患者様、ご家族に責任を持ち研修目標を達成できるようにする。
  2. 主体的に学び、カンファレンスや手術の場を活用しながら指導医の知識や経験を吸収していく。

 

週間スケジュール例

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日(隔週)
術前カンファ     術前カンファ    
午前 手術 外来研修 手術 手術 手術 病棟/ 救急
午後 手術 病棟 病棟カンファ 手術 手術/ 病棟  
    化学療法カンファ    

 

消化器外科 後期研修案内

消化器外科 後期研修案内(PDF:1.2MB)

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575