Home > 医学生・研修医向け情報 > 募集要項 > 後期研修医募集要項 > 精神科

後期研修医募集要項

精神科

日本精神神経学会精神科専門医制度における研修施設

特色・理念

京都民医連精神科には京都民医連中央病院、京都民医連太子道診療所、京都民医連第二中央病院というフィールドが存在する。そこには精神科独自の病棟や病床はないが、外来や一般病床において様々なニーズおよび精神疾患を抱えた幅広い層の患者がおり、日々対応を求められている。 単科の精神病院とは異なる外来医療と各科の入院患者の精神的な問題に応じるリエゾンコンサルテーション、この二つが私たちの活動の中心である。 年齢で言えば思春期青年期から老年期まで、疾患で言えば統合失調症、気分障害、ストレス関連疾患、発達障害、パーソナリティ障害、各種不安障害、依存症、認知症など様々な疾患の診療を行い、領域で言えば身体疾患に伴う精神医学的問題、緩和ケア、回復期リハビリテーションで生じる問題など、様々な現場に対応している。 これら総合病院精神医学・地域精神医療はいずれも他科の医師や他のスタッフとの緊密でスムーズな連携や協力が必須となる。また医学的治療だけではなく、心理療法やケースワーク、リハビリテーションなど種々の援助を組み合わせる必要があることから、全体を俯瞰して治療を組み立てる能力、ケアマネジメントの能力が求められる。  近年の趨勢として精神医療の主たる場が入院中心から地域へと移行しつつあるが、京都民医連精神科も地域の中にある医療機関として患者の生活環境や生活状況を理解し、地域での生活を支えていく視点・実践が求められており、日々他のスタッフとこれを行っている。 専攻医研修はこのような特色を活かして、基礎的かつ総合的な臨床能力を持ったオールラウンドに診療を行える精神科医を育てることが目指される。 そして精神科医としての基本的臨床能力を身につけた後には、各医師の指向性や特性を活かし、特定の精神療法を深く学んだり、児童精神医学など特定の領域のサブスペシャリティーを身につけるための専門研修を受けることも可能である。 専門研修の詳細については個別相談の上、規定に則り、精神科医師部会等関係諸会議での協議を経て決定される。  専攻医研修の概略は、研修初期は精神科病棟での入院患者の診療から始めることが、安全面・効率面において合理的と考えられことから、専攻医研修1年目は吉田病院での病棟研修が中心となる。 2年目からは病棟研修に加え外来で診療を行い、より幅広い疾患、病像を研修対象としていくことになる。3年目からは、期間や内容については検討することになるが京都での研修を加えていくことになる。 3年目の研修では吉田病院と京都の病院の違いを経験しつつ、総合病院精神医学・地域精神医療という京都での医療実践のイメージを少しずつ作る事になる。  実際には研修を受けながらそれぞれの医師が自らの特性や指向性、希望に気づき、将来の精神科医師像を描いていくであろうし、結婚や子育て、介護などライフサイクルに応じた無理のない働き方をその都度検討する必要がある。 京都民医連精神科として、長期的なスパンに立って、また個人の指向性や興味をも考慮し、研修医本人とも相談しながら可能な限り弾力的に研修を行えることを目指すとともに、生涯にわたって良質の精神医療が提供出来る医師を育て、互いに研鑽することを目標としている。

目標・プログラム

目標

  1. 総合病院(それに準ずる一般病院)や診療所における多様なニーズに一般的な水準で対応出来る精神科医としての基本的な態度、思考、技術、知識を獲得する
  2. 院内においては他科、他職種の職員と、そして院外においては他医療機関や福祉機関、行政機関などと必要な連携をとりつつ協同作業が進めることができ、時にはチームリーダーとしての働きが出来るようになる
  3. 精神保健指定医の資格、日本精神神経学会専門医の資格の取得

場所

期間

3年間

プログラム

指導体制
近畿地協で協力し指導体制を構築する

【取得可能な資格等】2014年の時点で

指導医・専門医資格

京都民医連中央病院

科長 安東 一郎 (1984年 高知大学卒)

京都民医連第二中央病院

科長 伊藤 明 (1979年 大阪大学卒)

近藤 悟 (1996年 京都府立医科大学卒)

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575