Home > 医学生・研修医向け情報 > 募集要項 > 後期研修医募集要項 > 整形外科

後期研修医募集要項

整形外科

日本整形外科学会専門医制度研修施設

特色・理念

  1. 広範にある運動器疾患について治療する整形外科は急速に進歩しており、確立された診断治療技術を第一線医療で十分に提供できるよう努める。
  2. 経済的社会的に様々な困難を持つ患者様にも差別なく上記の医療が提供できるよう努める。
  3. 総合リハビリテーション施設の条件を活かし他職種の協力で早期のリハビリテーション、社会復帰を図る。
  4. その中での医師は特定分野に偏らず、技術的にも集団医療の中心としても総合的な力量の育成に努める。京都民医連のセンター病院であり、他院所からの紹介を含めた手術件数が多いのが特徴であり、年間約500件の手術を行っている。人工関節や脊椎や外傷という多彩な内容になっている。

目標・プログラム

整形外科の進歩は急速で、多岐にわたるものであり、6年間での専門医資格取得含め10年程度の臨床経験が全般的な習得には必要であると考えられる。 当院での専攻医研修はその第一歩であり整形外科全般での基礎的力量の構築を目標とする。当院での初期研修者は2年次選択研修開始時点からの整形研修開始が可能である。

プログラムとその後の進路

整形外科の対象は外傷、脊椎疾患、関節、手など広範囲にわたり、専門分化していく方向にあるが、まず私たちは整形外科全般に渡って基礎的な力量を十分習得することを目標とする。 その上で専門医資格を取得する6年間をおおよその目処にその後専門分野を持っていくことが妥当と考える。

  1. 整形外科全般にわたる力量は、発展著しい整形外科の、確立された各分野の最先端から遅れることの無いよう常に内容を発展させる必要がある。そのために自己完結型の研修に陥らず、外部での研修を研修期間の中に積極的に取り入れる。また、学会発表など外部との交流を重視する。
  2. 整形外科は診断、保存的治療、観血的治療、リハビリテーションを一貫して担当する科であり、全局面での修得を目指す。特に外来診療での診断・治療方針の決定の力量の修得を重視する。
  3. 患者様の早期治癒、早期社会復帰を目指す上で、看護師、リハビリテーションスタッフ、MSWなど多職種との民主的な集団医療は必須である。医師の基礎としての初期研修は終了しているが、希望があれば内科、麻酔、救急など補充研修も検討する。

上記の方針に基づいて研修プログラムを策定するが、以下のプログラムはおおよその原則であり、各医師の状況・希望により弾力的に運用されるものである。

1. 整形外科研修開始時期

 基本的には初期研修修了者を対象とするが、京都民医連中央病院での研修者は二年目途中の整形外科研修開始も可能となる。なお、初期研修中の外科研修は厚労省規定でも狭義の外科ではなく、プライマリーな内容での整形外科的疾患外傷の研修も目標としており、そのために整形外科が積極的に参加し研修内容を充実させていく。

2. 第一期整形基礎研修期間1年間

3. 第二期整形外科2~3年

この期間の詳細な獲得目標は整形外科学会研修目標に準拠し別途細則として策定する。

4. 第三期外部研修2~3年

上記目標の更なる確立・経験の幅を広げ多面的な力量を向上させるため、民医連内外の施設での外部研修を行う。

第二期研修修了後は個人の希望に応じて、他施設に移動するか帰任を前提に外部研修を行い、常勤医として帰任するかの選択が可能である。なお、第二期と第三期の順、つまり外部研修の時期は弾力的に運用する。こののちに整形外科学会専門医資格を取得する。

5. 専門研修

以上の研修終了後、脊椎・関節・手・リウマチについての専門分野の志向を検討し、様々な形態の専門研修を検討する。研修の形態・時期・期間については弾力的に運用する。なお専門分野を持った上でも整形外科全般を担当し、専門分野のみの活動に陥らないことを重視する。

概要

近年の外部研修派遣では、2004年度から2005年度に1名がフランスボルドー大学での最小侵襲脊椎外科の研修、2006年に千葉で肩中心に鏡視下手術の研修、2009年から2010年に三方原病院に1年間の後期研修を行っている。

主な特徴

人工関節50例

人工膝関節は3週間でのクリニカルパスでの退院をめざしている。

脊椎手術80例

MEPモニタリングを導入して、安全で低侵襲な脊椎手術に取り組んでいる。特に経皮の固定術の症例を増やしている。

中途での移籍・中途からの受け入れ

上記骨格を基本にしながら、他機関や他の民医連での研修を行った上での途中からの参加も積極的に受け入れる。むしろ積極的に交流を進め、お互いの力量向上を図る立場から相互の研修乗り入れを進めていく。

指導医・専門医資格

京都民医連中央病院

副院長 東 正一郎 (1975年 京都大学卒)

整形外科科長 中川 洋寿 (1989年 滋賀医科大学卒)

診療部副部長 松本 孝 (1979年 京都大学卒)

村上 純一 (2005年 大阪医科大学卒)

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575