Home > 医学生・研修医向け情報 > 募集要項 > 後期研修医募集要項 > 産婦人科

後期研修医募集要項

産婦人科

日本産婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
母体保護法規定による指定医の研修機関
日本周産期・新生児医学会暫定研修施設(補完施設)

特色・理念

目標・プログラム

研修プログラム

期間:3年間( 研修状況により、短縮もしくは延長することがある)
この期間内の6ヶ月以上を総合型専攻医指導施設であ る京都府立医科大学附属病院産婦人科にて研修を行う。

1年次

周産期:正常分娩経過・正常産褥・正常新生児の管理
帝王切開術の執刀
流早産の管理と治療
病棟におけるハイリスク妊娠・分娩の管理と治療
外来の妊婦検診の担当

婦人科:婦人科における救急医療の診察・検査・治療
子宮卵管造影・コルポスコピー・子宮鏡の検査手技の習得
子宮筋腫・卵巣嚢腫等の婦人科良性腫瘍手術の執刀
病棟医として婦人科悪性疾患の手術助手・化学療法の実践
外来で婦人科再診外来を受け持つ
地方会での学会発表、実習医学生への指導

2年次

周産期:異常妊娠・分娩の管理と治療
外来の妊婦検診の担当
外来におけるハイリスク妊娠の管理

婦人科:婦人科腹腔鏡下手術の執刀
婦人科良性腫瘍手術の執刀
受け持ち症例により婦人科悪性腫瘍手術の執刀
外来の婦人科初診・再診外来の担当
不妊外来(および体外受精ユニット)での研修
日本産科婦人科学会での学会発表、ジュニアレジデントへの指導

3年次

思春期外来・更年期外来での研修
周産期・腫瘍・内分泌生殖分野への各自の希望にそった研修プログラムの作成(院内・院外含む)
日本産婦人科学会専門医試験の受験
年に1回以上の学会発表と論文作成、シニアレジデントへの指導

概要

対象

修了後の進路について

指導医・専門医資格

京都民医連中央病院

科長 中村 光佐子 (1995年 滋賀医科大学卒)

古板 規子 (2004年 宮崎医科大学卒)

山西 歩 (2009年 京都府立医科大学卒)

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575