Home > 医学生・研修医向け情報 > 募集要項 > 後期研修医募集要項 > 神経内科

後期研修医募集要項

神経内科

日本神経学会教育関連施設

特色・理念

京都民医連中央病院は、地域の救急病院として、関連病院及び地域の各診療所のセンター病院としての役割を担っている。 神経内科診療に必要な画像検査(SPECT、MRI、CT、頚動脈エコーなど)、神経電気生理検査、神経心理学的検査、病理検査など医師と各部門技師の協力により日常的に行っている。 精神神経科、小児神経科、整形外科などとは積極的に連携している。 京都民医連第二中央病院は、日本神経学会教育施設を取得しており、神経内科専門医・指導医2名が診療に当っている。地域医療・高齢者医療を重視しており、神経難病患者の在宅医療に積極的に取り組んでいる。 2014年4月には、在宅人工呼吸管理中のALS2名の訪問診療を行っている。また、増加する認知症に対応すべく精神科と協力してもの忘れ外来を開設した。  また、両院とも神経疾患をはじめとしたリハビリテーションに力を注いでおり、入院早期からリハビリテーションを開始し、急性期・回復期・維持期・在宅リテーションまで幅広く対応している。

目標・プログラム

社会人口の高齢化とともに、脳血管障害やパーキンソン病などの老化と密接に関連した神経内科疾患が増加している。 今後もその増加が確実視され、神経内科医の不足が予測される。当院では、脳血管障害などの神経内科疾患の救急と専門医療を担当できる神経内科医を多く育成することを急務の課題と考えている。 当院では専攻医研修を通して、①脳血管障害や炎症性疾患などの救急に習熟すること、②アルツハイマー病やパーキンソン病などに早期からの適切な対応を習得する、③頭痛やめまいなどの神経内科領域のcommon diseaseに対しても適切に対応できる、
④リハビリテーションを深く理解し、神経疾患の在宅ケアにも適切に対応できる神経内科専門医を育てること、を目標としている。尚、本研修に参加できる医師は初期研修2年以上を修了しているものである。

神経内科後期研修プログラム

 基本的には京都民医連中央病院でも京都民医連第二中央病院でもほぼ同じ内容のカリキュラムを組んでいる。 相互の研修の乗り入れも可能。施設認定の関係から、京都民医連第二中央病院が主たる研修施設となる。

1. 専攻医研修1年目

神経内科入院患者の主治医として指導医のもとで診療に従事する。本年度には、(1)脳血管障害などを中心に神経内科学の基本を習得する、(2)神経内科テキストの通読を行う。

1年間の研修内容は、神経学的診察法、検査プランのたて方、診断法、治療法、神経内科救急の対応法の習得と神経内科外来での問診聴取診察の担当である。また、週1回の神経内科回診(水曜日午前9時から12時)と神経内科カンファレンス、文献抄読(月曜日午後2時から5時まで)を行う。

臨床神経生理分野については、筋電図一般と脳波について、当院または京都民医連第二中央病院で隔週1単位ずつ研修する。

外来は週1~2回神経内科外来にて新患数名の予診の聴取と診察を行い担当医より指導を受ける。  神経放射線は受け持ち患者に加えて、神経内科回診とカンファレンスでの対象患者について、CT、MRI、SPECT、頚動脈エコーの画像を指導医とともに判読する。 また、放射線科と生理検査室で各10単位の研修を行う。  週1回のリハビリテーションカンファレンスに参し、受け持ち患者についての議論を通して、リハビリテーションの処方の仕方と進め方に習熟する。 また、受け持ち患者のリハビリテーションの現場に付き添って、指導医、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の指導のもとで実際の手技を習得する。 さらに、リハビリテーション療法の習得のために10単位のリハビリテーション課での研修を行う。  神経疾患の在宅治療の方法を研修するために、本年度または専攻医研修3年目に週1単位の往診を行う。  京都民医連神経内科・リハビリテーショングループカンファレンス(京都民医連第二中央病院にて第4火曜日午後7時30分より行っている)に参加する。 その他、それぞれの病院で週1回行われる内科カンファレンス、内科文献抄読会に参加する。。

2, 専攻医研修2年目

原則として院外研修を行い、日常診療では経験しがたい症例についての診療の研修を行う。また、神経内科領域での再生医療などの最新の治療法、診断技術について研修する(ただし、研修の時期については必ずしも2年目に限定せず、時期の変更はありうる)。

関連他科(脳神経外科、放射線科、小児神経科、病理)を関連病院にて研修する。

3. 専攻医研修3年目

神経内科の病棟主治医として診療する。また、専攻医研修1年目の医師を指導する。外来は指導医とコンサルトできる体制のもとで週1回の神経内科外来を担当する。 神経電気生理は指導医の指導のもとに、実際に自分で検査を行う。画像検査は独力で判読し、必要に応じて指導医や放射線科医の意見を求める。

概要

専攻医研修修了後

神経内科の病棟主治医として単独で診療を行う。外来は週1回の神経内科外来を担当する。卒後7年目に日本神経学会神経内科専門医試験を受験する。
尚、専攻医研修の開始は初期研修2年を修了した卒後3年目以降である。

短期研修コース

専攻医研修プログラムとは別に、神経内科を集中して研修することを希望する医師向けに設定するコースである。期間は6ヶ月から1年で、希望する研修の内容と診療経験年数に応じて適宜決定する。研修の開始時期は不定期とする。

研修修了後の進路

京都民医連所属の各病院で神経内科常勤医として、勤務ができる。

研修施設(2014年4月現在)

指導医・専門医資格

京都民医連中央病院

科長 中村 慎一 (1978年 京都大学卒)

四方 裕子 (1996年 高知大学卒)

神経内科顧問 齋田 孝彦 (1966年 京都大学卒)

京都民医連第二中央病院

院長 磯野 理 (1982年 滋賀医科大学卒)

医長 中村 紀子 (1978年 京都大学卒)

京都協立病院

院長 門 祐輔(1980年 京都大学卒)

その他の関連病院にも神経内科専門医と関連学会の専門医、認定医(リハビリテーション専門医、同認定臨床医)が勤務している。

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575