Home > 医学生・研修医向け情報 > 募集要項 > 後期研修医募集要項 > 循環器内科

後期研修医募集要項

循環器内科

日本循環器専門医研修施設

特色・理念

京都民医連では循環器分野を総合的に診ることができる医師の養成に力を入れ、高度の医療施設の無い診療所レベルでも十分に高い内容の診療が可能な医師の育成をめざしている。もちろん循環器疾患のみならず、患者起源の医療を展開する精神を養い、内科学全般に至る力量の向上もめざす。

目標・プログラム

年次プログラム例(3年間コース)

1. 循環器内科1年次

2. 循環器内科2年次

3. 循環器内科3年次

外部研修制度

概要

各院所の診療実績は以下の通りです。希望にあわせる形で、心臓カテーテル検査および冠動脈形成術などの治療学を主として学ぶコースや循環器physical examinationや心エコー、不整脈を中心として診断学を主として学ぶコースなどに分けて3年間の研修予定を組んでいきます。

  2012年度 2013年度
冠動脈造影(緊急CAG) 413(32) 457(30)
PC(I 緊急PCI) 118(17) 142(14)
IABP/PCPS 5/0 5/2
末梢血管内治療 75 79
電気生理学検査/ペースメーカー 4/27 2/29
下大静脈フィルター 8 8
総手術件数 252 272

その他の検査:心筋シンチグラム240運動負荷心電図(中央病院)269外科転科症例に関しては、現在心臓外科手術は施行していないため、開心術を要するケースは主として京都府立医科大学や京都大学、三菱京都病院などの心臓血管外科へ紹介している。

研修施設

  カテーテル装置 内科学会施設認定 循環器学会施設認定
京都民医連中央病院 教育病院 研修施設

指導医・専門医資格

指導体制

京都民医連中央病院

院長 吉中 丈志(1978年 京都大学卒)

副院長 四方 典裕(1996年 高知大学卒)

診療副部長 垣尾 匡史(1990年 京都大学卒)

藤野 高久(2002年 島根大学卒)

循環器内科科長 林 賢三(1995年 京都府立医科大学卒)

鳥橋 貞好(2005年 滋賀医科大学卒)

内科科長 高橋 朗(1988年 京都府立医科大学卒)

吉祥院病院

院長 清洲 早紀(1984年 京都大学卒)

池野 文昭(1980年 京都府立医科大学卒)

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575