Home > 医学生・研修医向け情報 > 募集要項 > 後期研修医募集要項 > 腎臓内科

後期研修医募集要項

腎臓内科

日本腎臓学会研修施設
日本透析医学会認定医制度教育関連施設

特色・理念

京都市の西北側(JR山陰線円町駅から徒歩5分)に位置する本院の腎臓内科は、市内を横断する丸太町通りを中心としたエリアのおおよそ西半分をその診療圏としています。

腎疾患の急性期から腎不全期までを総合的に診療できる病院は本院しかないため、京都民医連内の病院・診療所はもちろんのこと、地域の開業医からの紹介や京大病院や府立医大病院からの紹介も積極的に受け入れています。

本院では、腎臓内科は腎疾患診療だけではなく、血液透析を中心とした血液浄化療法全般を担い、ICUに準ずる病棟での急性血液浄化療法も担当しています。腹膜透析も行っています。

また、糖尿病が透析導入の原因疾患の第一となっている現状に立って、糖尿病診療にも関与しています。腎臓が反応の中心臓器となる膠原病や血管炎などの疾患にも従事しています。

本院病理科は電子顕微鏡を有しており、光顕標本から蛍光抗体、電顕標本まですべての標本作製を院内で実施し、組織診断までを一貫して行い、腎生検診断は腎臓内科医が担当しています。毎月1回、腎生検カンファレンスを腎臓内科医、病理医、臨床検査技師の参加で開催しています。

なお、当院の透析診療は前身の右京病院時代の1970年から始めています。開設当初から府立医大で始められた腎移植治療に積極的に関わり、移植患者の紹介ばかりでなく、移植後透析再導入例も受け入れています。

学会の研修プログラムをきちんと踏まえて行うことは勿論として、いちばん強調しておきたいことは、受身の研修ではなく、少しでも日々の診療内容が向上するように、新しい診療技術の導入とその育成を一緒に力を合わせて作っていく能動的な研修でありたいということ。私たちは現状の水準に満足はしておらず、そのために診療技術の向上と新しい技術の導入に積極的に取り組んでいる。

私たちの考える腎臓内科のイメージあるいはあり方を列挙してみる。

  1. 腎臓内科はチーム医療の実践である。
  2. 腎臓内科は健診段階から人工臓器治療・移植医療(本院では移植治療は行っていないが)まで幅広い領域をカバーしている。
  3. 腎臓内科はあらゆる科の重症期、終末期合併症としての腎不全診療に関わっている。
  4. 透析医療に従事することにより、副甲状腺機能亢進症のような内分泌疾患、透析骨症などの骨合併症や整形外科疾患への対応、多発する循環器合併症や感染症、透析アミロイド症などの代謝変性疾患、ACDKに合併する腎癌に見られる悪性腫瘍の合併、掻痒症などの皮膚疾患などなど、実に多彩な合併症への対応能力が求められる。総合内科的な力量ばかりでなく、内科以外の科に関わる合併症にも対応する知識と経験が必要という特色がある。
  5. 腎臓内科医はコーディネーター上手が大事。

目標・プログラム

  1. ふたつの専門医資格を取得する。すなわち、日本腎臓学会の腎臓専門医と日本透析医学会の透析専門医の資格である。どちらも認定内科医取得後3年の臨床経験と研修が必要。
  2. 腎臓病あるいは腎合併症の診断、治療の基本的診療能力を身に付ける。
  3. RPGNや急性腎不全などの急性期治療や腎障害を合併した重症期治療の経験を積む。
  4. 外来で腎炎・ネフローゼや腎不全管理を行える。
  5. 透析導入を計画的に行い、慢性透析に円滑に移行できるようにチーム医療を進めることができる。
  6. 医療福祉制度にも一定の知識を持ち、患者指導ができる。患者組織(本院には透析前腎臓病患者組織として「あじさい会」、透析患者組織として「さつき会」がある)にも積極的に関与する。
  7. このために必要な診療技術の習得を行う。尿沈査所見、腎臓の画像診断(特に腹部エコーについては実際に施行できる)、腎生検技術、腎生検組織の診断、ブラッドアクセスの作製(手術は助手を務める)と管理技術(穿刺は十分な技術を身に付ける。シャント造影やPTAを経験する)、CAPD症例の経験、カテーテル挿入手術に関わる、外シャントの使用経験。

研修プログラム

1年目

入院症例を担当することによって、腎疾患診療の基本を学習する。20例以上。 腎炎、ネフローゼの基本的な治療を習得する。 指導医の元に透析を1単位受け持ち、外来透析管理の基本を学ぶ。 穿刺技術については1年でおおむね習得する。 透析用カテーテルの挿入技術も習得する。 いくつかの腎透析関連の手術や検査に立会い、基本的事項について学習する。 症例報告を1題は行う。

2年目

重症例や緊急透析導入を受け持ち、主治医として基本的な対応ができるようになる。 腎生検については助手ができるようになる。 指導医の下に外来を1単位担当する。主に受け持ち入院症例を中心に行う。 透析単位を指導医なしで受け持つ。管理医師は別にある。 シャント手術に助手として入る。10例以上。 症例報告を日本腎臓学会西部部会あるいは透析医学会に1題は行う。 患者教育を講師として行う。

3年目

1年目を指導しながら透析単位を受け持ち、主治医としての役割を担う。 腎臓外来を1単位受け持つ。初診患者や紹介患者の初診対応を行う。 腎生検については術者として生検を行う。 希望者はシャント手術の術者の経験を積む。 シャントPTAについても術者あるいは助手として経験する。 患者教育およびスタッフ教育を講師として行う。

カンファレンスなど

  1. 毎週水曜日に急性血液浄化カンファレンスを行っている。
  2. 隔週木曜日午後に腎抄読会を行っている。
  3. 毎月第1木曜日夜に腎生検カンファレンスを行っている。
  4. 毎月第3木曜日夜に心腎カンファレンスを行っている

概要

腎臓内科医(透析診療にも従事) 4名
(この外 常勤泌尿器科専門医2名)
腎臓外来(3名で担当) 週5単位(夜診1単位)
透析室(別館2階) 透析台数43台。患者数170名前後。
夜間透析も週日施行。
透析室看護師 21名 臨床工学技師 9名
ICU透析 透析台数4台。
血液浄化治療の内容:HD、HDF、CHDF、PE(DFPP)、PMX、LDLアフェーレシス、GCAP、LCAP

年間透析導入数

07年19人 08年20人 09年24人
10年24人 11年28人 12年20人 13年12人

年間腎生検数

04年度18件 05年度7件 06年度20件
07年度25件 08年度22件 09年度19件 10年度25件 11年度16件 12度年23件
13年度12件 

京都民医連では、腎透析医療は中央病院のほかに、京都の東に位置する京都民医連第二中央病院と鴨川沿いにある川端診療所の二つの施設でも行われている。

〈第二中央病院〉 透析台数 10台
〈川端診療所〉 透析台数 35台

オンラインHDFも実施している。

指導医・専門医資格

京都民医連中央病院

腎透析科科長 木下 千春 (1996年 島根大学卒)

総合内科科長 神田 千秋 (1973年 京都大学卒)

集中治療科科長 井上 賀元 (2001年 滋賀医科大学卒)

神田 陽子 (2000年 信州大学卒)

京都民医連第二中央病院

武下 清隆 (1986年 府立医科大学卒)

武田 英希 (2004年 京都大学卒)

川端診療所

所長 田中 義浩 (1994年 関西医科大学卒)

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575