Home > 医学生・研修医向け情報 > 募集要項 > 後期研修医募集要項 > 内科3年目(後期研修1年目)研修

後期研修医募集要項

内科3年目(後期研修1年目)研修

日本内科学会認定制度教育病院
日本プライマリ・ケア学会認定医研修施設

特色・理念

京都民医連の内科は、第一線の地域医療機関として、京都民医連中央病院(臨床研修病院)と関連病院(京都民医連第二中央病院・吉祥院病院・京都協立病院)および京都市内・府内の診療所群と地域医療ネットワークを形成している。 内科系専門学会では専門医取得の要件として内科認定医の資格を必要としていることもあり、内科専門分野に進む前に総合的内科臨床力をより高め、内科認定医を取得した後内科専門分野の専攻医研修へ進めるように、内科認定医を取得するために内科3年目研修を位置づけている。

目標・プログラム

1.一般目標(GIO)

初期研修と内科専門分野の後期研修の橋渡しとして、内科診療全般についての総合的臨床能力を向上させ、質の高い地域医療が実践できる。

2.行動目標(SBO)

3.位置づけおよび目標

  1. 内科専門分野に進む前に、総合的内科臨床力をより高めるために内科3年目(後期研修1年目)を位置づける。
  2. 3年次修了時点、具体的には4年目の7月に内科認定医を取得することを目標とする。
  3. 地域の第一線医療の幅広いフィールドで、病棟医療のみならず、外来・在宅医療も含めた全面的なプライマリ・ケアを担えるようになる。
  4. 将来すすみたい方向を選定し、それぞれに照らした認定医、専門医取得を視野に入れた学習を積む。そのための専門分野研修を一部取り入れることも可能とする。

概要

1.対象

2.方略

京都民医連中央病院で半年、関連病院で半年の研修を基本とする。関連病院での1年間の研修も可とする。

京都民医連中央病院での研修

関連病院での研修

3.評価

担当指導医1名に定期的形成的評価を受ける。
内科学会地方会への発表と、内科認定医取得試験で評価を受ける。

4.修了後の進路について

当研修を修了した者は、内科専門分野の後期研修(後期研修2年目)に進む。

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575