研修プログラムの特徴

Home > 医学生・研修医向け情報 > 募集要項 > 後期研修案内 > 研修プログラムの特徴

研修プログラムの特徴

研修プログラムの特徴

 

会長 尾崎望

京都民主医療機関連合会
会長 尾崎 望

地域こそ教材の宝庫

私たち京都民医連が研修医の養成を始めて40年になります。その歴史で大切にしてきたもの、大学や多くの臨床研修病院にないもの、それは地域とのつながりです。家族、地域、経済状況などで様々な困難を抱えた人たち、その中に思わぬ難病や重症疾患が隠されていたりします。私たちが身につけた技術をこういう場面でしっかり役立てていきたいと考えています。

京都民医連には、京都府下の4病院、27医科診療所と特別養護老人ホーム、老人保健施設、多くの訪問看護・訪問介護ステーションや、薬局などが加盟し、それぞれの地域の第一線で医療・介護・福祉を日々支えています。京都民医連の後期研修のすべての科に共通する方向性は、総合力を重視する研修とその基礎の上に構築する専門力です。これらの力は地域の第一線の医療現場においてこそ培うことができると考えています。

 

地域医療イメージ

 

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575