Home > 医学生・研修医向け情報 > 募集要項 > 後期研修医募集要項 > 精神科

後期研修医募集要項

精神科

日本精神神経学会精神科専門医制度における研修施設

特色・理念

京都民医連精神科は、現在6名の常勤スタッフを有している。主には2つの病院(京都民医連中央病院、京都民医連第二中央病院)、1つの診療所(太子道診療所)に常勤医を配置し、診療および病院病棟のコンサルテーションを行っている。

特色としては、診療を行っている施設を取り巻く諸条件を反映し、極めて広範な病態の患者の診療に当たっていることが挙げられる。

尚、近畿地域の精神科研修については吉田病院(奈良)で行っている。

現在の日本では、家庭や地域、学校や職場等において精神的健康が損なわれる事態が多発しています。働くひとびとの生命と健康を守るという民医連の立場から、こうした状況を鑑みれば、国民の精神的健康を指向する精神科医を積極的に養成し、安全かつ信頼に足る精神医療を広く国民に提供する努力を民医連は重ねていかなければなりません。

この間、努力規定として国会決議を経たにも関わらず長年放置されていた卒後臨床研修が国の責任として法整備とともに義務化され、この研修プログラムの中には精神科研修も含められました。

私たち民医連は、国民の精神的健康に資する精神医療を真摯に展開し、高い見識と情熱をもって精神科医の養成に当たっています。

目標・プログラム

  1. 自己成長する臨床精神科医としてのアイデンティティを確立する
  2. 一般精神科臨床における総合的臨床能力を獲得する
  3. 民主的集団医療のチームリーダーとして機能するために必要な能力を獲得する
  4. 地域における精神保健活動に必要な能力を獲得する
  5. 精神保健指定医および精神神経学会専門医取得を目指す

概要

吉田病院精神科基礎研修プログラム

目標

  1. 自己成長する臨床精神科医としてのアイデンティティを確立する
  2. 一般精神科臨床における総合的臨床能力を獲得する
  3. 民主的集団医療のチームリーダーとして機能するために必要な能力を獲得する
  4. 地域精神保健活動に必要な能力を獲得する
  5. 精神保健指定医および精神神経学会専門医取得を目指す

行動目標

  1. 1年目の到達目標: 入院患者の診療ができる
  2. 2年目の到達目標: 外来患者の診療とリハビリテーションの指示ができる
  3. 3年目の到達目標: 臨床精神科医として広範な知識を学習し、治療チームを運営する研修方法

研修方法

1. 基本構造

  1. 精神科患者の主治医として主体的にこれの診療を担う
  2. 目標の獲得に必要な時間および手段はこれを保障する
  3. 研修医は定期的に指導医のスーパーバイズを受ける

2. 病棟研修

  1. 1年目は毎日病棟単位を保障する
  2. 原則として週1回行われる急性期治療病棟の回診に参加し、診察を見学するとともにレビューに参加する
  3. 病棟カンファレンスを定期的に行う
  4. 月次ないし年次に応じて、研修医の担当入院患者数を検討する

3. 当番医(緊急・当直)研修

  1. 研修開始後緊急医見習いとして上級医に帯同し、最低限の緊急医業務・対応を習得した後、週1ないし2日の 緊急医を担当する
  2. 研修開始後最低4回の輪番当直に帯同し、最低限の当直医業務・対応を習得後、当直を担当する
  3. 研修医は原則として各々に固定して割り当てられた曜日の当直を担うことで、週1回程度の当直を経験するものとする。但し、過重な負担とならないよう、プログラム責任者および指導医がその頻度を適宜検討する

4. 外来研修

  1. 特に1年目は、可能な限り上級医の外来診察に陪席する
  2. 1年目は可能な限り外来初診患者の予診を担当する
  3. 1年目は自身が入院治療を担当した患者の退院後外来通院についてのみ外来診療を担当し、初診および代診は担当させない
  4. 原則として2年目より週1ないし2単位の外来を担当する
  5. 原則として3年目には自県連において週1ないし2単位の外来を担当する

5. 学習等

  1. 研修開始後1年までに基本的なテーマについて上級医の講義(クルズス)を受ける
  2. 原則として週1回開催される抄読会に参加し、文献を学習するだけでなく、適宜文献を紹介する
  3. 最近の精神医学の動向について学習することを目的とする
  4. 過去1年以内に発行された精神医学関連論文等を対象とする

6. 症例検討等

  1. 原則として週1回開催される症例検討会に全精神科医師とともに参加し、議論に参加するだけでなく、適宜症例を提示する
  2. 原則として週1回開催される研修医症例検討会に指導医とともに参加し、議論に参加するだけでなく、適宜症例を提示する
  3. 近畿地協精神科合同カンファレンスに参加する

指導医・専門医資格

指導体制

プログラム責任者

10年以上経験の精神科医師1名がこれを担当し、研修プログラムの作成、研修医の指導ならびに研修の管理を担う。指導医と適宜協議し、研修目標および指導方法を適宜明確化、具体化する

指導医

精神科診療に5年以上従事した医師を、研修医3名につき1名以上を配置。指導医は、研修プログラムに基づいて直接研修医を指導、評価し、プログラム責任者に報告する

副指導医

精神科診療に2年以上従事し、吉田病院に常勤する医師1名を配置。副指導医はプログラム責任者ならびに指導医と連携して研修指導を補助する。実地診療にあたっては、副指導医および対象患者を最もよく理解する上級医が適宜協力、指導する

京都民医連中央病院

科長 安東 一郎 (1984年 高知大学卒)

北村 隆人 (1993年 京都府立医科大学卒)

北村 婦美 (1996年 京都大学卒)

京都民医連第二中央病院

科長 伊藤 明 (1979年 大阪大学卒)

近藤 悟 (1996年 京都府立医科大学卒)

京都民医連太子道診療所

神経科科長 遠山 照彦 (1983年 京都大学卒)

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575