Home > 医学生・研修医向け情報 > 募集要項 > 後期研修医募集要項 > 消化器内科

後期研修医募集要項

消化器内科

日本消化器病学会認定施設
日本肝臓学会認定施設
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本超音波医学会認定超音波専門医研修施設

特色・理念

1. ジェネラルな消化器内科医

ジェネラルな消化器内科医とは一体どのような医師なのでしょうか。明確な定義はありませんが、我々以下のような医師像を考えております。

消化管、肝胆膵両方の分野の疾患の基本的な知識、診療技術、診断治療手技に精通する医師であること。

一方、大学病院、大病院での研修スタイルは、それぞれの臓器のスペシャリストの育成が主になります。例えば 消 化管でも食道、胃、大腸は所属をわかれて研修していたり、そこまで別れてなくても消化管、肝胆膵はわかれていることがほとんどです。

2. 知識だけではなく技術が必要な分野であると考えています

知識や経験は現在のインターネットによる検索やEBMの目覚ましい進歩で、先輩医師としての知識、経験は若いDrが調べてきたEBMの前であっというまに陳腐化してしまう時代となってしまいました。また医師としての成長を毎年自分で確認していくのは年数を追うごとにだんだん難しくなってきますし不安なものです。しかししっかりと指導され学んだ技術は自分を裏切りません。きっちりと研修すれば身に付いていく確実な実力となります。言い換えれば処置・手技をするところをみれば、その医師がどの程度の実力であるか消化器内科はある程度わかる分野でもあります。

消化器内科医はある意味、外科等の技術体系が研修プログラムの大きな部分を占める分野と似たところがある分野と言えると思います。

我々は確実に消化器内科医としての基本診断治療手技を身につけてもらいたいと考えています。

3. グループによる指導を行います

消化器内科医はカンファレンス、回診といった面だけでなく常に処置、手技は一緒に行いますので、研修の到達度を常にグループで確認しながら進めていきます。

目標・プログラム

1. 当科の紹介~ジェネラルな消化器内科医を目指す~

われわれ京都民医連中央病院消化器内科の目指す医師像としては、京都市内の医療状況、京都民医連中央病院の位置、病床数を考えジェネラルな力量を持つ消化器内科医が必要とされると考えており、当院に後期研修に来ていただいた医師にはジェネラルな消化器内科医に育っていただきたいと考えています。

また実際、世の中でも、最も質、量とも求められているのがジェネラルな消化器内科医であると考えます。

我々は当院での研修が終わられた時点で、どこの市中病院にいっても通用する知識、診療技術、診断、治療手技を身につけた消化器内科医を育てたいと考えております。

2. 後期研修プログラム

1. 後期研修1年目

総合内科研修を行っていただき内科医としての実力アップを図っていただきます。翌年の内科学会認定医資格取得をしていただくためにも、幅広い分野の内科症例を受け持っていただきたいと思っています。ただ消化器内科としての技術獲得は始めていただくように上部内視鏡研修は開始していただくことになります。諸事情にて消化器内科研修を1年目より始めたい方に関しては相談に乗らせていただきます。

2. 後期研修2 ~ 3 年目

消化器内科病棟の入院患者の主治医として指導医のもとで診療に従事します。

内視検査鏡等の基本的な検査手技を指導医のもとで研修します。

上部内視鏡検査 1~2単位/週

下部消化管内視鏡 1単位/週

特殊内視鏡(胃、大腸腫瘍内視鏡切除、超音波内視鏡、胆膵内視鏡) 2単位/週

血管造影、腹部エコー(造影エコー)、肝胆道系エコーガイド下穿刺手技 1~2単位/週

各種緊急内視鏡(内視鏡的止血術等)は適宜

3. 通年的に行われる研修

症例検討会は隔週で当院病理医参加のもと、さらに外部指導医を招聘して行っています。

当院が世話人となっている各研究会にも積極的に参加していただいています。

学会参加を行い、地方会、研究会において積極的に発表を行い、論文作成を行うようにしていただきます。

3. 手技等の研修到達目標一覧

食道

食道がんの診断(NBI、ルゴール散布、超音波内視鏡)、食道静脈瘤止血手技、食道がん狭窄ステント留置

※目標ではないが当院でできる処置) 食道早期ガンESD

※さらに高次医療機関に紹介) 食道がん放射化学療法

胃の疾患の基本的診断(上部消化管内視鏡技術、生検、色素散布、超音波内視鏡 等)

出血等の止血手技(クリップ、熱凝固止血、アルゴンプラズマ等)

胃ポリープ切除、内視鏡的胃瘻造設、胃がんに対する化学療法

※目標ではないが当院でできる処置) 胃早期ガンESD 胃静脈瘤止血(ヒストアクリル等) B-RTO 

小腸

小腸造影

イレウス管挿入

※さらに高次医療機関に紹介) 小腸ダブルバルーン内視鏡、カプセル内視鏡

大腸

大腸疾患の基本的診断技能(大腸内視鏡検査技術、超音波内視鏡等)、大腸ポリープ切除、大腸の緊急止血、大腸がんによる閉塞のコロレクタルチューブによる解除、炎症性腸疾患の診断・治療、大腸がんに対する化学療法

※目標ではないが当院でできる処置)大腸早期がんESD 炎症性腸疾患の免疫抑制剤使用等

肝臓

肝細胞がんの診断、治療手技(CT、MRIの読影、エコー、血管造影、CTA,CTAP,TAE、肝生検、RFA,PEI等)慢性肝炎にたいする治療(インターフェロン、抗ウイルス薬の使用)

急性肝炎に対する診断、治療<

※目標ではないが当院でできる処置) 肝動注ポート留置、化学療法

※さらに高次医療機関に紹介) 肝がん手術の一部、肝不全治療、肝移植

胆道疾患

胆道系感染の診断、治療(ERCP 関連EST,ERBD,PTCD,PTGBD等)

胆道悪性腫瘍の診断、治療(ERCP、EUS,IDUS,PTCD、メタリックステント 留置)

※さらなる高次医療機関に紹介) 放射線治療等

膵臓

膵癌の診断、治療(CT,MRCP読影、EUS,ERCP、化学療法等)

膵炎の診断、治療(急性膵炎の対応、高次機関への転院の判断等)

※さらなる高次医療機関に紹介) 膵がん手術、放射線化学療法、重症急性膵炎の動注療法

概要

1. 後期研修中に外部での研修も受けられます

外部との研修交流にて自らの研修をさらに充実させ、検証するという機会も持つようにしています。(ex.桂病院や京大消化器内科のカンファレンス参加。京大消化器内科よりカンファレンスに外部講師の招聘)

現在まだ制度の利用はありませんが半年間の後期研修中の外部出向研修制度もあります。

2. 後期研修後の進路

当院に常勤医として勤務していただくことになれば、さらなる研修制度として身分、給与が保障されて外部に専門研修1~2年に出向していただける制度もあります。現在までの研修実績としては東京女子医大消化器病センター、昭和大学藤が丘病院、国立がんセンター中央病院、大阪府立成人病センター、甲府共立病院、北海道勤医協中央病院などがあります。

また常勤医としても勤務しても週1単位の研修日の制度があります。

指導医・専門医資格

資格取得について

現在、日本消化器学会、日本消化器内視鏡学会、日本肝臓病学会、日本超音波医学会の指導施設を取得しており、中央病院での研修でそれぞれ専門医資格は取得できます。

まずは後期研修2年目で内科学会認定医資格を取得していただき、後期研修3年目の終了の次年度で最短で日本消化器病学会専門医取得を目指してもらいたいと考えています。

その他の学会資格は個人の希望に合わせて相談していくことになります。

指導医・専門資格と専門分野

京都民医連中央病院

副院長 西田 修 (1977年 京都大学卒)

科長 田中 憲明 (1991年 滋賀医科大学卒)

内視鏡室長 木下 公史 (1996年 島根大学卒)

水島 麻衣子 (2005年 奈良県立医科大学卒)

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575