Home > 医学生・研修医向け情報 > 募集要項 > 後期研修医募集要項 > 外科

後期研修医募集要項

外科

日本外科学会専門医制度修練施設
日本消化器外科学会認定関連施設
日本呼吸器外科学会関連施設
日本乳癌学会関連施設
日本大腸肛門病学会認定施設

特色・理念

一般病院の外科医養成(総合臨床外科コース)、専門科のスタッフ養成(消化器外科、胸部外科、乳腺外科コース)、開業医養成(総合臨床外科女性外科コース)、外科専門医取得は全てのコースで可能です。

目標・プログラム

1. 地域医療の担い手となる医師養成

地域のニーズに応えていけるような医師を養成を行う。従って、手術の技術修得に留まらず、保健予防活動から終末期医療まで視野に入れた研修内容になる。研修期間中に患者様を全人的に捉えられるように指導していく。

2. 他科との連携のなかで力を発揮できる医師養成

当院外科には消化器外科、乳腺外科、呼吸器外科の担当医師がいる。

実際の診療は患者様の抱えている問題を解決したり、患者様のニーズに応えていくことが重要。患者様を全人的に捉えるとき、当科のみでは解決できない問題が多くある。他科(特に、内科、泌尿器科、整形外科、婦人科、小児科、精神科など)と連携をとり、他科の指導も受けながら研修を行う。

チーム医療のなかでリーダーシップが発揮できる医師養成

他職種の専門性を引き出し、自らもチームの中で成長できるように研修していただきたい。多くのチーム医療(研修医カンファレンス、感染対策チーム、褥瘡チーム、緩和ケアチーム、栄養サポートチームなど)を経験する中でチームのリーダーシップが取れるようになることが研修の目標の一つ。

内容

1. 外来

獲得目標に応じて、病院外来、診療所外来を経験する。専門分野の外来能力を養いたい場合は、肛門外来、乳腺外来、化学療法外来での研修がある。

2. 手術

外科専門医取得に必要な症例を幅広く経験。シニアレジデントはできるだけ多くの執刀経験をつむ。

(主な必修経験手術数)

急性虫垂炎 30例執刀

ヘルニア手術 30例執刀

痔核手術 10例執刀

1年目:腹腔鏡下胆嚢摘出術 10例執刀、胃切除術 5例執刀、大腸切除 5例執刀

2年目:内シャント造設 5例執刀、胃全摘術 5例執刀、直腸切断術 3例執刀

3年目:直腸癌 5例執刀、開胸手術 3例執刀、静脈瘤手術 3例執刀、食道癌・膵臓癌・肝癌・胆道癌は執刀経験、腹腔鏡下結腸切除術 3例執刀

3. チーム医療(感染対策チーム・栄養サポートチーム・緩和ケアチーム・褥瘡対策チーム)

いずれかのチームに任期1年で所属すること。

患者会活動(乳腺患者会 スト-マ患者会)いずれかの患者会活動に参加すること。

選択コース

研修プログラムの内容は本人の希望を尊重し、年単位で獲得目標を定め、研修を進める。なお外科シニアレジデントコースの中で麻酔科研修、整形外科研修を希望するものは、期間3 ヶ月をめどに組み込むことができる。※印の付いているコースは( )内の各科で共同し、指導体制をとる。

概要

期間

3年間を基本とする(ただし、外科専門医取得まで期間延長を希望する場合は5年目まで認める)

対象

卒後初期研修修了者  外科系医師として働きたいと考えている者

修了後の進路について

当研修を修了した者は、法人理事会の承認を経て、当科常勤医として就職することができる。更に当科部会の検討にもとづいて、当院に在職のまま高次専門医療機関への専門研修を修めることができる。

外科専門医の取得のため研修の延長を希望する者はそれを認める。

 

指導医・専門医資格

京都民医連中央病院

副院長 鈴木 卓 (1972年 京都大学卒)

科長 名嘉山 一郎 (1990年 京都大学卒)

大腸肛門科 川島 市郎 (1987年 福井大学卒)

外科医長 藤田 琢史 (1983年 京都大学卒)

呼吸器外科 上林 孝豊 (1995年 山口大学卒)

消化器外科 岡本 亮 (2002年 滋賀医科大学卒)

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575