Home > 病院情報の公表 > 平成27年度 京都民医連中央病院 病院指標

病院情報の公表(平成27年度)

平成27年度 京都民医連中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 169 45 154 243 352 432 1017 1532 1532 617
平成27年度全退院患者数は6,838人で、平均年齢68.3歳、年齢中央値73歳となっております。
幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいておりますが、60歳以上の患者さんの割合は約75%にのぼり地域社会の高齢化を反映しています。
年齢別に傷病の頻度を見てみますと、10歳以下では新生児の低出産体重児や呼吸器系疾患の頻度が著明です。10代は腸炎が多く、20代では虫垂炎等の消化器系疾患や出産関係が目立ちます。30代、40代では産婦人科系疾患や肛門系疾患など多種多様です。50代からは乳がんなどのがん疾患が増え始め、加齢に伴う虚血性心疾患が多くなり、60代では脳梗塞、腎不全がこれに加わります。70代もほぼ同じ傾向ですが、肺炎が増えております。80代以上の高齢になると肺炎や心不全と並び、骨粗鬆症を伴う大腿骨近位部骨折が多くなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 216 17.37 14.34 5.09 75.99
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 215 35.21 21.69 9.3 84.99
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 178 21.44 12.6 7.3 79.78
当院の内科は消化器内科・呼吸器内科・循環器内科・腎透析科・等とありますが、入院患者数としては肺炎関連・尿路感染と感染系の疾患が上位を占めています。どの症例の平均年齢が80歳前後となっており、高齢化社会を反映しています。
誤嚥性肺炎の入院では、多彩な疾患構造が背景にあり入院加療期間に日常生活自立度が低下するため、退院調整に期間を要することなどから在院日数が長くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060220xx97xxxx 直腸脱、肛門脱 手術あり 196 2.87 10.38 0 59.74
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 38 10.21 9.17 7.89 75.21
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 38 19.84 17.41 2.63 72.66
当院の外科は消化器外科、乳腺外科が主体です。肛門脱(痔核)、大腸がんに対する手術を多く行っており、特に肛門脱の疾患では全国平均より大幅に短期間で退院されております。痔核に対してはジオン注射という切らずに治癒が見込める治療も行っています。
この他、消化器がんを含む消化器系の手術や乳がんの手術など、多岐に渡る治療を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 90 47.27 28.7 17.78 83.68
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 45 28.29 21.52 2.22 81.8
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 33 40.15 27.21 0 75.76
高齢化に伴う骨粗鬆症の影響で発症する股関節大腿骨の骨折が整形外科患者様の1位にあがります。当院では股関節の骨折や脊椎症、膝関節症に対する手術を多く行っております。整形外科では手術後のリハビリテーションが重要です。当院は回復期リハビリテーション病棟を持っておりますので手術からリハビリテーションまで総合的な治療を行っています。そのため在院日数が長くなっております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 46 9.3 9.94 0 31.57
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 23 6.3 10.18 0 44.52
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 21 9.1 9.53 0 70.14
産婦人科では帝王切開後妊娠や骨盤位妊娠、子宮筋腫、子宮脱、の疾患が入院件数の上位です。最も多い入院は帝王切開手術を行った入院です。緊急帝王切開手術にも24時間体制で対応しています。子宮筋腫等の良性腫瘍摘出術や子宮脱による子宮脱手術も多く行っており、全国平均より短期間に退院されています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 45 7.07 6.17 2.22 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 28 9.46 11.59 3.57 0
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 なし - - 5.72 - -
小児科の入院は早産児、黄疸や呼吸不全等の病的新生児の件数が占めています。
種々の慢性疾患や心理的疾患にも専門外来・入院にて対応しています。不必要な検査・処置・投薬・入院は極力行わず、外来で治せるものはできる限り外来で見切る一方で、必要な際は特殊検査・入院も含めた重点的な治療を行う方針です。入院病室は、患児と付き添い者の安静・負担軽減および院内感染防止のために、全例個室管理としています。また患児の状態や治療方針の共有のために、入院患児全員に対して、電子カルテの医師看護師記録・検査データを毎日コピーして夕食後に渡し、開示しています。
緩和ケア科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 17 28.71 15 0 76.76
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし - - 14.34 - -
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 11.26 - -
生命をおびやかす病に直面している患者さんやご家族は、身体的・精神的のみならず、心理的、社会的、スピリチュアルな苦痛をかかえています。緩和ケアは、こうした苦痛を和らげることを目的としています。
肺がんの件数だけ表示されていますが、他がん疾患の件数も10件未満ですがあります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 36 6.03 7.59 0 75.42
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし - - 12.6 - -
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし - - 2.89 - -
泌尿器科は前立腺がんと膀胱がんの患者様が多いのが特徴です。当院では膀胱がんで経尿道的手術を行う入院が多く占めています。平均在院日数も6日と比較的短い入院日数で退院されています。件数は10件未満ですが、尿路感染症の治療や尿路結石で体外衝撃波による結石破砕術も行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 10.02 - -
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 11.91 - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.52 - -
2015年2月より脳神経外科の紹介外来を開設しました。件数は数件ですが慢性硬膜下血腫に対して穿孔洗浄術を行っています。表には現れていませんが在院日数は比較的短めとなっております。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.97 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
帯状疱疹の入院が数件がありました。平均在院日数は全国平均より短めでした。当院では皮膚科がメインでの入院はあまりなくこのような結果となっております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 45 - - 23 10 - 1 7,6
大腸癌 22 29 33 22 74 - 1 7,6
乳癌 20 25 10 - - - 1 7
肺癌 - - - 24 13 - 1 7,6
肝癌 - 13 - - - 20 1 7,6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんについて、集計期間に入院治療を行った、初発患者の病期分類による延べ患者数、再発患者の延べ患者数を示しています。当院において、がんの診断、初回治療を行った場合を「初発」として病期分類ごとに集計し、初回治療以降の継続治療を行った場合を「再発」として集計しています。がんの病期分類は、がんがどれくらい進行しているのかという病期・進行度を意味し、Stage0からStageIVまであり、StageIVが最も進行していることになります。
大腸がんのStageが「不明」の症例が多くなっていますが、これは検査入院症例を多く取り扱っているためで、退院時に検査結果が明らかでないものは「不明」件数に含まれます。胃がんや大腸がん、乳がんは早期であるⅠ期の患者さんの割合が高くなっています。件数が入っていない個所は数が無い訳ではなく10件未満の件数で存在しています。
当院は手術や化学療法など患者さんの状態に合わせた幅広い治療を実施しています。また、緩和ケア病棟を有しており、治療が困難とされたがん患者さんの苦痛を和らげる緩和ケア治療の体制も整えています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 33 11.64 50
重症度 1 56 15.98 78.57
重症度 2 36 21.69 83.33
重症度 3 16 19.63 81.5
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
入院のきっかけとなった病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(誤嚥性肺炎、インフルエンザ肺炎、ウイルス性肺炎を除く)であって、市中肺炎(入院後発症の肺炎を除く)の患者さんが対象となります。成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)肺炎重傷度分類の定義に基づき、入院時の状態から重傷度を決定し、重傷度ごとに患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
患者数が最も多いのは重症度1ですが、件数が表示されていない他の重症度も少なからず存在します。重症度が上がるごとに治療に日数がかかっていることが表われています。また、軽症の患者さんの平均年齢が50歳ほどであるのに比べて、重症度1~重症度3では平均年齢が後期高齢者の年齢層になっており、市中肺炎は年齢が上がるごとに重症化していることが分かります。
当院で肺炎の治療を受けられるご高齢の患者さんは増加しており、その大半が誤嚥性肺炎ですが、誤嚥性肺炎はこの指標の対象疾患には入っていないため総件数が少なくなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 78 48.97 77.05 16.67
その他 28 58.68 73.46 7.14
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
「ICD-10」とは、疾病及び関連保健問題の国際統計分類-第10回修正です。WHO(世界保健機関)が定めた分類で、死因や疾病の統計、診療記録の管理などに活用されます。疾病の種類をアルファベットと数字によって表しています。医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞の患者さんを対象として、その発症から入院までの日数別に症例数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
とりわけ、脳梗塞(I63$)に分類される症例の割合が高く、特に発症日から3日以内の急性期脳梗塞が集計対象全体の6割を占めます。急性期脳梗塞の患者さんの平均年齢は75歳に近く、いわゆる後期高齢者の方が多くなっています
脳梗塞治療では迅速に治療を行うことがその後の患者さんのADL(日常生活動作)に大きな影響を与えます。脳梗塞治療において、リハビリテーションは脳梗塞の合併症・後遺症を防ぐために非常に重要です。当院では、回復期を担う回復期リハビリテーション病棟を持っており、維持期を担う介護施設・療養型病院と連携し、総合的な治療管理を行っております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 152 1.22 1.95 0.66 66.93
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術 長径2センチメートル未満 等 83 1.19 1.95 1.2 67.58
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 71 1.41 2.24 0 69.44
内科では、大腸ポリープに対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術を最も多く行なっております。ポリペクトミー(ポリープ切除)目的の2泊3日入院が典型的な症例となります。
次いで、透析患者さんの内シャント閉塞に対するシャント拡張術・血栓除去術の症例数が多くなっています。
当院では短期入院による手術はクリニカルパス(診療計画表)を作成して医療の標準化をしております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K743-3 脱肛根治手術 170 0.38 1.06 0 56.78
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 60 1.18 1.47 0 65.95
K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法)) 等 45 0.04 0.62 0 64.09
外科の手術件数は肛門疾患(内痔核、痔瘻、等)の件数が上位を占めています。次いで鼠径ヘルニアの手術を多く行っております。痔核に対してはジオン注射という切らずに治癒が見込める治療も行っています。
短期入院による手術件数が多いのでこのような結果となっておりますが、外科ではこの他消化器がんを含む消化器系の手術や乳がんの手術など、多岐に渡る手術も行っています。腹腔鏡下結腸悪性腫瘍手術など腹腔鏡下手術を癌に対しても積極的に行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 等 60 4.57 37.15 20 84.87
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 等 43 6.51 42.63 18.6 77.47
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 等 42 2.9 36.02 2.38 75.31
整形外科の手術では平均年齢から高齢者の骨折が多いことが分かります。加齢に伴い骨粗鬆症が原因で起こる大腿骨の骨折に対して、プレート固定を行ったり人工骨頭挿入や人工関節置換術を多く行っています。手術後は自宅退院を目標にリハビリテーションを行っていますので約一ヶ月半の入院日数となります。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 等 36 3.86 7.72 0 32.83
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 等 25 2.04 8.44 0 30.2
K877 子宮全摘術 22 1 5.73 0 45.91
産婦人科では帝王切開術(予定・緊急)の件数が上位となります。当院のお産数に対して帝王切開率は約25%となっております。VBAC(帝王切開後の経膣分娩)も希望されれば行っています。
子宮全摘術に続き、他、子宮筋腫や子宮頸がんの手術等も行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 129 0 0.98 0 74.68
K279 硝子体切除術 - - - - -
- - - - - - -
眼科の入院では白内障手術が最も多くなっております。片眼につき1泊2日の入院で行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 等 39 1.49 3.44 0 74.69
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) - - - - -
K7812 経尿道的尿路結石除去術 その他のもの 等 - - - - -
泌尿器科手術数で上位を占める膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術は膀胱癌に対する手術です。尿道から内視鏡を挿入して腫瘍を切除します。開腹による腫瘍切除手術に比べて患者さんの体への負担が少ない治療方法になります。
件数は少ないですが、次いで体外衝撃波腎・尿管結石破砕術を行っています。尿路結石を衝撃波により細かく砕き、体外への排出を容易にするための治療となります。
緩和ケア科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 - - - - -
緩和ケア科の患者さんに対するカテーテルやステントの留置、骨折治療が各10件未満ですが表示されています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
脳神経外科では、件数は数件ですが慢性硬膜下血腫に対して穿孔洗浄術を行っています。頭蓋骨に小さな穴を開け溜まっている血腫を洗浄除去し脳の圧迫を解除します。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
小児科の入院症例で手術として扱われるものは、仮死状態で出生した新生児に対する蘇生術になります。当院では重度の身体障害をもった患者さんがご入院されますので気管切開術や胃瘻造設術も行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 14 0.23
異なる 16 0.26
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 135 2.22
異なる 31 0.51
播種性血管内凝固や敗血症を医療資源を最も投与した傷病名として患者さんに請求する病名としますと、DPCで高額な点数が設定されている(入院医療費が高くなる)ため、臨床的に根拠のある診断でなければアップコーディング(不適切な入院医療費請求)を疑われかねないDPC病名とされています。厚生労働省による平成26年度の全国のDPC対象病院データ集計では、全症例に対する割合は播種性血管内凝固が0.17%、敗血症は0.56%でした。全国値と当院の数値を比較しますと、播種性血管内凝固が0.03%とほぼ無く、敗血症は0.49%とこちらも少ない数値でした。当院では臨床的に根拠のないアップコーディング(高額な診療点数請求目的)は行われていないと考えています。
手術・処置などの合併症の件数が多くありますが、内容的には透析患者さんの透析シャント閉塞やカテーテルを留置されている患者さんのカテーテルからの感染などになります。ほとんどがDPC病名と入院契機病名が同一である症例になりますので、手術・処置などの合併症を主訴として入院され、治療を受ける入院患者さんが多いということになります。
更新履歴
2016.09.30
初版

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575