当院のご紹介

Home > 当院のご紹介 > 医療の安全

医療の安全

1.医療に係る安全管理のための指針

患者さんに安心して治療を受けていただくために、医師・看護師はもとより、医療に従事する全ての職員が協力し、「患者さんの安全」をこころがけています。

院内では全職員に、医療安全の教育・研修を実施し、さまざまな事例に対して情報を共有し、改善に取組んでおります。

 

2.患者さん・ご家族へご協力のお願い

医療をより安全に行うため、当院では患者さんへ以下のご協力をお願いしております。

 

3.当院の医療安全活動について

 

 

4.医療安全の職員研修の実施

当院では、全職員を対象に、2003年より「医療安全大会(2016年度)」(1回/年)、2004年より「医療安全講座(2017年度の講座内容・日程)」を実施しています。

内容は、医療安全の概論・基本的知識・感染対策・話題になっている医療情報・病院を取りまく問題や医療倫理・当院での事例報告など、医療に関わる広い視点をもって企画しています。

 

資料:過去の医療安全大会の内容

講演肉容 講師
2003年 テーマ:医療安全の病院つくり
『あれから1年、安全安心の医療を提供するために』
小西 恭司 氏
社団法人 福岡医療団理事長
全日本民医連医療安全委員会委員長
2004年 テーマ:セフテイーマネジメント
『NSTで高める医療の質』
川西 秀徳 氏
米国ニュージャージー州立大学
ロバート・ウッド・ジョンソン医学校内科教授
2005年 テーマ:電子パス
『電子カルテとクリテイカルパス』
佐能 孝 氏
広島国際大学教授
2006年 テーマ:職種参加
『患者様の声で病院がかわる』
内田 寛 氏
京都民医連中央病院 事務長
2007年 テーマ:医療倫理
『記者の目から見た医療倫理』
原 昌平 氏
読売新聞大阪本社 科学部記者
2008年 テーマ:患者・医療者の相互理解
『医療コンフリクトマネジメント』
和田 博知 氏
岡山協立病院
医療コンフリクトマネジメント担当
2009年 テーマ:医療メデイエーション
『医療トラブルの初期対応』~クレーマーと呼ぶ前に~
柴田 康宏 氏
大阪府三島救命救急センター
認定メデイエータートレーナー
2010年 テーマ:医療の安全文化
『事故の経験から伝えたいこと』
高山 詩穂 氏
自治医科大学大学院 看護学研究科
2011年 テーマ:安全文化とチームトレーニング
『チーム医療とは何ですか? 何ができるとよいですか?』
種田 憲一郎 氏
国立保健医療科学院
医療福祉サービス研究部 上席主任研究官
2012年 テーマ:安全な薬物治療
『アナタの常識は、ワタシの常識ではない!』
古川 裕之 氏
山口大学医学部付属病院 薬剤部長
2013年 テーマ:チーム力
『テクニカルスキルとノンテクニカルスキル』
長谷川 剛 氏
自治医科大学医療安全対策部 教授
2014年 テーマ:病院組織の医療安全
『医療安全のポジティブアプローチ』
辰巳 陽一 氏
近畿大学医学部附属病院 安全管理部教授
2015年 テーマ:医療事故調査制度とチーム医療
『10月から施行される医療事故調査制度について』
松村 由美 氏
京都大学医学部附属病院 医療安全管理室 病院教授
2016年 テーマ:レジリエンス・エンジニアリング
『医療安全への新しいアプローチ』
中島 和江氏
大阪大学医学部附属病院 中央クオリテイマネジメント部教授・部長

 

 

第14回 医療安全大会 2016年10月6日(木)18:00〜20:00
講演 「医療安全への新しいアプローチ」
 〜レジリエンス・エンジニアリングの理論と実例〜
講師 中島 和江 先生
大阪大学医学部附属病院 中央クオリテイマネジメント部 教授・部長

 

 

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575