当院のご紹介

Home > 当院のご紹介 > 院長挨拶

院長挨拶

若い力が原動力 新しい歩みを始める京都民医連中央病院

公益社団京都保健会
京都民医連中央病院
院長 吉中 丈志

 

病院の理念 地域医療主義

京都民医連中央病院は京都市中京区の閑静な住宅街にあります。安全安心の医療、患者さん本位の医療、地域に開かれた医療を病院理念とし、京都市西北部の急性期型教育病院をめざしています。

京都市西北部の急性期医療を担うとともに、切れ目のない地域医療の実現に貢献することが使命です。また、外国人医師を含む多彩な外部講師を招聘するなど初期研修プログラムを充実させ、臨床研修(初期、後期)とスタッフ育成に力を入れています。家庭医療学や総合内科などの後期研修プログラムは当院の研修の特徴です。

 

京都民医連のネットワークと顔の見える地域連携

京都の民医連(京都民医連)は、4病院(第二中央病院、吉祥院病院、京都協立病院と当院)、29診療所などからなり、当院がセンター病院です。

地区医師会はもとより多くの医療機関と役割分担に基づく連携を行なっています。地区医師会と合同で行うオープンCPC、京都市立病院、京都南病院との救急カンファレンスなど、顔が見える連携を重視しています。

急性期医療だけでなくリハビリ、在宅復帰、終末期までを含めた切れ目のない医療をこころがけ、患者さん中心のがん医療連携を地域の中で実現したいと願っています。化学療法外来に加えて、室料差額を取らない方針を活かして2011年秋に緩和ケア病棟をオープンしました。

国際交流はこれからの重要なテーマです。韓国の源進(ウォンジン)職業病管理財団附設の緑色病院と姉妹病院の提携を結び、アメリカ、フランス、オーストラリアなどへ医師を派遣し研修を進めています。

 

新しい病院の医療

今年度は新たに神経内科、救急科、泌尿器科、皮膚科、精神科の医師が着任しました。4名の医師が後期研修に加わりました。引き続き、がん診療や救急医療のレベルアップをめざしながら在宅などの地域医療の支援をしっかり行っていきたいと考えております。

当院は2017年に開設30周年を迎え、2019 年度中に右京区太秦に移転して病院をリニューアルいたします。急性期・教育病院としてバージョンアップし、京都市右京区の地域医療を支援する病院をめざします。開業医の先生方や病院、介護関係者の方々と一緒になって、地域医療と包括ケアが実現できるよう貢献したいと考えております。地域住民、行政のみなさま方とご一緒させていただいて、安心・安全で健康長寿のまちづくりを推進いたします。

移転後も外来診療機能や介護サービス提供は現地で継続するつもりです。これまで同様、地域医療と包括ケアの充実のためにご一緒させていただけるよう、よろしくお願い申し上げます。

  1. 困った時に頼れる救急医療。
  2. 心筋梗塞、脳卒中など重症に対する集中治療。
  3. 内視鏡治療、手術、化学療法、放射線治療、緩和ケアなど総合的ながん医療。
  4. 安心できるお産、小児や女性のニーズに応える医療。
  5. 高齢や障害に対する切れ目のないリハビリテーション。
  6. 開業医などとのネットワークによる糖尿病、腎臓病、心の健康などの慢性医療。

皆様方と協力しながら歩んで行きたいと考えております。よろしくお願い致します。

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575