入院のご案内

Home > 入院のご案内 > 安全・安心の医療を受けていただくために

安全・安心の医療を受けていただくために

〜 自らも安全を守るお願い 〜

 

私たちの医療安全の取り組みについて

当院では地域の患者様に信頼される病院づくりをめざし、医療の安全・安心に努めております。医療安全室を設置し、安全性が確保された質の高い医療を提供するために日常診療で発生した事例を、「インシデント・アクシデント事例」として報告をうけ、内容の分析、院内巡視、職員の教育・研修を行い、医療事故防止活動に取り組んでおります。

また、患者様に有害な事象が発生した場合には、直ちに調査を開始し、必要に応じて調査委員会を設けて、分析と対策にあたります。

 

患者様・ご家族の皆様に参加いただく安全対策

患者様と病院職員相互の信頼関係を築き、医療の安全性を高めることを目的とし、患者様・ご家族の皆様へ以下のような内容についてご協力をお願いしております。

 

1.医師から病状や治療などの説明を受ける時(説明と納得そして同意)

医師から説明を受ける場合は、できれば患者様お一人ではなくご家族の方と一緒にお聞きください。医師の説明で不明なことや納得できないことがある時は、お申し出下さい。十分に理解・納得した上で治療や検査を受けていただきたいと思います。

 

2.情報の提供について

普段から服用されているお薬や、食品などのアレルギーがあれば、必ず医師または看護師に教えてください。治療や検査などで疑問に感じることがありましたら、どんなことでも結構ですので医師または看護師にお伝えください。

 

3,氏名の確認について


患者誤認防止用リストバンド

全ての入院患者様にリストバンドをご着用いただきます。
患者様の誤認・誤薬・輸血間違い等を防止するため診療や処置の際は患者様のお名前などをお聞きしますので「姓と名」「生年月日」をお答えください。

点滴や注射の際は、ラベルの名前を医療スタッフと一緒に見て確認して下さい。採血の時は、検体容器の名前を医療スタッフが読み上げますので一緒に確認してください。輸血の際は、血液型に相違ないか確認してください。 書類やお薬などの受渡しの際は、お名前を職員と一緒に確認してください。

 

4.転倒・転落防止について

入院にあたり、入院中に起こりうる転倒・転落について、患者様・ご家族の皆様にも知っていただき、事故防止のために協力をお願いします。

 

転倒・転落が起こりやすい状況とは

  • 患者様が病状の理解ができず、無理に動いてしまうとき
  • 足腰の筋力が低下しているとき
  • 麻痺や平衡感覚の障害でバランスが悪いとき
  • 床の濡れや固定の悪い車いす、床頭台につかまり、立ち上がるとき。

 

次の点にご協力をお願いします。
これまで転倒・転落を起こしたことがある場合はその情報を職員へお伝え下さい。

 

5.身体拘束について

当院では人権擁護のため身体拘束を原則廃止しております。しかし、病状により落ち着かない場合、生命に危険がある場合は鎮静剤の使用や、やむを得ず拘束をすることがあります。

当患者様の安全を確保するためやむを得ず拘束する場合は、ご説明し同意を頂くようにしております。緊急時は拘束をした後にご報告する場合もありますが、ご理解をお願いします。

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575