Home > 看護部のページ > 先輩ナース紹介 > 過去に掲載の先輩ナース

先輩ナース紹介(過去掲載分)

 


 

Aさん (所属:外科病棟 2012年入職)

入職してみて思うこと

入職1年目は業務を覚えることに必死で、自分に余裕を持つことができず、看護って何だろうと悩むことが多くありました。学生の頃とは違い、命を支えるという責任感に正直逃げたいと思ったこともあります。しかし、そのような私を支えてくれたのは先輩スタッフや患者さまでした。先輩からの的確なアドバイスや励ましは、しっかり見守ってくれているんだという安心感と問題解決への道筋が見つかるきっかけとなります。また患者さまとのコミュニケーションでは教えていただくことも多く、仕事をする上での楽しみでもあります。「入院中、一番身近に感じているのは看護師さんだよー」と話して下さった患者さまの言葉が印象的で、コミュニケーションや観察力も看護する上で重要なことだと気づかされました。2年目を迎えた今でも日々勉強の毎日ですが、温かいスタッフと患者さまに支えられ、楽しく看護と向き合っています。

中央病院の魅力

地域の方々から信頼されているところでしょうか。時には厳しいお言葉を頂き、反省することもありますが、地域の人たちと密接な交流を積極的に行なうことで、中央病院が支えられているのだなと感じます。また、初期研修制度も充実していると思います。アットホームなところも中央病院の魅力です。

働いていて今までで一番うれしかったこと

ある患者さまに、「あなたの声のトーンや話し方はとても落ち着くし、安心感がある」と言って頂けたこと。私自身の自信にもつながり、コミュニケーションを通じて相手の思いを引き出せるよう、もっと技術を磨こうと思いました。また、名前を覚えて頂けるのもうれしいです。私をしっかり認識してもらえているのだと自信を持てます。何よりその患者さまとの間に信頼関係が築けていると実感できます。私のやる気スイッチを患者さまが押して下さいます♥笑

先頭へ戻る

 

Bさん (部署:総合内科・呼吸器内科 2012年入職)

看護師を目指したきっかけ

私が看護師を目指すきっかけとなったのは祖母が緩和ケアで亡くなったことです。それまでの私は看護師はテキパキと仕事をこなすというイメージしか持っていませんでした。しかし、祖母をお世話して下さった看護師達は祖母の今まで生活や価値観を尊重し、ひとつひとつの対応に時間をかけてとても丁寧にお世話して下さいました。看護の奥深さを目の当たりにしたことで看護について勉強したい思いが強くなり看護師を目指すことを決意しました。社会人を経て看護学校に入学したため勉強する場から長い間離れていた私にとって大変厳しい毎日であり実習では睡眠時間の確保に苦労しましたが、応援してくれる友達や家族の心強いサポートのおかげで看護師になることができました。

初期研修制度について

中央病院に就職を決めたのは入職後3年間のカリキュラムのある初期研修制度が整っていたからでした。同期とともに学びを深める研修を受け、技術チェック表に沿い実践へと繋げていくことで自己評価でき向上心を持ち続けることができました。就職し始めたころは不安と緊張の日々でしたが、プリセプターを中心とした先輩方の丁寧な指導のおかげで少しずつ自信を持つことができました。今年で入職3年目となりますが、私の性格や傾向を見極めた上での指導により無理なくのびのびとステップアップしてきたと感じます。

大切にしている看護

今でも祖母をお世話して下さった看護師達を思い出し患者さん一人ひとりと直接関わる時間を何より大切にしています。慌ただしい業務の中でも特に患者さんと会話する時間は忙しない雰囲気を出さず、ゆっくり対応するように心がけています。口数の少ない患者さんでも時間をかけて対話することで自分の病気や退院後の生活に対する不安をポツポツと話し出して下さることもあります。寝たきりで会話できない患者さんでは声をかけたときや体を動かしたときの僅かな表情を注意深く観察し思いを汲み取るように努めています。全ての患者さんが回復に向かうことはなく辛い場面に立ち会うこともありますがそれを見届けるのも看護の一つです。看護師は人の人生を支える、とても奥深い職業であることを看護師になり改めて実感しました。

先頭へ戻る

 

Cさん (所属:産婦人科・乳腺外科病棟 2011年入職)

入職してみて思うこと

私は出産という命の誕生の瞬間にも立会いますが、婦人科の疾患と向き合っておられる患者様への看護を行なうこともあり、女性のライフステージも含めて多方面のケアを求められる病棟で勤務しています。そのため、働いて2年目を迎える今でも、看護の難しさに直面することがほとんどですが、先輩方に支えられ、少しでも患者様に寄り添うケアが実施できるように日々成長していけるための努力をしています。実際働いてみると、難しいことや大変なことも多いですが、今まで出来なかったことが少しずつ出来ていく喜びはとても大きく、やりがいを感じています。

うれしかったこと

出産に立ち会わせて頂いたお母さんと赤ちゃんが、しばらくして会いに来て下さった時に、元気にスクスクと大きくなった姿を見ることができた時は、「本当に貴重な瞬間に立ち会わせて頂いたんだな」と改めて実感できます。また、入院中の患者様に「山元さんと話していると安心する。ありがとう。」と言われると、何も出来ない私でも少しは心の支えになれたのかなと感じ、素直に嬉しいです。

先頭へ戻る

 

Dさん (所属:内科・小児科病棟 2009年入職)

中央病院の魅力

研修制度が充実しています。私は性格上、テキパキ動ける方ではありません。でも先輩方はそんな自分を受け入れてくれ、個人のスピードやペースに合わせて温かく指導して下さいます。
また、妊婦さんにも優しい職場です。勤務体制を考慮してくれたり、まわりのスタッフの気遣いもあり、身体に負担なく、楽しく働いています。

学生さんに一言

やっぱり、しっかり寝てしっかり食べることが一番!あと、ストレスためないように仲間といっぱい喋って笑って乗り切ろう!

先頭へ戻る

 

Eさん (所属:回復期リハビリ病棟 2011年入職)

初期研修制度について

私は今3年目ですが、教育制度はしっかりしていると思います。1~3年目までは先輩看護師が一人担当して下さるので、相談しやすいです。仕事中に、困ったことがあったり、患者さんの対応で迷っている時など、一番身近に気にかけてくれる先輩がいると、ホッと安心できるし、仕事も頑張ろうって思えます。

働いていて今までで一番嬉しかったこと

無事に退院されるのが嬉しいです。ある患者さんは入院時は車いすだったのですが、退院前になると杖で歩けるようになられました。その姿をみて、「頑張らはったんだなあ」と尊敬しました。患者さまの姿や言葉から、日々学ばさせていただいています。

先頭へ戻る

 

Fさん (所属:手術室 2012年入職)

看護師を目指したきっかけ

自分が子供を産んだときの看護師さんの声かけと励まし、やさしいケアが心に残ったからでした。出産するときに傍に付き添ってくださり、陣痛のつらいときには腰をさすってくれました。「何かあったらいつでも呼んでね」と声もかけてもらいました。いつ産まれるんだろう、この痛みはいつまで続くのだろうと不安になり、先がみえなくなりそうな出産でした。その時に「今は2cm子宮の口が開いてるからね、もうちょっと頑張って」と声をかけてくれたこと、出産が終わったあとに温かいお湯で私の体を清拭してくれたこと。そんなケアができる看護師の仕事に興味をもったことが、看護師を目指したきっかけでした。

私がめざしている看護

入職して手術室に配属になりました。手術室の看護師は、手術の前後や術中看護が主であり、病棟看護師と比べると患者様と接する時間が限られています。しかし、患者様の思いを感じ取ることを大切にしています。手術を受ける患者様と接するなかで、手術に抱いている不安や期待、様々な思いを感じることがあります。患者様によって不安の表現は様々です。どのような思いを抱えておられるのかを感じ取って、できるだけ安心して手術にのぞんでもらえるような看護がしたいと思っています。

中央病院の魅力

理念にもあるように患者様本位の医療をおこなっているところ、地域にひらかれた医療を進めているところだと感じています。病院には経済的背景や、生活背景に困難を抱えた患者様が入院してこられることがあります。そのなかで中央病院は、患者様の視点にたって困難を解決していこうという姿勢があると感じています。また地域の方との連携や協力関係もあり、「友の会」という地域の人の会が形成されていることも魅力のひとつだと思います。

先頭へ戻る

 

Gさん (部署:循環器内科・腎臓内科 2012年入職)

入職して思うこと

看護学生時代は実習上での患者さまとの関わりであり、一人の患者さまとゆっくりじっくりと関わることができていました。入職してからは複数の患者さまを一度に受け持つことになり、慣れない業務に追われ、毎日精一杯でなかなかゆっくりと関わる余裕がなく、十分に患者さまの話を聞く時間がつくれないことに申し訳なさと不甲斐なさを感じていました。しかし、徐々に業務にも慣れてくることで、少しずつ患者さまとお話したり、検温や処置の際に会話できるようになってきたりして、自身の成長を実感でき、患者さまとの関わりの楽しさを感じるようになってきています。

大切にしている看護

患者さまが自分や自分の家族ならどのように看護してほしいと思うかを考えながら、患者さまやご家族の立場に立って行動できるように心掛けています。お見舞いにこられたご家族に患者さまの様子や言動などをお伝えすることで、安心されることもあります。逆にご家族から新たな患者さまの情報を知ることもでき、相互に利点があると感じています。

働いていてうれしかったこと

働いていて嬉しいことはたくさんあります。患者さまやそのご家族からお礼の言葉をいただいたり、自分自身では何気ない行動のつもりでもとても喜んでいただいたりした時はとても嬉しいです。亡くなられた患者さまの最期に立ち会った時に、ご家族から「あなたに最期を看てもらえてよかったです。ありがとう。」とおっしゃった時は、自分の日々行ってきた看護に、少しでも満足して下さっていたのかなあと思えて、とても嬉しかったです。

先頭へ戻る

 

Hさん (所属:整形外科病棟 2013年入職)

入職して思うこと

学生時代からの理想の看護師像は「どんな時でも笑顔を忘れない」でした。入院生活に不安を抱えている患者さまに対して、笑顔で接すれば、少しでも気持ちが楽になるのではないかと考えていますが、日々の業務をこなすことで精一杯で、まだまだ余裕がありません。
先輩は常に笑顔で患者さまと関わっていて、患者さまに応じた看護を実践しています。そんな先輩たちを目標に、吸収しながら日々頑張っています。

めざしている看護

患者さまの全てを援助するのではなく、患者さまの“出来る力”を最大限に引き出したいと思っています。廊下の手すりや自転車の補助輪のような、患者さまにとって、いつでも支えることのできる看護師でありたいです。これからも「常に笑顔で接し、患者さまに応じた看護を考える」という目標を持ち続け、自己研鑽していきたいです。できることは少ないですが、“この看護師に看護してもらいたい“と思ってもらえるような看護師になれるように努力したいと思います。

大切にしている看護

看護師として大事にしたいのは「寄り添うこと」です。患者さまの手を握ると「暖かい手やな~」と笑顔になられます。タッチングを意識して、また笑顔で接することで患者さまも笑顔になられると私も嬉しくなり、改めて笑顔で接することの大切さを感じることができます。

先頭へ戻る

 

Iさん (所属:回復期リハビリ病棟 2012年入職)

看護師を目指したきっかけ

私が看護師を目指したきっかけは、憧れている先輩が看護師だったことです。私は昔から体が丈夫だったので、今まであまり病院のお世話になることはありませんでした。その為、看護師という仕事は身近なものではなく、自分にそんな大変な仕事が出来るのだろうかと思い、とても緊張したことを覚えています。
でも実際に学校に行き、病院で働き始めて、大変だと思うことはあるけれど、同じようにたくさんの出会いや、この仕事をしていてよかった、と思える瞬間に出会うこともでき、今はこの道を選んでよかったと思っています。

大切にしている看護

正直、働き始めたころは、仕事についていくのが必死でした。でも、同じように働いている先輩が患者さまには忙しさを見せず、笑顔で働く姿を見て、自分も患者さまに元気をあげる立場でありたいと思うようになりました。それからは、どんな時でも笑顔で明るく仕事をするように心がけています。自分だって何をされるにしても、疲れた顔の人よりも笑顔の人にしてもらう方が気分がいいですもんね。疲れてしまうこともあるけれど、この気持ちを忘れず、患者さまと接することを心掛けています。

中央病院の魅力

私の思う中央病院の魅力は、様々な学習会を定期的に開催しているところです。月に複数の学習会が開催されていてとても勉強になります。また病院主催で開催する学習会のため、ほとんど参加費がかからないのも魅力です。看護師はとても幅広い知識を必要とされる仕事ですので、いろんなことに興味を持ち、知識を深めていくことが大切だと思っています。入職された際には、ぜひいろんな分野の学習会に参加してみて下さいね。

先頭へ戻る

 

Jさん (所属:透析室 2013年入職)

看護師になったきっかけ

優しくて親切な看護師と出会い、その姿に憧れたから、といったことが看護師を目指すきっかけとしてよく耳にされると思います。しかし、私が看護師を目指したきっかけは、真反対の理由からです。祖母が中学生の時に入院しました。しんどそうにしている祖母に対して担当の看護師の態度がとても冷たく、悲しくなったと同時に、私だったらもっと優しい、患者さまに寄り添った看護師になる!と思ったことが看護師への道の第一歩だったような気がします。

看護師として働いていて嬉しかったこと

嬉しかったことは、患者さまに名前を覚えてもらえること、私と会えると元気になれる、と言ってもらえたことです。また「会えた日は元気が出るけれど、会えなかった日は笑顔も見られないし寂しいわ。」と言ってもらえたこともありました。入職して初めて患者さまとの距離が縮まったような気がしてとても嬉しかったです。

先頭へ戻る

 

先輩ナーストップへ

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575