Home > 京都民医連中央病院報 > 病院報 2017年夏号 Vol.56

京都民医連中央病院報

 
2017年秋号
Vol.57
2017年夏号
Vol.56
2017年
30周年記念号
2017年春号
Vol.55
2017年新春号
Vol.54
さらに過去の
病院報一覧

病院報 2017年夏号 Vol.56


「なくてはならない病院」 めざし

公益社団法人 京都保健会
京都民医連中央病院 院長
松原 為人(ためひと)

私たちの病院は、地域の方々および私たちを支えて頂いているすべての人々の願いを込 め、1987年に京都民医連のセンター病院として開設され、「急性期医療の提供」と「医療従事者の育成」を使命に30年余りの間、地域に根ざした医療をすすめてまいりました。

現在、病院の新築移転の計画を進めており、そのコンセプトとして「(すべての人々にとって)なくてはならない病院になる」をかかげ、「地域のヘルスプロモーションの拠点になる」ことを目指してまいります。救急医療と専門的医療の拡充と同時に病院の存在が地域の人々の健康と生活の向上に役立つように、「地域に眼を向ける力を持った医療従事者づくり」をすすめ、様々な連携を軸に、人々のつながり作り、健康への関心の向上、そして隠れた困難に手を差し伸べられるような目と構えを養うことに取り組み、これらを科学的に捉えて発信する役割を担っていきます。

私たちの目指すところは、地域の医療と介護に携わる方々、保健福祉に関わる方々、そして地域にお住いの方々すべてに支えられてこそ、初めて到達できるものであり、みなさまからご支援いただくに値するような病院であれるように職員一同、誠心誠意努力してまいりますので宜しくお願い致します。

 

 

「北海道 美瑛」
photo by 井上 賀元
写真クリックで拡大表示されます

 

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575