Home > 京都民医連中央病院報 > 病院報 2013年夏号 Vol.40

京都民医連中央病院報

2017年夏号
Vol.56
2017年
30周年記念号
2017年春号
Vol.55
2017年新春号
Vol.54
2016年秋号
Vol.53
さらに過去の
病院報一覧

病院報 2013年夏号 Vol.40

 

私たちのがんとの闘い方

消化器外科科長
川島 市郎

消化器がんの外科治療

私たちのがんとの闘い方を紹介します。

当院の外科には消化器、乳腺、呼吸器のグループがあります。各グループがそれぞれ年々増加している消化器がん、乳がん、肺がんとの特徴ある闘いを展開しています。今回は消化器がんの外科治療について紹介します。当院には大腸肛門病センターがあります。そこでは大腸がんの専門的な治療を行っています。

特に直腸がんでは、肛門を残すことへのこだわりをもっています。直腸がん手術の90%以上は腹腔鏡での手術〔Fig1〕で、傷を小さく、痛みを少なく、回復が早く、入院期間が短い楽な手術を心がけています。また、高齢者や多くの合併疾患を抱えた患者さまの手術でも、多くのサポートチームの協力で乗り切っています。

最近、消化器外科グループで関わらせていただいた2例を紹介したいと思います。

 


 

瑠璃光院

「瑠璃光院」
photo 藤田
写真クリックで拡大表示されます

 

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575