Home > 京都民医連中央病院報 > 病院報 2009年新春号 Vol.22 > 患者会の紹介 - あじさい会

京都民医連中央病院報

2017年
30周年記念号
2017年春号
Vol.55
2017年新春号
Vol.54
2016年秋号
Vol.53
2016年夏号
Vol.52
さらに過去の
病院報一覧

病院報 2009年新春号 Vol.22

患者会の紹介

同じ病気をもつ患者様が集って、お互い励まし合い、協力し合って、学習し、情報交換を行い、相互の親睦を深めています。主な患者会をご紹介します。

腎臓グループ あじさい会

金原 道雄

あじさい会が結成されたのは、今から25年前の1983年7月23日のことです。

その2ヶ月後に会誌「あじさい誌・第1号」が発行されました。その後、あじさい誌はほぼ毎月定期的に発行されており、現在は295号となっています。

あじさい会

あじさい誌の内容は、学習会の報告や行事の案内、腎臓病についての記事や会員さんからの原稿などです。

会では、あじさい誌の発行の他に学習会やレクレーション、新年会(1月の第2日曜日)などを行っています。これらの活動を通して学んだり親睦を深めたりしています。また、会の活動を充実させるためにも定期的に役員会をもっています。

神田先生をはじめとして病院のスタッフの皆さんには常に取り組みに参加していただき感謝しています。

現在の会員数は約50名ほどですが、会の活動に興味のある方の入会を待っています。ちなみに会の名称「あじさい」は、会員の澤田さんが提案したもので、あじさいの花の様子が腎臓の糸球体に似ているということでつけられました。

 

 

Vol.22の目次に戻る

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575