Home > 京都民医連中央病院報 > 病院報 2007年春号 Vol.15 > 小児の発熱について

京都民医連中央病院報

2017年
30周年記念号
2017年春号
Vol.55
2017年新春号
Vol.54
2016年秋号
Vol.53
2016年夏号
Vol.52
さらに過去の
病院報一覧

病院報 2007年春号 Vol.15

中尾 寛

中尾 寛

小児の発熱について

小児科 中尾 寛

診察室で診させて頂いていると、「発熱」に対する親御さんたちの対応も様々なことに気が付きます。熱が出たら早朝でも夜中でもすぐに受診される方。熱が何日も続いても元気なら家で頑張っている方。一人目の子どもでは慌てていても、だんだん慌てなくなる方もおられるようです。

保育所や学校でも、熱を登園や早退の最大の目安にしているため、発熱というのは最も気にする症状の一つになっています。

1. 何度から発熱?

小さな子どもには、そもそも平熱がないと言われています。平熱は脳で設定されていますが、子どもの脳は発達途上のため、10~15歳まで平熱が確立されないとされます。かつて正常な子どもの体温を測った研究で、小学校1年生の半分、4年生の3割もが37.0℃を超えていたという結果も残っています。

小児の体温は環境に影響されやすく上下しやすいので、運動や食事の後に少し上がったり、眠くなると上がったり、疲れているだけでも微熱が出たりすることもよくあります。

一般に小児科では、37.5℃を越えた時に発熱している(正確には、発熱の可能性がある)と考えます。ただし、37.5℃を超えても、病気の発熱ではないことがあります。代表的には、子どもの身体に熱がこもる「うつ熱」で、夏の暑い日や温度の高い部屋に長くいた場合などにしばしばあります。

実際の病気による発熱によって、とりわけ急に熱が上がる時には悪寒戦慄といった症状が見られることがあります。こういった場合、身体の熱さに反して手足は冷たくなり(末梢冷感)、反応が鈍くなったり、手足がピクピク(痙攣ではなく)したりします。そして熱が上がってしまうと、赤い顔になって手足も熱くなってきます。

2. 高い熱を下げても良いか?

発熱は、おそらく体温上昇によって細菌やウイルスが体内で繁殖するのを抑える生体防御反応ではないかと考えられています。脳症など身体が暴走しているような場合を除いて、必要以上に熱が上がることはないし、熱で脳がやられるようなことも決してありません。

したがって、無理に熱を下げる必要はないわけで、熱が少々高くてもグッスリ安眠して療養できていたり、機嫌がそこまで悪くなくてものを食べられたり水分が取れたりしているような場合は、無理やり座薬を入れたりする必要はありません。ただ、熱のせいで食欲がない、水分も取れない、ちゃんと眠れない、ぐずっているような場合は、解熱剤を使っても良いと考えています。

高熱を下げる有効な方法としては、解熱剤しかありません。中でも子どもにも安全とされているものはアセトアミノフェン(商品名カロナール、アンヒバなど)しかありません。「解熱鎮痛剤」とも言われる通りに、虫歯・おたふくかぜ・中耳炎・捻挫などの痛み止めとして使うこともできます。

氷枕やヒエピタには解熱効果はありません。使って本人が気持ち良いなら使っても構いませんが、気持ち良くないならわざわざ使うことはありません。

 

3. 受診の目安、全身状態の判断

発熱の際の受診には、すぐに受診する、次の日まで待って受診する、受診せずに2~3日様子を見てみる、などの選択枝があります。どれを選ぶかの決め手は、熱の高さでは決められず、全身状態の判断しかありません。つまり、元気、活気、顔色、食欲、などを、いつもその子をよく見ている御家族の目から総合的に判断するのです。これには一定の経験も必要です。小さい頃は何度も熱で受診するので、その度に、これは全身状態が良い、ただの風邪だ、これは全身状態が良くない、検査などをする必要がある、という医師の判断を参考に、判断の基準を身につけていくということです。熱が39℃あるが、機嫌もそこまで悪くなく、水分も良くとってくれるし、チョコチョコ動くし、大きな病気ではなさそうだから明日の受診でも良いだろう。あるいは、38℃弱しかないがグッタリしてほとんど動こうとせず、目つきもボーっとして反応も悪いし、これは良くない病気かもしれない、今から救急外来を受診しよう。熱は38℃台あるがまあまあ元気なので家で様子を見ていたが、さすがにもう3日目で熱が下がる気配もないので明朝かかりつけを受診しよう。などといった判断です。こういった御家族の判断を、われわれ小児科医も重症度の判断の参考にすることもしばしばあるのです。

 

Vol.15の目次に戻る

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575