Home > 検査のご案内 > 生理機能検査

生理機能検査

循環器の検査

1.心電図

心臓の拍動に伴って生じる電気活動を体の表面から記録したものです。不整脈の有無、種類、心臓の肥大、心筋虚血(狭心症、心筋梗塞)の状態、薬剤の影響、心臓ペースメーカーの状態などがわかります。スクリーニング(ふるい分け)検査としても行われます。
[予約不要][所要時間5分]

 

2.ホルター心電図

約24時間の心電図を携帯可能な機器に磁気カードを入れて記録します。(記録の解析も当院で行っています。)動悸、不整脈、めまい、失神、胸痛などの原因を調べるためやペースメーカーの評価のために行います。
[予約必要]
[所要時間、取り付けに約10分、記録は約24時間]

 

3.運動負荷試験

トレッドミル運動負荷

ベルトコンベアの上で歩行やジョギングを行い、その間の心電図や血圧の変化を調べます。
狭心症の診断や心機能の評価のために行います。
[予約必要][所要時間約20~30分]

 

心肺運動負荷試験(CPX)

マスクをつけて自転車をこぐことで、運動中の心電図や血圧だけでなく、呼吸中の酸素 二酸化炭素の変化も調べる検査。心肺機能の評価のために行います。
[所要時間30分]

 

 

4.心音、心機図

心臓から出ている音(心音)、心尖部の拍動(心尖拍動図)、頚動脈の拍動(頚動脈波),
頚静脈の拍動(頚静脈波)をマイクロホンでキャッチし記録するものです。心臓弁膜症、先天性心疾患などの診断に有効です。
[予約必要][所要時間約20分]

 

5.心エコー

超音波を胸壁から心臓に当て反射してきた信号を画面に画像として表示し、心臓の形や動き、弁の状態、血液の流れなどを調べます。
[予約必要][所要時間約30分]

 

6.経食道心エコー

食道内に胃カメラのような専用の探触子(超音波の発受信器)を飲み込んでいただき心臓のうしろ側(食道側)から心臓を観察します。体の表面からでは肋骨や肺の影響で観察不十分なときや深い部位の観察に有用です。
[予約必要][所要時間約20分]

 

7.負荷心エコー

一定の運動をしていただ心臓の様子を超音波で調べる検査です。心電図だけではわからない心臓の動きの変化を捉えることができます。
[予約必要][所要時間30分~40分]

 

8.肺機能検査

肺に入る空気の量や、はき出すことのできる息の量や速さを測定します。このため検査を受けていただく方のご協力と努力が必要です。肺疾患の診断や手術時の麻酔の決定にも用いられます。
[予約不要][所要時間約15分]

 

 

神経生理の検査

1.脳波

大脳の活動電位を頭皮上から記録するものです。意識障害、脳血管障害やてんかんの診断と評価などに用いられます。
[予約必要][所要時間約50分]

 

2.神経伝導検査

神経を皮膚上から電気で刺激し、手足の運動神経・感覚神経の刺激が伝わる速度を測定する検査です。末梢神経の障害の状態を調べるのもです。
[予約必要][所要時間は測定する神経の数によってことなりますが30分から1時間くらい]

 

3.針筋電図

筋肉に細い針をさしてその活動電位を記録するものです。しびれ、麻痺、痛みなどの原因が筋肉なのか、神経(脳や首や腰)なのかを調べるための検査です。
[予約必要][所要時間約30分から1時間]

 

4.大脳誘発電位

視覚、聴覚、体性感覚(触覚や圧覚など)を刺激し、神経路を伝わっていく電気信号を皮膚上より記録したものです。感覚に関する脳や神経系の機能を評価することができます。
視覚誘発電位、聴性脳幹反応、体性感覚誘発電位などの種類があります。
[予約必要][所要時間30分]

 

5.睡眠ポリグラフィー

夜間の睡眠の深さと呼吸の状態を調べるために脳波、目の動き、、胸や腹の呼吸による動き、鼻と口の空気の流れ、血液中の酸素濃度、心電図などを同時に記録するものです。昼間の眠気の原因を調べたり、睡眠時無呼吸症候群の診断や重症度の判定などに用いられます。
[予約必要][所要時間はセンサの装着に約1時間。1泊入院が必要です]

 

超音波による検査

ヒトの耳に聞こえないほどの周波数の高い音を発信器から体の中に当て、はね返ってきた信号を画像として表示します。超音波の通りをよくするため観察部位にゼリーを塗りますが痛みはありません。

1.腹部エコー

超音波を使って臓器の大きさ(肥大や萎縮),炎症の有無、腫瘤の有無、形態の異常などを調べます。主な観察部位は腎臓、肝臓、膵臓、脾臓、胆嚢、などです。
[予約必要][所要時間20分]

 

 

2.血管エコー

超音波を使って血管の壁の状態や、血液の流れの状態を調べます。観察する主な血管は、頚動脈、上肢動静脈、下肢動静脈、腹部動脈です。
[予約必要][所要時間約20分~40分]

 

3.乳腺エコー

超音波を使って乳腺の状態を調べます。視触診では発見できない乳房内のしこりを発見できることがあります。
[乳腺外来の予約必要][所要時間約20分]

 

4.甲状腺エコー、上皮小体エコー

超音波を使って甲状腺や上皮小体の状態を調べます。甲状腺の大きさや腫瘤の有無、上皮小体の腫大の有無を調べるために行います。
[予約必要][所要時間10~15分]

 

 

5.腹部カラードプラ検査(腹部造影エコー検査)

血管から造影剤を投与して腹部エコー検査を行います。造影剤を使用することによって腫瘍や血液の流れが見やすくなりより正確な診断が可能となります。主として肝腫瘍の精密検査や治療効果の判定に用います。
[予約必要][所要時間約30分]

 

聴力検査

1.標準聴力検査

7種類の単純な音を用いて聞こえる最小限の音を測定するものです。耳から直接音を聞いていただく検査と骨を響かせて聞いていただく検査があり、この2種類の検査から聴力障害の部位(難聴の種類)を判断します。
[予約不要][所要時間15分~20分]

 

 

2.語音聴力検査

言葉の聞き取りや聞き分けの程度を測定するものです。言葉をどれだけ正確に聞き分けられるかを調べることによって実生活での聞きにくさや不自由さがわかります。また補聴器の適合を調べるためにも行います。
[予約必要][所要時間約30分]

 

3.選別聴力検査

学校検診、就業時検診などのための聴力検査です。2種類の音を用います。
[予約不要][所要時間約5分]

 

その他

1.ABI検査

両足首と両上腕の血圧を測定することでその比を求め血管の狭窄を調べます。また得られた波形から血管の硬さを知ることができ動脈硬化を総合的に診断します。
[予約不要][所要時間約10分]

 

 

2.皮膚再灌流圧測定検査(SRPP)

SRPPは皮膚表面から3~4mmにある毛細血管や細動脈レベルの血流の程度を評価します。これによって細くなった血管や、皮膚の表面まで十分血流があるかを評価します。下肢血管のカテーテル治療や、整形外科手術の術前、術後評価に有用と言われています。
[検査所要時間20分]

 

3.体液量測定

体水分や筋肉などの体成分情報を部位別に分析。体脂肪や体水分変化だけでなく栄養状態の把握にも利用されています。
[所要時間15分]

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575