Home > 各科のご案内 > 小児科

小児科

科のご紹介

医師紹介

氏名

松原 為人

役職 院長・小児科科長兼務
学歴 名古屋大学 昭和61年卒 専門 小児科/感染症科
学会
資格
所属学会 資格
日本小児科学会 専門医
日本環境感染学会  
厚生労働省 臨床研修指導医
氏名 出島 直 役職  
学歴 京都大学 昭和62年卒 専門 小児神経
学会
資格
所属学会 資格
日本小児科学会  
日本小児神経学会  
日本重症心身障害学会  

業績

氏名 江尻 勇樹 役職  
学歴 島根大学 平成20年卒 専門 現在、出向研修中
学会
資格
所属学会 資格
日本小児科学会 専門医
日本外来小児科学会  
日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法講習(Aコース)修了
氏名 横山 雅美 役職  
学歴 高知大学 平成13年卒 専門  
学会
資格
所属学会 資格
日本小児科学会 専門医
日本周産期新生児医学会 専門医
日本新生児成育医学会  
日本小児臨床薬理学会  
氏名 梶山 葉 役職 非常勤
学歴 京都府立医科大学 平成10年卒 専門 小児循環器
学会
資格
所属学会 資格
日本小児科学会 専門医
日本小児循環器学会 専門医

 

概要・治療方針

特色

  1. 小児科疾患すべてに対する初期対応と診断、腫瘍性疾患を除く全般的な治療。
  2. 小さな未熟児を除く新生児医療。
  3. 小児神経疾患・障害児に対する集学的医療。

の3点を行っています。

種々の慢性疾患や心理的疾患にも専門外来・入院にて対応しています。

不必要な検査・処置・投薬・入院は極力行わず、外来で治せるものはできる限り外来で見切る一方で、必要な際は特殊検査・入院も含めた重点的な治療を行う方針です。

入院病室は、患児と付き添い者の安静・負担軽減および院内感染防止のために、全例個室管理としています。また患児の状態や治療方針の共有のために、入院患児全員に対して、電子カルテの医師看護師記録・検査データを毎日コピーして夕食後に渡し、開示しています。

 

症例数・治療・成績

外来は主にかどの三条こども診療所で行っています(※)。その他、当院からやや離れたかみの診療所、吉祥院こども診療所でも外来を行っており、そちらからの入院治療、また開業医の先生方や他病院からの紹介も外来・入院ともに積極的にお受けしています。

入院については、小児科一般病床は8床、新生児は人工呼吸器1台、N-CPAP1台、保育器4台です。入院は一般150人/年、医療の必要な新生児100人/年程度です。

 

★感染症=肺炎、尿路感染、髄膜炎、細気管支炎、腸炎、菌血症、脳炎、蜂窩織炎、リンパ節炎、中耳炎、クループ、百日咳、溶連菌、水痘、膿痂疹などあらゆる感染症に外来・入院で対応しています。感染巣や起因病原体を出来る限り特定し、抗生剤の適正使用も念頭において、治療を行っています。

★神経・発達=てんかん、脳性麻痺、発達障害、重度心身障害児、神経皮膚症候群や奇形症候群などの診療の他、最近は広汎性発達障害(自閉症、アスペルガー症候群など)、注意欠陥多動性障害などが増加しています。
  医師と発達相談員、看護師がチーム医療で総合的に関わっています。
  脳腫瘍、脳血管奇形など手術適応のある疾患は速やかに専門施設と連携しています。

★喘息・アレルギー=外来、入院で全般的に診療しています。気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、などに対して、成長とともに患児本人の自己管理を促すよう心がけています。

★心理=こころ外来を中心に診療しています。不登校、起立性調節障害、慢性腹痛、など適応障害、心身症にじっくり対応しています。これも神経・発達と同様に、医師、発達相談員、看護師によるチームで行っています。

★内分泌=低身長症、糖尿病、甲状腺疾患、下垂体機能不全、肥満、ケトン性低血糖症、尿崩症などの診断と治療を外来、入院で行っています。

★循環器=各種先天性心疾患や不整脈の診断とフォロー、川崎病の診断と入院を含めた治療、また学校心臓病二次健診を行っています。手術適応のあるチアノーゼ性心疾患や心不全性心疾患などは速やかに専門施設と連携しています。

★腎=急性腎炎、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、夜尿症、紫斑病、などの診断と各種投薬による治療を行い、学校腎臓病二次健診も行っています。腎生検が必要な場合は「腎循環器センター」の協力のもと実施しています。

★血液=貧血、血小板減少症などの診断、治療を行っています。腫瘍性疾患については一次的対応を行い速やかに専門施設と連携しています。

★消化器=腸重積、虫垂炎、炎症性腸疾患、などの診断と治療を他科と連携して行っています。

★予防接種=3種混合、麻疹風疹、水痘、流行性耳下腺炎、日本脳炎、インフルエンザ、HIB、肺炎球菌、HPVなどのワクチンを一般外来や予防接種外来にて接種しています。

★新生児=在胎32週以上の新生児を対象として、保育器4台、人工呼吸器1台、N-CPAP1台を用いて診療しています。高度医療・専門医療が必要な場合は速やかに専門施設と連携しています。

 

医療設備

発達検査、各種迅速検査、血液検査、負荷試験、尿検査、心電図、運動負荷検査、脳波、ABR、呼吸機能、超音波検査、レントゲン、透視・造影、CT、MRI、各種内視鏡などを行っています。

 

外来診療

京都民医連中央病院にて お問い合わせ:075-822-2777(代)

かどの三条こども診療所にて お問い合わせ:075-321-0013

京都民医連太子道診療所にて お問い合わせ:075-822-2660(代)

 

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575