Home > 各科のご案内 > 消化器内科

消化器内科

科のご紹介

医師紹介

氏名

西田 修

役職 副院長
学歴 京都大学 昭和52年卒 専門 消化器内科/肝臓内科
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 認定医・総合内科専門医
日本肝臓学会 認定医・専門医・指導医
日本消化器病学会 専門医・指導医
日本超音波医学会 専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会  
氏名 田中 憲明 役職 副院長・化学療法科科長
学歴 滋賀医科大学 平成3年卒 専門 消化器内科/肝臓内科
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 認定医・総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本肝臓学会 専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医・指導医
氏名 木下 公史 役職 消化器内科科長
学歴 島根大学 平成8年卒 専門 消化器内科/内視鏡
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 認定医・総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医
日本肝臓学会 専門医
日本糖尿病学会  
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本カプセル内視鏡学会  
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医・指導医
氏名 澤井 麻依子 役職  
学歴 奈良県立医科大学 平成17年卒 専門 消化器内科
現在、出向研修中
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 認定医
日本消化器内視鏡学会  
日本消化器病学会 専門医
日本肝臓学会 専門医
日本消化管学会  
日本臨床腫瘍学会  
日本静脈結腸栄養学会  
氏名 神渡 翔子 役職  
学歴 鹿児島大学 平成21年卒 専門 消化器内科
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 認定医
日本消化器病学会  
日本消化器内視鏡学会  
日本静脈結腸栄養学会  
日本カプセル内視鏡学会  

日本消化器病学会認定施設
日本肝臓学会認定関連施設
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本超音波医学会認定超音波専門医研修施設

 

概要・治療方針

当院では通常の診療として以下のような処置を行っています。

また、以下のような新たな機器・技術を導入して診療内容の向上に努めています。

 

 

内視鏡的粘膜下層剥離術:ESD

これまで内視鏡できれいにとることのできるがんは2㎝程度の大きさでしたが、最近では内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD:Endoscopic Mucosal Dissection)という手術方法が確立されて、胃だけでなく食道、大腸まで、早期のがんであれば内視鏡で治療を完結することが可能になってきています。この方法は、がんの周囲に切り込みを入れてその下の粘膜下層から剥がし、病変臓器の粘膜表面だけをこそぎ取る方法です。消化管の壁の厚さは数ミリしかないので、その表面だけを安全にはがし取るのはかなりの高い技術を要します。当院ではESDにおいて多数の症例を施行しており、安全に良い成績で皆様の治療にあたらせていただいています。

 

 

小腸カプセル内視鏡・小腸内視鏡

小腸内視鏡

小腸内視鏡

カプセル内視

カプセル内視鏡

2000年にイスラエルにて、小型のカプセル型カメラを飲むだけで自動的に小腸の写真を撮影する画期的な方法が開発されました。このカプセル内視鏡は欧米諸国で急速に広まり、日本には2007年に導入されました。また、それと前後して、風船を装着した小腸専用の内視鏡が開発され、口からも肛門からも届きにくかった小腸の真ん中まで内視鏡を挿入することが出来るようになりました。カプセル内視鏡で病気を発見し、小腸内視鏡で精密検査・治療を行うという、2つの検査を組み合わせることで正確な診断・治療が可能となり、以後全国の主要な病院で施行されるようになりました。当院では2014年からカプセル内視鏡・小腸内視鏡を導入しました。超小型カメラを内蔵した長さ26㎜×幅11㎜のカプセルを服用して、約8時間かけて小腸全体を観察します。カプセル内視鏡は、1秒間に2枚ずつ写真を撮りながら腸の蠕動運動に合わせて食道・胃・小腸・大腸と順次消化管内を進み、その間に体表に張り付けたセンサー/レコーダーに約55000枚の写真を送信します。当日の朝食を抜いて来院していただくだけで検査が可能です。病院でカプセルを服用したその後は、夕方の検査終了までの間は病院から帰って普通の生活ができます。夕方に再度来院していただき、レコーダーを返却して終了です。専門のスタッフが記録された画像を解析して、異常の有無を確認します。カプセル内視鏡で異常が認められ、さらに詳しい検査や治療が必要となった場合には、小腸を直接見ることができる小腸内視鏡検査を行います。

2013年度に大腸用のカプセル内視鏡検査が保険診療で可能となりました。現在、当院でも導入を検討しています。

 

 

特殊な診断技術

NBI(Narrow Band Imaging=狭帯域フィルター内視鏡)システム

 

NBIシステムで観察を行うことにより、早期のがんも今まで以上に小さなうちに発見できたり、病変の悪性度の診断や、境界のわかりにくい病変の範囲診断もより詳細に評価することが可能になりました。ESDなどの内視鏡治療前の精密検査には欠かせないものになっています。また、毎日の内視鏡検査でもNBIを用いて観察するようになってから、今までよりも検査の質が向上して、見た目で良性と診断できることが多くなり、生検組織検査を減らすことが出来ています。

 

 

経鼻内視鏡

関連の京都民医連太子道診療所の健診センターにおいて8,500円で健診で行っております。ご希望の方がいらっしゃればご相談ください。

2014年5月より、新しいシステムを導入し、より精度の高い検査ができるようになりました。

 

 

EUS-FNA(超音波内視鏡下吸引生検法)

EUS-FNAとは、従来の内視鏡下生検では診断不可能であった、胃粘膜下腫瘍、膵腫瘍、腹腔内リンパ節などを超音波内視鏡で観察しながら穿刺して組織細胞を採取します。

このことで、より正確、迅速な診断、適切な治療ができるようになります。

当院では、2012年4月よりこの技術を導入しています。

 

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575