Home > 各科のご案内 > 歯科口腔外科

歯科口腔外科

科のご紹介

医師紹介

氏名 駒谷 徹 役職 歯科口腔外科科長
学歴 明海大学歯学部 平成18年卒 専門  
学会
資格
所属学会 資格
日本口腔外科学会 認定医
  ICLSインストラクター

 

概要・治療方針

歯科口腔外科とは、虫歯や歯周病の治療を除く顎やお口の内部(口腔)の領域の疾病全般に対し、おもに外科処置による治療を行う診療科です。口腔は舌、口底(口内の下部)、頬粘膜(頬の内側)、口蓋(口内の上部)といった軟組織に囲まれ、これらは上顎骨(上あご)や下顎骨(下あご)といった硬組織で支えられています。また顎の骨には歯が生えています。関連する器官としては顎関節や口腔に所属するリンパ節、唾液腺があげられます。このような場所に発生した先天異常、発育異常、外傷、炎症、嚢胞、良性・悪性腫瘍などを治療対象とするのが歯科口腔外科です。

当科で最も多く行う外来手術は「親知らず」の抜歯です。「親知らず」とは、奥歯の一番奥に生えてくる永久歯のことで、「智歯」あるいは「第3大臼歯」とも呼ばれています。「親知らず」が生えてくる時期はおおむね10代後半から20代前半ですが、はじめから「親知らず」がない人や、上下左右の4本がそろっていない人など個人差があります。人によっては「親知らず」の生えてくるスペースが不足しているため、半分埋まったままになっていたり、傾いてきちんと生えてこないこともあります。こういった場合、感染源や歯列に悪影響を与えたりする可能性があるため、抜歯を勧められます。

また、平成24年度からは診療報酬に周術期口腔機能管理が新設され保険適用になりました。がん治療担当医と歯科医師が連携して、がん患者様(手術・放射線治療・化学療法・緩和ケアを受けられる患者様)の口腔機能管理を実施することにより、「手術」を行う場合のお口のトラブルや誤嚥性肺炎・感染症の予防と、「化学療法・放射線治療」を行う場合の口腔粘膜炎や口腔内感染等に対するがん治療のサポートと位置づけ治療の向上をめざすものです。

具体的には、口腔ケアだけでなく、感染源になりうる歯やぐらついていて保存困難な歯の抜歯などを行います。当院に手術や化学療法で入院される患者様に、医科と歯科が連携して質の高い医療を提供できるよう努めてまいります。

また、手術などを伴わない入院患者様につきましても必要な歯科治療や口腔ケア、医科歯科が連携したチーム医療を提供していきたいと考えております。

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575