Home > 各科のご案内 > 緩和ケア科

緩和ケア科

科のご紹介

医師紹介

氏名 荻野 行正 役職 麻酔科副科長
緩和ケア科科長
学歴 京都府立医科大学 昭和63年卒 専門  
学会
資格
所属学会 資格
日本麻酔科学会 専門医・指導医
日本緩和医療学会  
日本東洋医学会  
氏名 渡邊 正哉 役職 専攻医
学歴 東京医科大学 平成21年卒 専門  
学会
資格
所属学会 資格
日本緩和医療学会  

 

概要・治療方針

緩和ケア病棟は京都民医連中央病院西館の4階にあります。14床、すべて個室です。キッチン・デイルームのほか、畳のある家族室、マッサージチェアを置いた多目的室、ステンドグラスのある瞑想室などを備えています。

生命をおびやかす病に直面している患者さんやご家族は、身体的・精神的のみならず、心理的、社会的、スピリチュアルな苦痛をかかえています。緩和ケアは、こうした苦痛を和らげることを目的としています。

そのために、当院の緩和ケア病棟では、医師・看護師・薬剤師・理学療法士・臨床心理士・栄養士・メディカルソーシャルワーカーなど多くの職種が患者さんのケアに関わっています。さらに、ボランティアの方々にご協力をいただいて、ティーサービスやアロマセラピーを提供し、ミニ音楽会なども開催しています。

入院中でも、患者さんとご家族の大切な時間を、ゆったりとした空間の中で過ごしていただけるように、できる限り配慮しています。

そして、自宅に帰りたいという患者さんの希望にも沿えるように、地域の医師や訪問看護、介護関係の方々とも連携をとりながら日々のケアを進めています。

人生観や信仰、価値観などは人それぞれです。その人らしさを尊重し、きのうよりも苦痛が和らぐように、私たちはときに支え、ときに寄りそい、つねに見守っています。

 

緩和ケア病棟理念・基本方針

当院緩和ケア病棟では病棟理念・基本方針を掲げチーム医療を推進していく事を目指しています。

 

病棟理念

 

緩和ケア病棟基本方針

  1. 患者さんのがんの痛みやその他の苦痛を緩和し、その人らしい生活を支援します。
  2. 患者さんが療養している時から退院後まで、ご家族の気持ちに寄り添い、ケアを継続していきます。
  3. より良い環境で安心して生活できるよう、地域医療ネットワークと連携し、在宅療養を支援します。
  4. 患者さん、ご家族の意向を尊重し、多職種チームで関わります。

 

瞑想室 病室 キッチン・デイルーム

  

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575