Home > 各科のご案内 > 化学療法科

化学療法科

科のご紹介

医師紹介

氏名 田中 憲明 役職 副院長・化学療法科科長
学歴 滋賀医科大学 平成3年卒 専門 消化器内科/肝臓内科
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 認定医・総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本肝臓学会 専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医・指導医
氏名 中村 光佐子 役職 産婦人科科長
学歴 滋賀医科大学 平成7年卒 専門  
学会
資格
所属学会 資格
日本産科婦人科学会 専門医
日本婦人科腫瘍学会  
日本産婦人科手術学会  
日本生殖医学会  
日本臨床細胞学会  
日本遺伝カウンセリング学会  
日本周産期・新生児学会  
  母体保護法指定医
氏名

岡本 亮

役職 消化器外科科長
学歴 滋賀医科大学 平成14年卒 専門 大腸・肛門・肝を中心とした消化器外科一般/腹腔鏡下手術
学会
資格
所属学会 資格
日本外科学会 専門医
日本大腸肛門病学会 専門医・仙骨神経刺激療法講習会修了
日本消化器病学会 専門医
日本肝臓学会 専門医
日本静脈経腸栄養学会 認定医
日本病態栄養学会 病態栄養専門医、NSTコーディネー
ター、指導医
日本外科代謝栄養学会  
日本癌治療学会  
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本女性骨盤底医学会 経膣メッシュ手術講習会修了
氏名

井上 賀元

役職 集中治療科科長・初期研修プログラム責任者・医局長(全体)
学歴 滋賀医科大学 平成13年卒 専門 総合内科・腎臓内科/血液浄化・血液内科
学会
資格
所属学会 資格
日本内科学会 認定医、総合内科専門医、JMECCインストラクター
日本救急医学会 ICLSコース認定ディレクター
認定インフェクションコントロールドクター
日本透析医学会 専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医・指導医
日本腎臓学会 専門医・指導医
日本集中治療医学会  
日本血液学会  
氏名

名嘉山 一郎

役職 乳腺外科科長
学歴 京都大学 平成2年卒 専門 乳腺外科
学会
資格
所属学会 資格
日本乳癌学会 乳腺専門医
日本乳癌検診学会  
日本乳腺甲状腺超音波学会 乳癌検診超音波資格
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 乳房再建用エキスパンダー/インプラント責任医師登録
家族性腫瘍学会  
日本HBOCコンソーシアム  
日本緩和医療学会  
日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 認定医
日本癌治療学会  
日本臨床外科学会  
  ピンクリボンアドバイザー(中級)
  検診マンモグラフィ読影資格
氏名 白石 匠 役職 泌尿器科科長
学歴 京都府立医科大学 平成10年卒 専門 泌尿器科
学会
資格
所属学会 資格
日本泌尿器科学会 指導医、専門医
日本癌治療学会  
日本泌尿器内視鏡学会  
日本臨床腫瘍学会  
氏名 鳥取 洋昭 役職  
学歴 愛媛大学 平成17年卒 専門 外科全般
学会
資格
所属学会 資格
日本外科学会 専門医
日本呼吸器外科学会  
日本静脈経腸栄養学会   
日本消化器外科学会  
氏名 ファム グェン クィー 役職 専攻医
学歴 東京医科歯科大学 平成21年卒 専門  
学会
資格
所属学会 資格
   

日本がん治療認定医機構認定研修施設

 

概要・治療方針

化学療法科(腫瘍内科)は、化学療法(抗癌剤治療)を中心に癌治療にたずさわる内科を指します。従来、消化器内科、消化器外科、血液内科、乳腺外科、泌尿器科、産婦人科などで行われていた抗癌剤治療を一つにまとめることで、効率よく化学療法が行えるようになったものです。原発不明がんや多種がんにも対応できるのが特徴です。また、化学療法が終了した患者様においても、引き続き緩和医療を行っています。

 

なぜ外来化学療法なのか

年々、がんの患者様は増えています(図1)。そして、近年の医療技術の進歩、新薬の開発に伴い進行がんの患者様でも元気な期間が長く過ごせるように、また昔なら治癒を目指せなかった患者様が治癒を目指せるようになってきました。昔の抗癌剤は副作用が強く、長く入院で行うのが主流でしたが、近年は副作用が少ない割に効果のある抗癌剤が、また副作用を和らげるための薬の開発もすすみ外来管理がしやすくなってきたのも事実です。

がんの診断がついて抗癌剤治療が必要と言われたときに、ずっと病院に入院しながら抗癌剤治療をしなければならない時代は終わりました。入院していては自分の好きなように生活することができません。今でも一部入院が必要な時ももちろんあります(化学療法の初回導入時やシスプラチン併用レジメン)が、多くの方は外来通院で治療を受けて帰られます。通院の合化学療法科間にもちろん仕事や旅行(タイミングを合わせて毎月韓国に行かれていた患者様もおられました)、趣味や家族の団欒等大切な時間を過ごされている患者様も多数おられます。

 

抗癌剤治療の役割

抗癌剤治療には大きくわけて次の4つがあります。①術前化学療法(主に乳がんで行う場合に乳房温存の割合が高くなる、切除不能であった大腸がん肝転移などが手術可能になる等)、②術後補助化学療法(ほとんどすべての固形がん;手術単独では再発するが化学療法を行うことで完全治癒を目指す)、③放射線化学療法(食道がんにおいては手術の代替選択肢になりえる、治療効果の増強)、④根治切除不能な進行・再発がんに対する緩和的化学療法(生存期間の延長やがんに伴う諸症状の改善)などがあげられます。

例をあげるときりがないのですが、たとえばリンパ節転移陽性のHER2陽性乳がんの方に現在の標準治療はアンスラサイクリン―タキサンといった抗癌剤治療半年にハーセプチン1年を追加する治療を行いますが、手術単独であれば1000人再発する患者様のうちこの術後補助化学療法を受けられると644人の方が再発を免れることができます。この事実を知っているのと知らないのとでは大違いで、日本全国では未だに適切な標準治療が行われていない病院があるのも事実です。少なくとも当院ではそのようなことがないように、むしろよりよい医療が提供できるようしっかりとした体制を整えていきます。新薬が発売されても、導入まで時間がかかる施設もありますが、必要な患者様がおられれば速やかに導入しています。

また、新たな治療法の開発に向けて臨床試験もいくつか行っています。(詳細は病院のホームページ、臨床研究ページ参照)

 

がん治療には適切な連携が重要

がん治療には多くの人が関わります。診断をする内科医だけでなく手術を行う外科医、治療に放射線照射を必要とする場合には放射線科医、がんに伴う苦痛がある場合は緩和ケアの専門家、こころの負担を和らげる精神科医や臨床心理士、外来通院が困難な場合往診をしてくださる地域の先生方、もちろん医師だけでなく看護師や薬剤師などの各専門スタッフが皆で総力をあげて、いかによりよい医療を提供できるか密な協力が不可欠です。腫瘍内科医はただ抗癌剤治療をするだけの医師であってはなりません。残念ながら当院には放射線照射設備がありませんが、必要な方には紹介をして治療を受けていただいています。

2011年10月には緩和ケア病棟も開設され、十分ながん治療を提供できるよう、体制が整いました。

 

外来化学療法センターの開設

今まで述べたように、現在の抗癌剤治療は外来通院で行うのが主流です。本館1階の一部を改築して2010年10月より外来化学療法センターを開設しました。入院で行う化学療法の患者様の外来診療も行っています。がん専門病院の良いところを取り入れて、患者様が安心して快適な外来化学療法が受けれるように配慮させていただきました。年間100人以上の方が来院され、他施設からの紹介も増えています。セカンドオピニオンも含め、がんに対する相談事があれば当科を受診していただけたらと思います。

 

 

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575